« 『愛を読むひと』の抑制 | Main | 久しぶりのにんにくスパゲティ »

July 07, 2009

『それでも恋するバルセロナ』の陽光

Barcelona

画面から受ける印象が、いつものウッディ・アレンとずいぶん違うなあ。そう思いながら見ていた。

ウッディの映画はずっと彼が住んでいたニューヨークや、最近ではロンドンを舞台にすることが多かった。冬の寒さや陰鬱な空が特徴的な北の大都会で、そこで繰り広げられるコメディや皮肉っぽいサスペンスは、どこかそうした場所の空気に反応して内閉的な色合いを帯びていたと思う。

ところが『それでも恋するバルセロナ(原題:Vicky Christina Barcelona)』はスペインで撮ったというだけで、こんなにも開放的で伸びやかになるんだろうか。ペネロペ・クルス演ずる本能のままに行動する画家なんか、ニューヨークが舞台なら、見るのもやりきれない女性になってしまうだろうけど、ペネロペのキャラクターがあるにしても、スペインの光に免じて許せてしまう。これってスペイン=南国=開放的という、見るほうの偏見(逆偏見?)かな。

必ずしもそれだけじゃないと思うのは、撮影がスペインのハビエル・アギーレサロベだから。ハビエル・アギーレサロベといえば、アルモドバルの『トーク・トゥー・ハー』はじめスペイン映画の名カメラマンだけど、僕のなかでは何よりビクトル・エリセ監督『マルメロの陽光』(1992)のカメラマンとして記憶されてる。

『マルメロの陽光』はスペインの画家が庭のマルメロの木を描くのを追ったセミ・ドキュメンタリーふうな映画だった。ストーリーらしいストーリーもなく、マルメロの木が夏、そして秋の強烈な日差しを浴びて成長し、実が黄金色に色づいてゆくのを、カメラがただ見つめている。夏から秋へと変わってゆく南国の太陽の光と、それに反応して輝くような黄金色になってゆくマルメロの実が主役ともいえる映画だった。

『みつばちのささやき』『エル・スール』そして『マルメロの陽光』と、エリセは長編を3本しか撮ってないけど、どれも珠玉のような作品で、もう20年近く新作を見ていないのに現役最高の映画監督のひとりと、僕は勝手に決めこんでいる。

ウッディがアギーレサロペを起用したのも、ひょっとしたら『マルメロの陽光』を見ていたからだろうか。この映画はカタロニア州政府やバルセロナ市も出資していて、サグラダ・ファミリアやグエル公園などガウディの有名建築が登場する観光映画にもなっているんだけど、そのパブリシティ臭も気にならないほどバルセロナの街路やオビエドの田舎家の風景が素晴らしい。空気を撮ってる、とでもいうのかな。

仲のいいクリスティナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)、2人のアメリカ女性がバルセロナに旅行して画家フアン(ハビエル・バルデム)とそれぞれにややこしくなり、そこに才能あふれるが激情的なフアンの元妻(ペネロペ・クルス)も絡んでくる。

いかにもウッディらしい四角関係のコメディなんだけど、スペインの開放的な光のなかで男と女のお話が展開されると、ペネロペの元妻なんか関わりあう者を破滅に巻き込む強烈なキャラクターにもかかわらず、いつものウッディの映画の、内側に閉じてゆく神経症的な感じがない(アルモドバルになれば、これはまた別の悲喜劇になるけれど)。

どこからスペインを舞台にすることを発想したのか知らないけど(カタロニアとバルセロナ市の提案?)、結果としてこれは成功だった。興行的にも世界的に好調らしい。ウッディの個性を薄め、スターを集めた観光映画だからヒットしたと言える側面もあるかもしれないけど、アギーレサロベのカメラがいつものウッディ映画と違うおおらかな気分をつくっていることが底にある、と思いたい。

ウッディの映画でよくあるように、この映画もナレーションが入る。「説明的なシーンをはぶくため」と彼が説明しているように96分と短めなのも、ナレーションの効果も、古い映画を見てる気分になれるのがいい。

ハビエル・バルデムは『ノー・カントリー』から一転して魅力的な男だし、ウッディの撮るスカーレット・ヨハンソンは惚れてるせいか相変わらず色っぽいし(時に下品なのがいい)、バルセロナは美しいし、それだけでも楽しめる映画だね。

|

« 『愛を読むひと』の抑制 | Main | 久しぶりのにんにくスパゲティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『それでも恋するバルセロナ』の陽光:

» 「それでも恋するバルセロナ」  Vicky Cristina Barcelona [俺の明日はどっちだ]
「成就しない愛こそのみが真にロマンチックな愛」なのか・・・。 スペインのバルセロナを舞台に、二人の対照的なアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻という4人の登場人物を軸にウディ・アレンが四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。 ニューヨークからロンドンに居を移し3作映画を撮り終えた後に今回はバルセロナを舞台にという何ともわかりやすい今回のウディ・アレンの新作。 そんな中、容姿こそ魅力的だけど決して賢くない二人の女性に対してシニカルさを優しく包み隠しながら描く Englishma... [Read More]

