« 浦和ご近所探索 新しい風景 | Main | 『悲夢』の設定 »

February 12, 2009

『天使の眼 野獣の街』 空からの視線

Photo

ジョニー・トー監督のファンならおなじみ「銀河映像」のオープニング・ロゴが流れるとき、映画はもう始まっている。香港の雑踏の音が耳に突きささるように入ってくる。

オープニング・ロゴが終わると、画面は香港名物の2階建て路面電車。ごった返した車内、人が乗り降りするなかで主役3人が手際よく紹介される。どちらが追うほうなのか、追われるほうなのか。判然としないながらも追跡劇が進行しているらしい。見る者はいきなりそのドラマに引きずり込まれ、人と原色のあふれる香港の真ん中に放り出される。

『天使の眼 野獣の街(原題:跟蹤)』は、『PTU』『エレクション』『エグザイル/絆』などジョニー・トー映画の脚本を手がけてきたヤウ・ナイホイの監督デビュー作。なんとも小気味よいエンタテインメントに仕上がってるね。

冒頭で紹介されるのは、新人の女性刑事ホー(ケイト・ツィ)、ホーの上司で監視・追跡専門の香港警察刑事情報課監視班のウォン(サイモン・ヤム)、宝石強盗団のリーダーであるチャン(レオン・カーファイ)。

香港島の中環を舞台に、宝石店襲撃を重ねる強盗団。それを追う監視班。その息詰まる攻防は、ちらしのキャッチにある「ハイテンション&ノンストップ」に偽りない。

この映画の英語タイトルは「Eye in The Sky」という。中国語原題は「跟」も「蹤」も「跡をつける」意だから、英語タイトルがどこから来たのか不明だけど、意味するところは映画を見ていれば分かる。上空からの視線で捉えられたショットが折々に登場するからだ。

上空からのショットがたいてい一つのシークエンスの終りに登場し、しかも走査線が徐々に濃くなるような人工的映像となって溶暗する。まるで誰かが上空に仕掛けたカメラの映像を覗いてるみたいだ(もっとも、それ以上の意味はない)。

それは確かに「空からの眼」なのだが、もっと等身大の距離で見上げる・見下ろすショットも多い。香港島は背後にビクトリア・ピークを控えた坂と階段の街だから、追う者、追われる者が坂の下から見上げるショット、逆に坂上やビルの上から見下ろすショットがしばしば登場する。

それだけでなく、追う者が右を見ればカメラも右に振れ、追われるものが左を見ればカメラも左に振れる。そんな上下左右のカメラの視線が快いリズムをつくりだす。動きの多い、短いショットを積み重ね、街の音と音楽(鳴りっぱなしで最初気になったけど、そのうち快くなった)がかぶさり、それらすべてが渾然一体となってこの映画の熱気とテンポを生んでいるね。

ジョニー・トー監督の映画は時に作家性を紛れ込ませるけれど、この映画は作家性などどこ吹く風とばかりにエンタテインメントに徹しているのが潔い。香港映画らしく情感たっぷりなのも嬉しい。

主役の3人、みな魅力的だけど、トー作品の常連ラム・シューが強盗団のメンバーとして相変わらずいい味出してる。特に警察に襲われるシーン、インスタントラーメンの麺を口にしたまま何の抵抗もせず手を挙げ、次のショットで手を挙げたまま麺を飲み込んでるのには笑ってしまった。

|

« 浦和ご近所探索 新しい風景 | Main | 『悲夢』の設定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/44018628

Listed below are links to weblogs that reference 『天使の眼 野獣の街』 空からの視線:

» 『天使の眼、野獣の街』 [ラムの大通り]
(英題:EYE IN THE SKY) 「いやあ、この映画は すっかり書きにくくなったなあ」 ----ん?どういう意味? 「実は観ている間は大興奮! これはいま参加させていただいている、 れがあるFさんのところの 「月刊シネマグランプリ」の 1月試写ベストに---とまで思っていたのに、 観終わった後、 とある女性に呼び止められ、 『この映画、もう最悪!』と言われちゃって。 彼女いわく 『監督が変わっても、やっていることはいつも同じ。 音楽はずっと鳴りっぱなしで、 映像もセンスがない』とケチョンケチ... [Read More]

Tracked on February 12, 2009 at 11:08 PM

» 「天使の眼、野獣の街」:泉岳寺前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ここが忠臣蔵で有名な泉岳寺だ。 {/hiyo_en2/}赤穂義士の墓がある。 {/kaeru_en4/}緻密な計画と実行力。 {/hiyo_en2/}いまならさしずめ、香港警察刑事情報課・監視班の敏腕捜査官にでもなる男たちね。 {/kaeru_en4/}うーん。話が飛ぶねえ。 {/hiyo_en2/}香港のクライム・アクション「天使の眼、野獣の街」を観てきたばっかりだからね。 {/kaeru_en4/}でも、あの映画の主人公は容疑者を捕まえるのが仕事じゃなくて、容疑者たち... [Read More]

Tracked on February 16, 2009 at 07:53 PM

« 浦和ご近所探索 新しい風景 | Main | 『悲夢』の設定 »