« 『イカとクジラ』は痛いコメディ | Main | 『ダニエラという女』は一夜の夢 »

December 23, 2006

『あるいは裏切りという名の犬』のフレンチ風味

Photo_2

フランス製ノワールと聞いてあまりに懐かしくなり、公開前に家にあったフレンチ・ノワールの傑作『リスボン特急』を再々々々々々見して、またしても涙してしまった。

1960~70年代、ジャン・ピエール=メルヴィル(『リスボン特急』)、ジョゼ・ジョバンニ(『暗黒街のふたり』)、ジャック・ドレー(『フリック・ストーリー』)らがつくったフランスのギャング映画(当時まだノワールという呼び方は一般的でなかったと思う)には、東映ヤクザ映画に劣らず興奮させられた記憶がある。

御大ジャン・ギャバンも元気で、アラン・ドロン、ベルモンド、イブ・モンタン、ジャン・ルイ=トランティニャンにリノ・バンチェラと、ギャング(刑事)をやらせたら絶品の役者たちがそろっていた。

その伝統がどう引き継がれているのか? いないのか? 『あるいは裏切りという名の犬』(邦題ちょっと凝りすぎ)は期待にたがわず、濃すぎるくらいに濃いノワールだった。

ダニエル・オートュイユとジェラール・ドパルデューの2大スター対決。パリ警視庁で長官の座を争うライバル。ひとりの女を奪いあった過去。友情と裏切り。出世と転落。この手の映画の王道をいく設定に、『インファナル・アフェア』ふうな組織内部の対立といった今っぽさも加えて、たっぷり楽しませてくれる。

画面の背後で高鳴る音楽がなんともセンチメンタルで、ちょっとやりすぎじゃないの、香港ノワールだって今はもっとクールだよと思うけど、まあ許そうかという気になるのは、ほんとに久しぶりにフランス暗黒映画の濃厚な味を堪能したから。

正義派で人望もあるオートュイユと、野心家で強引なドパルデューという2人のキャラクターがくっきり立っているのが、この映画のすべてと言ってもいいくらい。どちらも素晴らしいけど、涼しい顔で友を裏切り、陰謀もめぐらすドパルデューの悪ぶりがとりわけいいな。オートュイユも、前作『隠された記憶』のインテリ大学教授役よりはるかに生き生きしてる。

老いた元娼婦役のミレーヌ・ドモンジョは、高校時代に胸をときめかせた女優。かつての官能的な美しさの面影はある。ノワールは年くった女優が重要な役どころをやることの多い映画だからいいよね。もっとも、ヒロインのヴァレリア・ゴリノは、オートュイユとドパルデューが争った宿命の女という役柄のわりには魅力を感じなかった。

脚本・監督のオリヴィエ・マルシャルは元警官で、自分が警察官時代に見聞きした実話をもとにシナリオを書いたという。伏線をそこここに張りめぐらせながら、ヒーローとヒールを対立させ、ヒーローが転落してヒールが出世し、そこから最後の結末にいたるまでテンポよく畳みかける構成は、これが2作目とはとても思えない。

メルヴィルに代表されるかつてのフランス・ノワールは、ゆったりしたテンポで間を取りながら登場人物の人間像をじっくり描いていった。この映画は30年後につくられただけあって、寡黙な男というメルヴィル映画の主人公の造形を受け継ぎながら、同時に今ふうのテンポを合わせもっている。

オートュイユとドパルデュー、2人の男のドラマに最後まで見入ってしまうのは、映像もセリフもフランス・ノワールの定型を踏まえながら、脚本や演出に現代的なリズムが感じられるからだろう。

フレンチ・ノワール、もっと見たいな!

|

« 『イカとクジラ』は痛いコメディ | Main | 『ダニエラという女』は一夜の夢 »

Comments

こんばんは。TB&コメントありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

誰が考えたのかは知りませんが、去年で言えば『うつせみ』並みの、
凝りに凝ったタイトルの作品ですね。私は前半は人物関係を追うのに
気を取られたのですが、現金襲撃事件が一段落してからの後半は、
男二人の対決をじっくりと描いた物語に引き込まれました。
これも、フレンチ・ノワールの伝統のなせる技なのでしょうか。

今年日本で公開されるノワール作品と言えば、香港のジョニー・トー監督の
『エレクション』があります。
去年の東京フィルメックスで上映されたときの評判は上々だったので、
劇場公開されても受けそうですね。

Posted by: 丞相 | January 09, 2007 at 09:29 PM

『エレクション』、年明けの新作ではいちばん期待しています。ジョニー・トーをたくさん見ているわけではないですが、いい意味で香港映画のデタラメさと凄さをあわせ持ってる監督ですね。

オリヴィエ・マルシャル監督には現代的なメルヴィルみたいになってくれると楽しみが増えます。

Posted by: | January 10, 2007 at 12:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/13160814

Listed below are links to weblogs that reference 『あるいは裏切りという名の犬』のフレンチ風味:

