« PLAYBACKコンサート | Main | 『チェイサー』の坂と斜面 »

May 24, 2009

New York State of Mind

0905221w_2

ニューヨークで世話になったミュージシャンの友人が2人、同時に日本にやってきて、2日つづけてコンサートに出かける。

22日はジャズ・ボーカリスト、カンナ・ヒロコさんのライブ(六本木、ボストン・ドリームス)。アメリカへ行って20年以上、ブルックリンに住む彼女には、ブルックリンの町や日用品を買うショップ、マンハッタンのライブハウスをずいぶん案内してもらった。

持ち歌は古いジャズが多い彼女だけど、珍しく歌ったビリー・ジョエルの「ニューヨーク・ステイト・オブ・マインド」(ニューヨーク心模様、とでも訳すのかな)にニューヨークのいろんな情景を思い出し、ほろり。全編をスキャットで歌った「ブルー・モンク」も素敵でした。

0905231w

23日は、前の記事で紹介した「KAISEI PLAYBACK 2009」(やなか音楽ホール)。中学・高校の同級生、ヴァイオリニスト・池田菊衛君と作曲家・淡海悟郎君が四十数年ぶりに共演した。

池田君も30年以上、ニューヨークに住んでいる。世界中で年100回のコンサートをこなす彼だけど、忙しい合間をぬって、車を持たない小生を乗せて郊外の自宅やニュージャージーのあちこちに連れていってくれた。2人がいなかったら僕のニューヨーク体験はずいぶん貧しいものになったはずで、カンナさんにも池田君にも頭が上がらない。

小生、このコンサートは発起人の一人なので、スタッフとして動く。ベートーベンの「スプリング・ソナタ」や淡海君作曲の「夢のあと」など10曲を、力のこもった演奏で。わずかな音合わせで見事なアンサンブル。10代のころ一緒にやった体感が、40年以上の時をこえて瞬時に目覚めたらしい。すごいもんです。

|

« PLAYBACKコンサート | Main | 『チェイサー』の坂と斜面 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/45113455

Listed below are links to weblogs that reference New York State of Mind:

« PLAYBACKコンサート | Main | 『チェイサー』の坂と斜面 »