« 『マルセイユの決着』に酔い、醒める | Main | 映画ベスト10・2008 »

December 30, 2008

『アンダーカヴァー』のブルックリン

Weownthenight1l_large

『アンダーカヴァー(原題:We Own the Night)』は、僕がこの夏まで住んでいたニューヨークのブルックリンが舞台になっていると聞いて見たくなった。もっとも映画は1988年という設定になっている。ニューヨークが今よりずっと危ない街だった時代の話だね。

ニューヨーク市警(NYPD)の幹部である父(ロバート・デュバル)をもつ兄弟の話。兄ジョセフ(マーク・ウォルバーグ)は父と同じNYPDの警察官になり、一方、弟ボビー(ホアキン・フェニックス)は父に反逆してロシア・マフィアが経営するディスコのマネージャーになっている。

ディスコは歴史的建造物を改造したらしい巨大なホールで、ブルックリン南端の海岸、ブライトン・ビーチにある。ブライトン・ビーチは「リトル・オデッサ」と呼ばれ、ロシア人コミュニティーがある町として知られている。

ブライトン・ビーチの繁華街は高架地下鉄の両側にロシア系の店がびっしり並ぶにぎやかな通りで、僕も何回か行ったことがあるけれど、昼のことで、残念ながら夜は知らない。80年代にはきっと映画のようなディスコが流行っていたんだろう(『サタデー・ナイト・フィーバー』はブルックリンの話だった)。

ジョセフは、玄関前に数段の階段があるブルックリンの典型的な古い住宅に住んでいる。ロシア・マフィアの麻薬取引を追う責任者になったジョセフは弟がマネージャーをしているディスコを手入れするが、そのことがきっかけでロシア・マフィアに銃撃され、ジャマイカ病院にかつぎこまれる。

ジャマイカ病院は実際にある。ジャマイカはブルックリンに隣接するクイーンズにあり、ケネディ空港の北に広がる郊外住宅地。マンハッタンやブルックリンのダウンタウンから郊外へ追われたアフリカ系や移民たちが混在する町で、現在でもあまり治安はよくない。このあたりは独り歩きしないようにと言われたことがある。

Weownthenight

(以下、ネタバレです)
兄を銃撃され、父も狙われ、弟のボビーはNYPDに協力してロシア・マフィアのコカイン工場に潜入することを決意する。このコカイン工場へ向かう途中で、車はコニー・アイランド駅前の有名なホットドッグ屋、ネイサンズの前を通る。コニー・アイランドはブライトン・ビーチと海岸続き。浅草の花屋敷みたいに淋しい遊園地は今年いっぱいで取り壊されると言われていたが、どうなったのかな。コカイン工場はコニー・アイランド近くの廃ビルに設定されている。

警察への協力がばれ、ロシア・マフィアに追われる身となったボビーと恋人は、警察の手でケネディ空港近くのホテルにかくまわれる。エンド・ロールを見るとペンシルバニア・ホテルが撮影に使われたようだ。ペンシルバニア・ホテルはマンハッタンにある古いホテルで、近く取り壊されることになっている。僕も泊まったことがあるけれど、部屋は狭いし設備も悪い、しけたホテルだった。

そのホテルも狙われ、ボビーと恋人が警察の車でフリーウェイを逃げる途中でマフィアに襲われる。おそらく空港とマンハッタンを結ぶフリーウェイだろう。土砂降りのなかでのカーチェイスと銃撃戦がすごい。濡れた路上でこんなカーチェイスできるはずはないけど、そのリアルさはCGとも思えない。公式サイトを見たら、カーチェイスを実際に撮影した上で、CGで土砂降りの雨にしたらしい。ふーん、そんなこともできるんだね。

兄を銃撃され、父を殺されたボビーは警察官になり、ロシア・マフィアと対決することになる。最後の銃撃戦になる葦原は、たぶんケネディ空港南のジャマイカ・ベイで撮影されたんじゃないかな。僕も一度バードウォッチングに行ったことがあるけど、映画みたいな葦原があちこちにある。

