« 『ディパーテッド』 スコセッシ快調 | Main | 『はこだて 記憶の街』とMoleの復活 »

February 09, 2007

『それでもボクはやってない』のど真ん中

Photo_13

『それでもボクはやってない』は、日本映画のど真ん中に位置する映画である。……などと言っても、なにがど真ん中なのか、説明しなきゃわからないよね。もっとも、そう言っている僕自身にしてから、ちゃんとわかってるのかどうか。きちんと説明できるのかどうか。

こんな見事な日本映画を久しく見たことがない。「見事な」と、細部の説明ぬきに言っても何を語ったことにもならないけど、ここがいい、あそこがいいというより、部分ではなく全体が、1本の映画として素晴らしく完成度の高い世界をつくっているんだと思う。

もちろんひとつひとつの要素を拾い上げることはできる。

痴漢冤罪事件という、今の時代の色んな問題や矛盾が集中する題材に目をつけた着想の面白さ。綿密な調査によって、脚本は緻密に練られている。逮捕された後の拘留や検事の調べ、そして裁判がどう進行していくのかを教えてくれる how to 映画になっているのもいい。

拘置所や裁判所といった狭い閉鎖空間を、あらゆる角度から切り取ったカメラワークもすごい。痴漢に間違えられる若いフリーターを演ずる加瀬亮のナチュラルさが,、今日ただいまの空気を感じさせる(竹中直人が一瞬、全体のアンサンブルを崩しそうになるけど)。たまに入ってくる音楽が、逆に音楽が入らないほとんどの場面のリアルさを際立たせている。

この映画は脚本も演出もカメラも演技も、すべてがオーソドックスにつくられている。長回しがあるわけではない。据えっぱなしだったり、奇妙な位置にカメラが置かれたりすることもない。意表をつくカットのつなぎもない。ふつう「作家的」と思われるこだわりが見事なくらい捨てられているように「見える」。

僕は「作家的」な映画が好きだから、このブログもそういう作品に偏り、しかも「作家的」にこだわったショットやシーンやモンタージュに出会うと、つい興奮してしまう。でもこの映画は、そういうことでは何も語れないように思うのだ。実は大変な個性があるのに一見個性的な顔をしてない映画とでも言ったらいいのか。

これ見よがしの作家の「印」を見せることをしないのに、またさしたるアクションもなく、ほとんどが狭い空間で展開されるのに、140分間、一瞬もゆるむことなく映画をドライブさせてしまう凄さ。映画が持っている直截なメッセージから「社会派」などと言われるけど、リアリズムで(時にセンチメンタルに)社会悪を告発したかつての「社会派」からは、この映画の空気は遠い。この映画の面白さは誰にでも届くし、それでいてコアなファンも満足させる。

去年、日本映画の興行収入が洋画を上回ったというニュースを読んだ。日本映画は再び活力を取り戻したように見える。お客さんが入ったのは、僕はほとんど見ないけど、「感動」を売り物にしたエンタテインメントで、その代表が『フラガール』だろう。

その反対側には、ミニシアターで公開されたり、早朝や深夜に上映される(時には公開の機会すら持てない)たくさんのマイナー系の映画がある。それをひとことで「作家的」と言っては大雑把すぎるけど、とりあえず「作家的」映画と言うならば、その代表が『ゆれる』だろう。

『フラガール』も『ゆれる』も、2本ともそれぞれによくできた映画だけれども、日本映画のど真ん中にあるという感じはない。

10代の僕が夢中になっていた1950年代後半から60年代の日本映画は、一方の極に5社の圧倒的に多数のプログラム・ピクチャーがあり、他方に独立プロや5社内部の異端である新藤兼人や大島渚や吉田喜重がいて、その両極の真ん中に心棒のようにして黒澤明や小津安二郎がいた。僕はそういう時代に映画を見て育ったから、どうしても今の日本映画には真ん中が不在だという感じを持ってしまう。

『それでもボクはやってない』は、あるいは周防正行は、長いこと不在だった日本映画のど真ん中に位置する、あるいは位置する可能性をもった作品であり監督であるという気がしたんだけど、どうだろう。

|

« 『ディパーテッド』 スコセッシ快調 | Main | 『はこだて 記憶の街』とMoleの復活 »

