« 『ボーダータウン 報道されない殺人者』のフアレス | Main | NYの記憶・10 トイレ地図 »

October 26, 2008

『ワイルド・バレット』はアメリカ地獄巡り

Photo

若い映画監督にとってクエンティン・タランティーノの存在はこんなにも大きいのか、と改めて思い知らされるなあ。

これが3作目というウェイン・クラマー監督の『ワイルド・バレット(原題:RUNNING SCARED)』は、エンド・ロールでプライアン・デ・パルマやウォルター・ヒルに捧げられてるけど、どう見ても『レザボア・ドッグス』をクラマー流に料理しなおした作品だなあ。しかもそれがパクリにとどまってなく、面白い。興奮する。

冒頭でまず結末を見せておいて18時間前に遡るという、時間がくるっとひとまわりする構造もそうだし、最後に互いに拳銃を突きつけあっての銃撃戦も、『レザボア・ドッグス』以後のお約束みたいなもの。

夜の艶っぽさを強調するざらざらした映像もタランティーノふうだったり、発射された弾丸の薬夾が画面手前でスローモーションで回転し、画面奥では撃たれた人間が壁に向かってぶっ飛んでゆく、凝りに凝った映像がデ・パルマふうだったりしながらも、うまい。

脇役のひとりがジョン・ウェインの熱狂的ファンで、背中に彼の入墨を入れ、いまわの際に大好きな『11人のカウボーイ』のジョンのセリフをつぶやくなんてのも、ちょっとオタクな「映画へのオマージュ」だね。

イタリア・マフィアのチンピラ、ジョーイ(ポール・ウォーカー)が、麻薬取引現場で警官を撃ってしまった銃の後  始末を任されるが、ジョーイの息子ニッキーと隣家の息子オレグ(キャメロン・ブライト)がそれを盗み、家庭で虐待されていたオレグがその銃で義父を撃ってしまう。ジョーイは、逃げたオレグと銃を発見することをボスから命じられ、夜のニュージャージーを駆けめぐる、というのが大筋。

この映画の面白さは、主人公ジョーイというより、むしろオレグとニッキーの2人の少年に大きく視点がおかれていることじゃないかな。

少年たちは、次から次に怪しげな人間がたむろする危険な場所に放り込まれる。少年たちを追うイタリア・マフィア。オレグの義父が関係するロシア・マフィア。娼婦とヒモ。汚職警官。凶暴なホームレス。小児愛好のサイコ・キラー夫婦。

オレグは逃げる先々で酷い現実を見せつけられ、あるいは自ら危機に陥っては脱出する。そんな短いエピソードがスローモーションやデジタル・エフェクトを使ってテンポよく積み重ねられる。なかでも、オレグが善良な白人夫婦を装ったサイコ・キラーに誘い込まれるあたりは、全体がハードボイルドな雰囲気のなかでそこだけキッチュなアクセントになっている。

この映画は、いわば少年たちの地獄巡り。その舞台がニューヨークと川ひとつへだてたニュージャージーという設定になっているのがまた憎い。

ニュージャージーといえば思い浮かぶのは、ここで生まれ育ったブルース・スプリングスティーンの数々の名曲。「都市のエッジ」と彼が歌うように、郊外の一軒家と貧困層の集合住宅と工場地帯と田園が混在する、ニューヨークとはまた違った風景のなかで逃亡劇が展開する。追いつ追われつのなかで繰り返し登場するダイナーがまた、ちょっと野暮ったくていい。

サイコキラー夫婦の住むホーボーケンはじめニュージャージーのあちこちを巡った映画はやがて川を越えてニューヨークに舞台を移し、ロシア・コミュニティーがあるブルックリンのブライトン・ビーチでクライマックスを迎える。

映画のなかで「アメリカ人」というセリフと星条旗が一度ずつ出てくる。セリフは、ロシア人少年オレグがロシアの音楽が好きだと言ったことに対して、ジョーイが、それじゃあアメリカ人とはいえない(だったか? うろ覚え)とかしゃべる車のなかのシーン。旗のほうは、ラストのどんでん返し(それも2重の。あまり効果的じゃないけど)で、棺を包む星条旗として登場する。

