« 『唐川びとへ』 山里の風景 | Main | 浦和ご近所探索 前地通り商店街 »

April 16, 2009

『ザ・バンク』  グッゲンハイムを壊す

The_international

『ザ・バンク(原題:The International)』のなかでトム・ティクヴァ監督がいちばん情熱を傾けたのは、映画全体の出来というより、ラスト近く、ニューヨークのグッゲンハイム美術館を舞台に展開される銃撃戦ではなかったか。

そう思いたくなるほどに、クライヴ・オーウェンが殺しても殺しても機関銃を手にしたギャングが現れ、無数の弾丸を発射して白い回廊に「弾痕アート」と呼びたくなるような痕をつけ、巨大な液晶パネルを粉々にし、吹きぬけの天井に吊るされたオブジェを落下させて美術館を破壊するシーンは長く、すさまじい。

これ、どうやって撮影したんだろう。外観はロケだけど、美術館内部の銃撃戦はまさかロケじゃないだろうな。『アイ・アム・レジェンド』でメトロポリタン美術館のデンドゥール神殿が登場したように、アメリカの美術館や公共施設が映画撮影に協力的といっても、いくらなんでもここまでは許さないだろう。そう思って探してみたら、ありました。

FIRSTSHOWING.NETにBhind-the Scenes of the Guggenheim Shootout in The Internationalという記事があり、そこにグッゲンハイムの巨大セットをつくる様子が6分半の動画で紹介されていた。面白いです。

グッゲンハイム美術館はよく知られているようにフランク・ロイド・ライト設計で、建物全体が巨大な白いカタツムリみたいな形をしている。中央は吹き抜けで丸天井はガラス張り。周囲に螺旋状の回廊が巡らされ、観客は回廊をめぐりながら各階の絵画を鑑賞するようになっている。

ルソー、シャガールなど近現代絵画の名品がたくさんあって、僕もニューヨーク滞在中に2回ほど訪れた。展示してある絵画だけでなく、建築の内部を歩くことそれ自体が視覚的にも体感としても「アート体験」になっている。銃撃戦の舞台として、そこに目をつけたのが憎い。

映画のアート・ディレクター、サラ・ホートンによると、この回廊での銃撃戦を撮影するセットをつくるには直径36メートルの巨大空間が必要だったという。そこで見つけたのが取り壊される直前の巨大な円形倉庫。動画を見ると、グッゲンハイムと同じように中央の丸天井がガラス張りになっている。この倉庫に10週間かけてグッゲンハイムの回廊のセットをつくったという。

動画では、コンピューターで設計図を解析しながらミニチュアをつくり、本物そっくりに仕上げていく様子が紹介されている。スピルバーグが『ターミナル』でケネディ空港のセットをまるごとつくったのには驚いたけど、これもそれに劣らず見事。しかもつくっておいてぶっ壊すのだから、監督もスタッフも痛快だったにちがいない。

トム・ティクヴァは『ラン・ローラ・ラン』にしても『パフューム』にしても、映画全体というより部分部分のシーンやショットが記憶に残る監督だった。『ラン・ローラ・ラン』はローラがひたすら走るシーンが印象的だったし、『パフューム』のラストシーンはどうにもいただけないけれど、18世紀パリの裏町の耽美的なショットには素敵なのがあった。

『ザ・バンク』でも見終わって印象に残るのはやはり部分で、とりわけグッゲンハイムの銃撃戦。もっとも、サスペンス映画として、それなりにうまくまとまっている。なによりベルリン、リヨン、ミラノ、ルクセンブルク、ニューヨーク、イスタンブールと、土地土地の空気を感じさせるロケを見ているだけで楽しい。

主人公は、武器取引やクーデタに暗躍する国際的なメガ・バンクの犯罪を暴こうとするインターポールの捜査官(クライヴ・オーウェン)とNY検事局の検事(ナオミ・ワッツ)で、2人とメガ・バンクの暗部を担う殺し屋たちの戦いを描く社会派サスペンス。

でも、正義派捜査官という柄じゃないクライヴ(なにせ『シン・シティ』『インサイド・マン』『シューテム・アップ』だものね)の起用といい、長い長い銃撃戦といい、彼が組織を無視して私的復讐に走る結末といい、社会派ふうなテーマはあくまで衣で、監督やクライヴが本当に楽しんだのはグッゲンハイムのシーンに代表される、アクション映画のぶっ放しぶっ壊す爽快感と見た。

|

« 『唐川びとへ』 山里の風景 | Main | 浦和ご近所探索 前地通り商店街 »