» あるいは裏切りという名の犬 [シャーロットの涙]
原題「36 QUAI DES ORFEVRES」…フランス、オルフェーブル河岸36番地にあるパリ警視庁に、二人の警視がいた。 一人は仲間からの信頼厚く、正義を信じるレオ・ヴリングス(ダニエル・オートゥイユ)。 もう一人は権力志向の強い野心家のドニ・クラン(ジェラール・ドパルデュー)。 市内で多発する現金輸送車強奪事件を巡り、交錯する男たちの思惑。ドニの裏切りで、レオはすべてを奪われ投獄される。7年後、再会した二人の運命は… 実際に警察�... [Read More]

Tracked on December 23, 2006 at 07:48 PM

» あるいは傑作という名の映画 「あるいは裏切りという名の犬」 [平気の平左]
評価:90点 [Read More]

Tracked on December 23, 2006 at 09:27 PM

» あるいは裏切りという名の犬/36 QUAI DES ORFEVRES [我想一個人映画美的女人blog]
これ、邦題がすごくいい。 フランス原題は『オルフェーヴル河岸36』。パリにあるシテ島の番地名。 ここで実際に起きた事件、実在のモデルを基に作られたという。                   仲間からの信頼も厚い熱血漢 レオ、 『橋の上の娘』『隠された記憶』のダニエルオートゥイユ。 対するはジェラールドパルデュー、ドニ。 昔は親友だった、同じ女を愛した二人。 "裏... [Read More]

Tracked on December 24, 2006 at 02:59 AM

» あるいは裏切りという名の犬 [ショウビズ インフォメーション]
警察官だった経歴を持つオリヴィエ・マルシャル監督が、 共同脚本として本作に関わった元刑事ドミニク・ロワゾーのエピソードなど、 実在の事件や人物をヒントに警察組織内部の闇を描き出している。 ハリウッドで... [Read More]

Tracked on December 24, 2006 at 06:44 PM

» 36番地、男の闘い【あるいは裏切りという名の犬】 [犬も歩けばBohにあたる!]
ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデューの共演。 これだけでフランス映画 [Read More]

Tracked on December 30, 2006 at 11:02 PM

» あるいは裏切りという名の犬★★★★☆劇場4本目・ノワールフィ... [kaoritalyたる所以]
フランスを代表する俳優たちの競演、あるいは裏切りという名の犬を初日のテアトル梅田で観てきました。はっきり言って、ろくに予告も見ず俳優と簡単な映画紹介文を読んだだけで行こうと決めましたが、男のドラマが繰り広げられる、予想以上に骨太な犯罪映画で観に行ってよ...... [Read More]

Tracked on January 07, 2007 at 01:54 AM

» 映画『あるいは裏切りという名の犬』 [KINTYRE’SDIARY]
1.あるいは裏切りという名の犬■原題:36QuaiDesOrfevres■製作年・国:2004年、フランス■上映時間:110分■鑑賞日:1月6日 銀座テアトルシネマ(京橋)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:オリヴィエ・マルシャル□製作:シリル・コルボー=ジ...... [Read More]

Tracked on January 07, 2007 at 06:50 PM

» 『あるいは裏切りという名の犬』〜タレコミリレー〜 [Swing des Spoutniks]
『あるいは裏切りという名の犬』公式サイト 監督:オリヴィエ・マルシャル 出演:ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー アンドレ・デュソリエほか 【あらすじ】(goo映画より)フランス、オルフェーブル河岸36番地にあるパリ警視庁に、二人の警視が...... [Read More]

Tracked on January 09, 2007 at 09:23 PM

» あるいは裏切りという名の犬 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 フランス  ドラマ&犯罪  監督:オリヴィエ・マルシャル  出演:ダニエル・オートゥイユ      ジェラール・ドパルデュー      アンドレ・デュソリエ      ヴァレリア・ゴリノ パリ警視庁の2人の警視、BRI(探索出動班)所属の正義感あふれるレ...... [Read More]

Tracked on January 13, 2007 at 11:05 AM

» 「インファナル・アフェア」以来の面白さ!『あるいは裏切りという名の犬』 [水曜日のシネマ日記]
実話を基に描かれた、パリ警視庁の刑事たちの物語です。 [Read More]

Tracked on January 13, 2007 at 01:51 PM

» あるいは裏切りという名の犬 [future world]
先日ミニシアターで見かけたチラシ〜〜「ロバート・デ・ニーロ製作・主演、ジョージ・クルーニー出演でハリウッドリメイク決定!」の文字。 ハリウッドリメイクとは・・やはり面白いのかな・・と観ることに。 パリ警視庁で繰り広げられる二人の男の物語〜愛、家族、友....... [Read More]

Tracked on January 21, 2007 at 12:56 AM

» mini review 07065「あるいは裏切りという名の犬」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ サスペンス 製作年 2004年 製作国 フランス 時間 110分 公開日 2006-12-16〜2007-03-16 監督 オリヴィエ・マルシャル ストーリー かつて親友だった警視レオと同じく警視のドニ。ふたりは同じ女性カミーユを愛し、レオがカミーユと結婚したことから友人関係は崩れ、今では宿敵となっていた。そんな折、時期長官候補として二人の名が挙げられた。正義感にあふれ、部...続きを読む 出演 ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー... [Read More]

Tracked on August 04, 2007 at 11:14 PM

« 『イカとクジラ』は痛いコメディ | Main | 『ダニエラという女』は一夜の夢 »