ブルックリンを舞台にした映画というと、いちばん多いのは文芸ものや恋愛ものでよく出てくる高級住宅地ブルックリン・ハイツと(『ソフィーの選択』とか)、その近くでイーストリバー越しにマンハッタンの摩天楼を望めるプロムナードだろう。一方、ブルックリン育ちのスパイク・リーの映画は、ニューヨーク最大のアフリカ系住民の町ベッドフォード・スタイブサントが舞台になることが多い。

『アンダーカヴァー』はどちらでもないブルックリン、どちらかというと周辺部のブルックリンが出てきて、その意味で面白かったな。

ジェームズ・グレイ監督のデヴュー作は『リトル・オデッサ』(未見)。リトル・オデッサはこの映画の舞台になったブライトン・ビーチのロシア人コミュニティのことだから、こだわっているというか、あるいはここの出身なのかも。

|

« 『マルセイユの決着』に酔い、醒める | Main | 映画ベスト10・2008 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/43567232

Listed below are links to weblogs that reference 『アンダーカヴァー』のブルックリン:

» 『アンダーカヴァー』 [ラムの大通り]
(原題:We own the Night) ※ネタバレとまではいきませんが映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----ホアキン・フェニックスにマーク・ウォールバーグ。 これまたシブい組み合わせだニャあ。 「うん。しかも彼らは兄弟役。 その上、プロデューサーとして名を連ねているんだ。 よほど、この監督が気に入ったんだろうね」 ----その監督って? 「『裏切り者』でも組んだジェームズ・グレイ。 いやあ、その気持ち分かるって言いた... [Read More]

Tracked on December 30, 2008 at 06:52 PM

» アンダーカヴァー/ WE OWN THE NIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
去年暮れに突然俳優引退宣言をしたホアキン・フェニックス、 マーク・ウォールバーグと兄弟役ってコトへの突っ込みなしで{/m_0088/} 本日、2度目のレビューはお正月今年の1本目ということで観て来た、クライムアクション。 ブルックリンが舞台だと聞き興味湧いたの。 ジェームズ・グレイ監督の『裏切り者』(シャーリーズ出演作で唯一観てないの{/m_0163/})に続いて再びこの2人を起用。 ホアキンとマークは今作で製作としてもクレジットされてる。 {/book/}1988年のニューヨーク。マ... [Read More]

Tracked on January 08, 2009 at 09:47 PM

» 「アンダーカヴァー」の感想です。 [MOVIE レビュー]
映画「アンダーカヴァー」を観てきました。 この映画は、もうすでに去年の12月27日から公開されていたようですが、 うちの近所の映画館は1月10日が公開日だったんですよ。 なんか・・・、地味に公開されていた感じ! まぁ、映画の内容も地味な感じでしたが・・・ それを補うように、上映早々いきなりのお色気路線から始まりました! 随所にエヴァ・メンデスのお色気光線発散しまくりで、路線がイマイチわかりません!(*^_^*) ホアキン・フェニックスがいなかったらB級映画になっちゃってましたよぉ!{/face_a... [Read More]

Tracked on January 22, 2009 at 01:00 PM

» アンダーカヴァー◆潜入捜査 [銅版画制作の日々]
 相対照的な兄弟は、一発の銃弾で絆を呼び戻す! 1月22日夕方、新京極シネラリーベにて鑑賞。何と言っても、ホアキン・フェニックスの演技に涙するくらい、感動をおぼえた。 「グラディエーター」の彼の存在がいまだにインパクトがある。今も鮮明に覚えている人も多いのではないだろうか。一癖ありそうなホアキンなんだけど、今回のこの役は本当に胸を熱くするものがあった。 対照的な兄弟。だめな弟と超エリートで優等生な兄。ホアキン・フェニクッスとマーク・ウォールバーグがその兄弟を演じる。大物ハリウッド俳優二人が共演... [Read More]

Tracked on January 24, 2009 at 10:53 PM

« 『マルセイユの決着』に酔い、醒める | Main | 映画ベスト10・2008 »