Tracked on July 07, 2009 07:14 PM

» 『それでも恋するバルセロナ』 [ラムの大通り]
(原題:Vicky Cristina Barcelona) ----これってぺネロぺ・クルスがアカデミー賞助演女優賞を受賞した映画だよね。 バルセロナが舞台なんて、最初聞いた時は ウディ・アレンの監督作品とは思えなかったニャ。 「そうだね。映像もオレンジ色を帯びてあったかみがある。 ニューヨークで撮ったアレン映画とは趣がかなり違う。 撮影に『アザーズ』『トーク・トゥ・ハー』の ハビエル・アギーレサロベを迎えたこと大きい。 でも、その中で描かれているのは、 いかにもアレン好みの世界。 男と女の恋を... [Read More]

Tracked on July 07, 2009 09:33 PM

» 「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA) [シネマ・ワンダーランド]
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞台とし、同所をバカンスで訪れた2人のヘ米国人女性と地元のセクシーな男性画家、さらにはその元妻、4人が織り成す恋模様を描いている。複雑に絡み合うラブ・ロマンスはアレン映画のテーマの中核をなすものであるが、本作ではそのもの足りなさが否めない。な...... [Read More]

Tracked on July 07, 2009 10:19 PM

» それでも恋するバルセロナ [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[それでも恋するバルセロナ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:9.0/10点満点 2009年64本目(59作品)です。 クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と、ヴィッキー(レベッカ・ホール)は、スペインのバルセロナでバカンスを取って..... [Read More]

Tracked on July 07, 2009 11:10 PM

» 横浜聡子監督ティーチインと『ちえみちゃんとこっくんぱっちょ』 [Swing des Spoutniks]
「ウルトラミラクル横浜聡子ワールド」(ユーロスペース) 『ウルトラミラクルラブストーリー』監督ブログ『ちえみちゃんとこっくんぱっちょ』 監督:横浜聡子出演:鈴木由美子 森下法雄 工藤麻奈美ほか 【あらすじ】(「ウルトラミラクル横浜聡子ワールド」フ....... [Read More]

Tracked on July 07, 2009 11:44 PM

» それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona [我想一個人映画美的女人blog]
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDVDがコレ。 これは撮影してた頃からチェックしてたし、ジャケットが素敵なので即決め♪ ウディの映画は会話が命だし、英語で観るのは難易度高し!って分かっていながらもペネだし{/m_0139/}って買ったんだけど 偶然にも帰り... [Read More]

Tracked on July 08, 2009 12:08 AM

» 『それでも恋するバルセロナ』 Vicky Cristina Barcelona [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
低温ウディが熱いスペインへ。 親友同士のヴィッキーとクリスティーナはひと夏のバカンスのためバルセロナを訪れる。NYからイギリスへ渡ってかつての輝きを取り戻したウディ・アレンが今度はスペインへやって来た。それも旅ごころをくすぐる魅惑のバルセロナが舞台だなんて。そんな魅力の街を最大限に活かすように、ヒロインの恋のお相手が画家っていう設定なのが何とも心にくい。触発されたクリスティーナも写真に夢中になるっていうのがよかったな。芸術家の日々はバカンスにぴったり。いつもおいしそうなワインを飲んで、グエル公... [Read More]

Tracked on July 10, 2009 02:59 AM

» ★「それでも恋するバルセロナ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。... [Read More]

Tracked on July 10, 2009 04:17 AM

» 「それでも恋するバルセロナ」 [クマの巣]
「それでも恋するバルセロナ」、観ました。 旅行でスペインのバルセロナにやってきたヴィッキーとクリスティーナの前に、芸術家のアント... [Read More]

Tracked on July 12, 2009 09:11 AM

» それでも恋するバルセロナ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重なヴィッキーは真面目な彼と婚約中。一方、自由奔放なクリステーナは彼氏と別れたばかり。2人はセクシーな画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。クリスティーナは一目で彼に惹かれ、最初反発していたヴィッキーまでも彼に惹かれていく―ところが... [Read More]

Tracked on July 20, 2009 05:33 PM

» それでも恋するバルセロナ [Addict allcinema 映画レビュー]
この恋、想定外 [Read More]

Tracked on July 25, 2009 08:45 PM

» 『それでも恋するバルセロナ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑賞日 7月19日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> スペインはバルセロナを舞台に、日本人ではこんな三角、いや四角関係は無理だろうとも思える関係を、ウディ・アレンが独自の“毒”... [Read More]

Tracked on July 27, 2009 12:34 PM

« 『愛を読むひと』の抑制 | Main | 久しぶりのにんにくスパゲティ »