« 『アンダーカヴァー』のブルックリン | Main | NYの記憶・14 正月は『コールド・ケース』に浸る »

December 31, 2008

映画ベスト10・2008

Redbaloon

今年もベスト10を選べるほどたくさん見てるわけじゃないけれど、半分は楽しみ、半分は自分の記憶のために選んでみました。

8月までニューヨークに滞在していたので、アメリカで見た映画と日本に帰ってから見た映画が混在しています。日本で公開されていない作品もあります。また今年日本で公開された『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『イースタン・プロミス』『エグザイル』『その土曜日、7時58分』なんかは去年のベスト10に入れたのではずしました。

日本映画も一緒のリストのつもりですが、1本も入りませんでした。アメリカではほとんど公開されないし、帰ってきてからも『トウキョウ・ソナタ』など数本しか見ていません。ただ、どれも期待したほどではありませんでした。

1 ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン
2 アイム・ノット・ゼア
3 マッド・ディテクティブ(神探)
4 チェチェンへ アレクサンドラの旅
5 パラノイド・パーク
6 トロピック・サンダー
7 ワイルド・バレット
8 僕らのミライへ逆回転
9 ダーク・ナイト
10 ヤング@ハート

『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』。「退屈の極み」と評する人もいる。ホウ・シャオシェンをずっと見てきた僕としては極めて個人的に、彼が独自のスタイルを純化させてきた、その極北を見たいという願望から。

『アイム・ノット・ゼア』の斬新な手法にも驚いた。ケイト・ブランシェットが素敵だ。

『マッド・ディテクティブ(神探)』。ジョニー・トー監督。日本では未公開。『エグザイル』がトー監督の職人としての快作だとすれば、これはひと癖もふた癖もあって作家的な要素を楽しめる。

『チェチェンへ アレクサンドラの旅』。戦場も戦闘場面もなしに、戦争を大地の母の視点から見つめた揺るぎのなさに。

『パラノイド・パーク』。ジジイとして、青春映画には簡単にはいかれないぞ、と思ってるけど、これには参った。

『トロピック・サンダー』。コメディでありパロディであり業界内幕ものでもある。その毒っ気の強さに、アメリカ映画もやるなあ。

『ワイルド・バレット』。B級アクションの佳作。少年の目からみたアメリカ地獄巡り。

『僕らのミライへ逆回転』。映画への愛。ジャズへの愛。町への愛。

『ダーク・ナイト』。エンタテインメントがこんなに「ダーク」でいいのかなあ。クリストファー・ノーランは一貫したテイストで映画を撮ってる。

『ヤング@ハート』。還暦を過ぎた身として、素直に元気づけられる。

そのほか、『イントゥ・ザ・ワイルド』『アンダーカヴァー』『マルセイユの決着』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』『ボーディング・ゲート』『タクシー・トゥー・ザ・ダークサイド』『ハニードリッパー』などが記憶に残った。

1年間、おつきあいくださった皆さん、ありがとうございます。良いお年をお迎えください。

|

« 『アンダーカヴァー』のブルックリン | Main | NYの記憶・14 正月は『コールド・ケース』に浸る »

Comments

あけましておめでとうございます。
今年は日本のお正月を満喫されていますでしょうか。
「レッド・バルーン」の堂々1位嬉しいです。
こないだやっと、エグザイルが公開されたばかりですが、マッド・ディテクティブ(神探)とやらが気になります。
今年もよろしくお願いします。

Posted by: かえる | January 03, 2009 12:38 PM

あけましておめでとうございます。

かえるさんも『レッド・バルーン』がトップでしたね。この映画を1位にする人がいると思わなかったので、驚くやら嬉しいやら。

ジョニー・トーの『僕は君のために蝶になる』はあれれという感じでしたが、いろいろ楽しませてくれる監督ですね。

Posted by: | January 03, 2009 09:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画ベスト10・2008:

» 2008☆ベスト&ワースト映画 /2008 BEST&WORST MOVIE☆ [我想一個人映画美的女人blog]
今年で11年目となりました 独断と好みによりmigが選ぶ、年末の映画ランキング{/hikari_pink/}{/hikari_blue/} 映画の出来の良さではなく、面白く感じたものを重視{/heart2_beat/}  対象となるのは 2008年に公開またはDVD化された作品。 劇場にて104本(試写含む、2回以上観た作品は1本と計算。今年は2回以上観た映画多かったなー) おウチ鑑賞 DVD 約50本(昔観た作品&レビューを書かなかった過去作品含む) 計 150本ちょっと。タイトルクリックでレ... [Read More]

Tracked on December 31, 2008 05:20 PM

» 決定!2008ベストテン!! [ラムの大通り]
------いよいよ、今年も今日を含めてあと2日。 恒例の『無人島に行くならこの10本』。 あれれ、違うの? 「うん。作品数を絞るためにまずは思いつくまま書き出してみたら、 あっという間に50本近くなっちゃって。 ここは素直にベスト10でいこうかと。 それも外国映画と日本映画に分ければ計20本と、数を稼げるし、 さらにドキュメンタリーまで入れれば、 もっと増やすことができる」 ----ニャンか、ずるいニャあ(笑)。 じゃあ、まずはそのタイトルを聞かせてよ。 ■外国映画ベストテン■ ●1位●... [Read More]

Tracked on December 31, 2008 05:28 PM

» 私的2008年映画ランキング♪ [Sweet*Days**]
今年も後少し。って事で、そろそろ恒例の今年の私的映画ランキングを発表したいと思いまぁ〜す とその前に・・・・ 今年もこの、弱小&グ... [Read More]

Tracked on December 31, 2008 06:40 PM

» 2008年 マイベストシネマ [シャーロットの涙]
シャーロットお気に入り映画ベスト作品 [Read More]

Tracked on December 31, 2008 11:51 PM

» 2008年☆myベスト・シネマ(仮) [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
今年一年お世話になりました! さぁ、年末。今年のマイ・ベスト・シネマを発表しよう、そうしよう。 でも、(仮)ってことで。例年、年間ベストを選定する時は、映画祭や特集上映で観たものは外して、一般公開新作の中でランキングをしていた私。しかーし、ここのところ、映画祭や特集上映で鑑賞する映画の数がじゃんじゃん増えていき、かなりの割合になったでした。そして、その質の素晴らしかったことを思うと、もはや、この1年の私の映画との出会いを総括するにあたって、特集上映ものを抜きで決めたベストなんて、全然本当のマイ・... [Read More]

Tracked on January 03, 2009 12:26 PM

» 2009年開始と2008年映画マイベスト10 [Rabiovsky計画]
新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします 2008年がどんな年だったか考えてみたのですが、あんまり思い浮かばない んですよ。別に悪い年でもなかったけど、そんなにいい年でもなかった感じ がするんです。微妙な1年。だからこそ2009年はいい....... [Read More]

Tracked on January 08, 2009 01:45 AM

« 『アンダーカヴァー』のブルックリン | Main | NYの記憶・14 正月は『コールド・ケース』に浸る »