Comments

こんにちは。TB有難うございました。
上手く言えませんが、なんとなく「真ん中に位置する」とおっしゃる真ん中ってわかるような気がします。
ベタ過ぎず、アヴァンギャルド過ぎず・・でしょうか?
大学2年生の息子が友人数人とこの映画を鑑賞してきて「面白かった」というのですよ。 
まさか観るとは思わず、数日前に私が散々内容を話してきかせ、疑われないコツまで伝授したというのに・・(笑)

Posted by: マダムS | February 10, 2007 04:50 PM

こんばんは♪
TBありがとうございました。
『フラガール』も『ゆれる』もどちらも昨年素晴らしいなと思った作品ですが、周防監督の新作はそのどちらとも違う素晴らしさを持っていましたね。
今年早々にベストワン作品に出会ってしまったかもしれません。

Posted by: ミチ | February 10, 2007 07:50 PM

>マダムSさま

>ベタ過ぎず、アヴァンギャルド過ぎず
なるほど、そうも言えそうですね。しかも黒澤映画(タイプはまったく違いますが)を見た後のような重量感があって。
息子さんだけでなく、確かにこれ人ごとじゃありません。私もたまに超満員の埼京線に乗るときは自分の手が他人に触れないよう、そればっかりに気を使います。

>ミチさま

こういう映画が真ん中にあることで、一方に『フラガール』や『ALWAYS 3丁目の夕日』があり、他方に『ゆれる』や『誰も知らない』があることの意味と豊かさがはっきりするように思います。
確かに、早々にBEST1に出会ってしまったかもしれません。これから黒沢清の新作とか出てきますけど。

Posted by: | February 10, 2007 09:26 PM

こんばんは、TB&コメントありがとうございました。
たしかに普段映画を見ない人からコアなファンまで、あらゆる観客層を
満足させる作品を作るのが、周防監督の資質でもありますね。
オーソドックスな作りにもかかわらず、細部のすみずみに神経が行き届いて
いるのが大きいと思います。

ただ私は、裁判官と主人公がはげしくやりとりするシーンに、この作品で唯一の
「作家性」を感じました。あの切り返しの応酬は、まぎれもなく小津ですから。
登場人物の名前に小津作品と関連の深いところにも、オマージュを感じさせます。
ともあれ、周防監督はこれからの日本映画を引っ張ってほしいものですね。

Posted by: 丞相 | February 11, 2007 10:22 PM

確かに裁判官と主人公が緊張感あふれるテンポでやりとりする切り返しは小津ですね。小津の切り返し独特の「交わらない視線」まで再現されていたかは覚えていませんが。

登場人物も「斉藤達雄」は戦前の小津映画の常連だった役者の名前ですし、「金子徹平」とか「荒川正義」とか今の若者にしては古風な名前も、当時のありふれた名前を使うことが多かった小津映画のテイストを感じさせますね。

その意味で丞相さんおっしゃるように、この映画でもまた周防監督らしいやり方で小津へのオマージュを捧げているのでしょうね。

Posted by: | February 14, 2007 01:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『それでもボクはやってない』のど真ん中:

» それでもボクはやってない [It's a Wonderful Life]
いや~周防監督の久しぶりの作品で期待大だったもんで、 意識的に劇場でかかった予告編以外はほとんど情報をシャットアウト してましたが、正解だったような気がしました。 この映画これから観ようかと思われている方がいたら、 ここも含めレビューの類は鑑賞前は...... [Read More]

Tracked on February 09, 2007 07:58 PM

» アナタは人を裁けますか〜『それでもボクはやってない』 [真紅のthinkingdays]
 周防正行監督11年ぶりの新作。「どうしても観たい!」というわけではなかったのだ けれど、あまりの評判のよさに劇場に出かけた。実は劇場の会員ポイントがたまっ ていたのでタダ(しかもポップコーン付き)で観たのだ... [Read More]

Tracked on February 09, 2007 08:27 PM

» それでもボクはやってない [シャーロットの涙]
大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平。 連行された警察署で容疑を否認すると、そのまま拘留される。その後も一貫して無実を主張するものの、結局は起訴される事に。 徹平の無実を信じる母や友人・達雄の依頼でベテランの荒川、新米の須藤の二人の弁護士が徹平の弁護を引き受け、いよいよ裁判が始まる…。(goo映画より) しつこ... [Read More]

