« 赤い街 | Main | 『007 カジノ・ロワイヤル』はモノクロームで始まった »

December 08, 2006

ある民家の肖像・1 縁側

古めかしい日本家屋に暮らしている。名のある建築家でもなんでもない無名の大工がつくった、変哲もない家。建てられたのは1928(昭和3)年。持ち主は尉官クラスの軍人だったらしいが、戦後、僕の祖父母が買い取った。1970年代に土間だった台所と風呂場を改築した以外、そのまま使っている。数年前に、ぼろぼろになった土壁を塗りなおし、襖を張りかえたけれど、家の構造は建てたときのまま。

ここは東京の北側の通勤圏に属する。大きな産業のない戦前からの住宅地で、ひと昔前まで同じような日本家屋や、玄関横に一部屋だけ洋間をつけた「文化住宅」があちこちにあった。でも今ではほとんど新しい家に建てかえられたり、マンションになってしまった。

そのころから、この家を記録しておいてもいいかもしれないと思いはじめた。昭和初期、首都近郊の中層クラスの民家がどんなものだったか。もっとも自分の暮らしを公開するつもりはないので、生活臭のない部分だけ、少しずつ撮っていこうと思っている。

Img_0548w

この家に暮らしていちばんの贅沢は、縁側に寝転がっていること。日本家屋は夏の暑さをどうしのぐかを最大のテーマにしているので、家のなかを風が通りぬける。夏は涼しいし、真冬でも太陽が出ていればぽかぽかして、午後3時ころまで開け放したまま本を読んでいられる。

Img_0582w

ガラス戸は不用心なんだけど、サッシにする気になれないんだなぁ。

Img_0717w

戦前のガラスは今のような品質ではなく平面に微妙に凹凸があり、風景がわずかにゆがんで見える(2枚目の写真にゆがみが写っている)。それも風情といえば風情かも。


|

« 赤い街 | Main | 『007 カジノ・ロワイヤル』はモノクロームで始まった »

Comments

いいお家ですね~。
好きですよ、こういうお家。
ときどき、木の塀に囲まれたこういうお家を見ると、つい、見入ってしまいます。
牛乳瓶置き場が、門の横に作られていたりして、生活の工夫が利いているのも好きで。
縁側が畳なんですね。
いいな~。
何の映画だったか思い出せないのですが、
高校生くらいの子(女の子だっけかな?)が、なくなったおばあちゃんの家に、息抜きに行くんですよ。
でも、その家も壊されることになるとか、そんな話でした。
う~、思い出せないけど、その家で横になったりして、うらやましく思いました。

Posted by: hoppen | February 04, 2007 at 02:13 AM

縁側は畳に見えますが、特注の長いゴザを敷いてあるんです。去年、うちの隣の、同じく昭和3年に建った「文化住宅」が取り壊されてしまいました。古いし、維持費がかかるから(あちこち傷んでる)ということでしたが、まあ、できるだけ長くこの家に住もうと思っています。

Posted by: | February 05, 2007 at 04:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/12982425

Listed below are links to weblogs that reference ある民家の肖像・1 縁側:

« 赤い街 | Main | 『007 カジノ・ロワイヤル』はモノクロームで始まった »