この「アメリカ人」というセリフと星条旗、僕には意図的に感じられ、少年たちの逃亡劇がどこでもないアメリカの地獄巡りであることを強調しているように印象された。

ところでひとつだけ分からないことがある。

オレグはいつも「NJ RAZORS」とロゴの入ったトレーナーを着てる。ジョーイと息子との会話でも、「レイザーズのチケットがある」というセリフが出てくる。でも僕の知るかぎり、NJ RAZORSって野球チームもバスケットボールもアイス・ホッケーのチームもないんだな。ニュージャージーでバスケットといえばネッツだし、アイスホッケーはデビルスだ。野球の地元マイナー・チームかなと思ってグーグルを引いたけど出てこない。ニュージャージーの人間ならすぐ分かるんだろうけど、さて?

もうひとつの可能性は、野球にしろバスケにしろNJ RAZORSというチームはそもそも存在しなくて、架空のチームだということ。万一それが本当なら、これは意味を持ってくるね。

この映画は少年の地獄巡りだと言ったけど、NJ RAZORSが架空チームなら、もう一歩踏み込んで、この映画はニュージャージーを舞台にリアルを装ったブラック・ファンタジー、ひっくり返されたお伽話と言うこともできるかもしれないな。リアルなようでいてリアルでない、現実と架空が入れ子になった映画。

エンド・ロールのアニメーションがそれを暗示しているようにも、また(安価な)チェコで撮影され、現実のニュージャージーやニューヨークとは微妙に空気感が違うのも意味ありげに思えてくる。


|

« 『ボーダータウン 報道されない殺人者』のフアレス | Main | NYの記憶・10 トイレ地図 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/42889752

Listed below are links to weblogs that reference 『ワイルド・バレット』はアメリカ地獄巡り:

» 『ワイルド・バレット』 [ラムの大通り]
(原題:Running Scared) 「いやあ、これはスゴい。 今年、公開されたアクション映画の中でも 群を抜くオモシロさだ。 公開規模が小さいのがホントもったいない」 ----へぇ〜っ。 アクションで、そんなに褒めるの珍しいよね。 どういうところがいいの? 「動きが主体のアクションだけに、 言葉で語るのは極めて難しいけど、 この監督がエンドクレジットで捧げている3人の巨匠、 サム・ペキンパー、ウォルター・ヒル、そして ブライアン・デ・パルマというのが この映画の魅力を端的に言い表している」 -... [Read More]

Tracked on October 27, 2008 at 01:27 PM

» ワイルド・バレット [映画通の部屋]
「ワイルド・バレット」RUNNING SCARED/製作:2006年、アメリカ= [Read More]

Tracked on October 27, 2008 at 07:14 PM

» 273「ワイルド・バレット」(アメリカ・ドイツ) [CINECHANの映画感想]
悪人たちの殺し、プライスレス  イタリアン・マフィアの下っ端組員ジョーイの仕事は、犯罪に使われた銃の後始末。ある日、麻薬取引現場で警官を射殺してしまった危険な拳銃の処分を命じられる。しかし、自宅の地下に隠し置いていたその銃を、隣に住む息子ニッキーの親友オレグが持ち帰ってしまう。そして、あろうことか暴力を振るう義父・アンゾに向けて発砲し、そのまま銃と一緒に行方をくらましてしまう。もし、今度の発砲事件で銃から足がついたらジョーイは一巻の終わり。慌てて銃の行方を追い始めるが、オレグの父親・アン...... [Read More]

Tracked on October 28, 2008 at 01:27 AM

» 「ワイルド・バレット」夜を疾走する熱い想い [soramove]
「ワイルド・バレット」★★★☆ ポール・ウォーカー主演 ウェイン・クラマー監督、アメリカ、 ドイツ、2006年、122分 いい人イメージの ポール・ウォーカーが珍しく 悪玉の用心棒というか、 使いっ走りのような役。 巻き込まれ型のストーリーで 悪党にな...... [Read More]

Tracked on November 02, 2008 at 05:02 PM

« 『ボーダータウン 報道されない殺人者』のフアレス | Main | NYの記憶・10 トイレ地図 »