Tracked on February 09, 2007 09:22 PM

» それでもボクはやってない/加瀬亮、瀬戸朝香 [カノンな日々]
前評判は耳にしていたし、私自身も今月公開される中では一番期待していたのがこの作品だったのですが・・・コレはスゴイッ!初日にコレをチョイスして正解でした。実は「マリー・アントワネット」とちょっと悩んだ、ちょっと(笑)。周防正行監督の11年ぶりの最新作、実際に裁....... [Read More]

Tracked on February 09, 2007 10:16 PM

» 『それでもボクはやってない』 [Rabiovsky計画]
『それでもボクはやってない』公式サイト 監督・脚本:周防正行 音楽:周防義和 出演:加瀬亮 、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、田中哲司 、    光石研 、尾美としのり 、大森南朋 2007年/日本/143分 おはなし Yahoo!映画 フリーターの金...... [Read More]

Tracked on February 09, 2007 11:09 PM

» 映画「それでもボクはやってない」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
それでも、それでもボクはやっていない。控訴します!!刑事事件で起訴されたら有罪率99.9%、冤罪事件にかぎっても97%が有罪になるという実態・・ 仕事もせずブラブラしていた金子徹平(加瀬亮)、ようやく面接にこぎつけて会社に向かうが途中で履歴書を忘れたこと... [Read More]

Tracked on February 10, 2007 01:33 AM

» 『それでもボクはやってない』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
見ごたえ満点。怖い、悔しい、面白い。 フリーターの金子徹平は、通勤ラッシュの電車に乗り、降りたホームで痴漢だと言われた。映像主義、アート系好きの私としては、本来はこの作品はスクリーンで観る必要のないタイプなんだけど。周防正行監督の11年ぶりの作品で、それも主演は加瀬亮くんで、冤罪もので、痴漢もの?ときたらこれは観るべしーでしょ。 こういったテーマで映画を撮ろうという周防監督の心意気に鑑賞前から感動してしまう。って、イーストウッドの『父親たちの星条旗』の時と同じ心境パターンじゃないか。日本... [Read More]

Tracked on February 10, 2007 07:29 AM

» それでもボクはやってない [Akira's VOICE]
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。 [Read More]

Tracked on February 10, 2007 10:55 AM

» 『それでもボクはやってない』 [Brilliant Days]
「Shall we ダンス?」以来なんと11年ぶりの新作!? だったんですねぇ・・周防監督。 観終わってみれば2時間23分という長い上映時間だったにも関わらず、手に汗握り、夢中で主人公の青年の行く末を見守っていました!悔しい! そんなバカな!? どうなってるんだ..... [Read More]

Tracked on February 10, 2007 04:41 PM

» 映画「それでもボクはやってない」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「それでもボクはやってない」 11年ぶりの周防正行監督作品。 いつも周防監督の扱う題材は新鮮で、「こんな世界があるのね」ということをエンタメ性たっぷりに描いてくれる。今回も馴染みの無い裁判の世界を面白おかしく描いてくれるのだと想像していたら、これが今までとは違って真面目色が強い。でも、ぐいぐい惹きつけられて144分面白かった! 冒頭に現れた一文『十人の真犯人を逃すとも一人の無辜(むこ)を罰するなか... [Read More]

Tracked on February 10, 2007 07:47 PM

» それでもボクはやってない [我想一個人映画美的女人blog]
最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。 男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。 ってこの頃感じてた。 車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるし そういう痴漢行為の卑劣さはちゃんと認識してて、痴漢に間違われたくない という男性の意志の現れ?も感じるような。。。 「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?�... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 03:28 AM

» 『それでもボクはやってない』〜司法背理法(下)〜 [Swing des Spoutniks]
『それでもボクはやってない』公式サイト 監督:周防正行出演:加瀬亮 瀬戸朝香 山本耕史 もたいまさこ 役所広司ほか 船が転覆して、ある二人の人間が太平洋のど真ん中に置き去りにされた。救命用のいかだがあるものの、いかだには一人しか乗れず、二人乗ると...... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 10:10 PM

» それでもボクはやってない(1月20日公開) [オレメデア]
朝の通勤ラッシュで混雑する電車の中 フリーターの金子徹平(加瀬亮)も,就職の面接に向かう途中,その電車に乗っていた. 自分が物語の主人公になることを,まだ知らない…. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホームページ)のリ....... [Read More]

Tracked on February 16, 2007 03:22 PM

« 『ディパーテッド』 スコセッシ快調 | Main | 『はこだて 記憶の街』とMoleの復活 »