Comments

うーむ。いつもながらいいレビューですね。
グラン・トリノから遡って、読ませていただいてます。これからも楽しみにしております。

Posted by: isoya | May 12, 2009 12:16 PM

isoさんのブログも充実してますね。私ももう少し話題を広げようかとも思うのですが、なかなかうまくいかなくて。

Posted by: | May 14, 2009 09:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『ザ・バンク』  グッゲンハイムを壊す:

» 映画 【ザ・バンク −堕ちた巨像−】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ザ・バンク −堕ちた巨像−」 『パフューム ある人殺しの物語』のトム・ティクヴァ監督による、国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス。 おはなし:ルクセンブルクに拠点を置く国際銀行、IBBC。この銀行の不審な取引情報をつかんだインターポール捜査官のサリンジャー(クライヴ・オーウェン)とニューヨーク検事局のエラ(ナオミ・ワッツ)は本格的な捜査に乗り出すが・・・。 IBBCのあるルクセンブルクという国は、神奈川県ほどの広さの国土に46万人の人口。世界でもトップレベルの豊かな国だそ... [Read More]

Tracked on April 16, 2009 06:53 PM

» 『ザ・バンク 堕ちた巨像』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----この頃、ニュースは 100年に一度の不況と、暗い話ばかり。 だからこんな映画も生まれるのかニャ。 フォーンが今日、 カタログハウス「シネマのすき間」で聞いたお話は、 主演こそクライヴ・オーウェンにナオミ・ワッツとメジャー級だけど、 観ていて身震いがするほど怖くなる 現実にチョー即したサスペンス。 あっ、これはフォーンが聞いた話。 まだ観たわけじゃニャいよ。 タイトルは『ザ・バンク 堕ちた巨像』。 画像もいっぱいあるから、 読んでみてね。           (byフォーン) 「ほんとに... [Read More]

Tracked on April 16, 2009 10:35 PM

» ザ・バンク 堕ちた巨像 / THE INTERNATIONAL [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 巨大プライベート・バンクの陰謀を暴き、国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス{/kaminari/} まず邦題がダメ〜{/ee_3/}  まるでインパクトない興味もそそられないタイトル{/m_0164/} 余計なサブタイトルでますます意味わからんくなっちゃってるし。 かと言って原題も普通なんだケド。 『ラン... [Read More]

Tracked on April 17, 2009 12:13 AM

» 『ザ・バンク-堕ちた巨像-』 The International [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
嘘だらけの大人の社会、サリンジャー、つかまえて。 インターポール捜査官のサリンジャーは、国際メガバンクのIBBC銀行の不審な取引情報を掴み、捜査ためにベルリンを訪れていた。トム・ティクヴァがそっち方面に行ってしまうのはとても寂しい。ティクヴァといえば、『ラン・ローラ・ラン』だもの。『ヘヴン』だもの。サスペンスなアクションものなんて題材的な好き度は期待できないものの、ティクヴァがどう撮るかっていうところには興味津々。そこはさすがトム・ティクヴァ。ロケ地の魅力をいっぱいに、スリリングな見ごたえある... [Read More]

Tracked on April 17, 2009 07:57 PM

» 「ザ・バンク 堕ちた巨像」 THE INTERNATIONAL [俺の明日はどっちだ]
ニコール・キッドマンの「ザ・インタープリター」や ジョージ・クルーニーの「フィクサー」と通底する意識性に マット・デイモンの「ジェイソン・ボーンシリーズ」のテイストを加えたクライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ主演のサスペンスアクション作。 もともとは実際にモデルがあったという金融機関の業務を超えグローバル支配を目指した会社ぐるみの犯罪を糾弾するという、撮り様によってはとても地味になる素材。 それをインターポールの捜査官とニューヨーク検察局の局員のコンビが孤軍奮闘しながら真相に迫る姿をメリハリあるア... [Read More]

Tracked on April 18, 2009 12:23 PM

« 『唐川びとへ』 山里の風景 | Main | 浦和ご近所探索 前地通り商店街 »