« 『明日へのチケット』と列車の映画 | Main | 『麦の穂をゆらす風』の沈黙する風景 »

November 17, 2006

『硫黄島からの手紙』の「配慮」

Photo_2

3万人近い犠牲者を出した硫黄島の戦闘を、日米双方の視点から描いた2部作の第2弾。『硫黄島からの手紙』は、戦闘を日本側から見る。アメリカ側から描いた『父親たちの星条旗』のエントリで「期待と不安が相半ば」とコメントしたんだけど、うーん、期待と不安の両方が半分ずつ的中したような、ちょっと複雑な印象をもった。

作品の出来は悪くない。いや、これ1本だけ見たら、すごいと思ったかもしれない。ただ、第1弾がイーストウッドのフィルモグラフィーのなかでも重要な作品として残るにちがいない素晴らしい出来だっただけに、どうしてもそれと比較してしまう。

指揮官の栗林(渡辺謙)と末端の一兵士である西郷(二宮和也)の2人が、戦場で家族に書き送った(送られなかった)手紙を軸にして戦争の残酷さ、空しさを浮き彫りにするイーストウッドのメッセージは、きちんと見る者に伝わってくる。どちらが善でどちらが悪という図式は言うまでもなく排除されているし、できるかぎり日本人の心事に寄り添おうとするフェアさも感じる。中村獅童演ずるファナティックな軍人の滑稽さを通して、軍国主義に対する批判もある。

戦闘シーンは『父親たち』と同じように息をのむ(前作を見ていない知人が、度肝を抜かれたと言っていた。こっちは前作でそれを体験したから、そのぶん驚きが割り引かれてるかも)。

それでも、見終わってぶちのめされたように感じた『父親たちの星条旗』の圧倒的な力に比べると、僕には胸に迫るものが少しばかり足らなかった。戦争のもたらす哀しみが映画全体を霧のように覆っているんだけれど、『父親たち』のようにはそれがずしんと重みをもって胸に落ちてこなかった。それはなぜだろう?

答えがよくわからないまま書いてるんだけど、技術的には脚本に差があるのは明らかだと思う。前作(ポール・ハギス)は「硫黄島の戦闘」「銃後のアメリカ本土」「かつて硫黄島の英雄だった父を調べる息子」という3つの時間と場所が異なる場が設定され、過去と現在、戦場と銃後を自在に行き来して、重層的な構造のドラマがつくられていた。

『硫黄島からの手紙』も似たような構造を持っているんだけど、「調査団によって島に埋められた手紙が発見される現在」はあくまでプロローグとエピローグとして処理され、本筋と直にはかかわってこない。

また前作の「銃後」に相当するのが「栗林のアメリカ留学の過去」「西郷が妻(裕木奈江)と暮らした記憶」「元憲兵隊員・清水(加瀬亮)の過去」なんだけど、これはそれぞれの登場人物の回想として処理されている。だから前作のように重層的な時間空間の往き来はなく、硫黄島へ栗林が着任する場面から日本軍が玉砕するラストまで、時間も空間もまっすぐに進む。

しかも、物語が一直線に破滅へと加速していくのでなく、戦闘の合間に洞窟で手紙を書いたり、糞尿を処理したりといった戦場の「日常」がきめこまかに描かれている。むしろ、そういう「日常」の描写こそこの映画が狙ったことなのかもしれない。でもその結果として、全体が平板になってしまった感じはどうしても残る。

これはとても高度な脚本が求められる映画だと思う。劇映画処女作という日系アメリカ人の脚本家、アイリス・ヤマシタにはちょっと荷が重かったかも。日系ということで起用されたんだろうけど、できれば製作に回ったポール・ハギスにも参加してもらいたかったな。

もうひとつ考えられるのは、イーストウッド自身のモチベーション。硫黄島を映画化しようと思い立ち、調べるうちに2本つくらなければと感じはじめたという彼の思いはその通りだと思う。でも『父親たちの星条旗』には明らかに9.11以降のアメリカへの怒りと批判が込められていた(これについては前のエントリで書いた)。その思いの強さが、映画の切迫した息づかいとなって表れていた。

それは『父親たち』がアメリカ側から描いた映画だったからこそ実現できたのだけど、日本側から描いたこの映画では、それができない。その上、ハリウッドにはかつて日本人(アングロ・サクソン以外の人種と言いかえてもいい)を登場させて差別と誤解に満ちた映画をつくってきた過去があるだけに、それを避けるためのさまざまな配慮にも満ちている。

日本兵が捕虜を惨殺するだけでなく、米兵もまた投降した日本兵を殺すシーンを挿入することによって、日本人が残酷なのでなく戦争そのものが残酷であることが描かれている。ロス五輪の馬術で金メダルを取ったバロン西中佐(伊原剛志)が負傷した米兵を助け、ハリウッドのスター、メアリー・ピックフォードの名前を出して穏やかな会話を交わすシーンもある。

だから映画を見ていてとてもフェアな感じは受けるんだけど(日本家屋や服装の考証に難はあるにしても)、『父親たちの星条旗』にある自国への怒りと『硫黄島からの手紙』の他民族への配慮との「思い」の激しさ、深さの差が、2本の映画にそのまま滲み出てしまったような気がする。

イーストウッドはこの映画について、「私は日本映画を監督した」と言っている。確かに中身はアメリカ映画ではないにしても、善くも悪くも日本映画ではないんじゃないかな。

最近の『男たちの大和』なんかの戦争映画を見てないけど、過去の日本の戦争映画の大半は、好戦的な陸軍対和平志向の海軍、中央の官僚主義と現地の対立、といった図式のなかで、さあ泣けとばかりに主人公の思いの「純粋」さがひたすら謳いあげられる作品が多かったような気がする。

『硫黄島からの手紙』には、少なくとも日本の戦争映画のような図式やセンチメンタルな「泣かせ」はまったくない。すさまじい戦闘場面と、対照的に穏やかでなにげない「日常」のシーンが、前作につづいてイーストウッド自身の静かな音楽によって戦争の哀しみをそっと伝えてくる。だからこれはアメリカ映画でも日本映画でもなく、まぎれもなくイーストウッドの映画だと言うしかないな。

彼の映画では、さりげなく挿入されるシーンがひときわ心に響く。『父親たちの星条旗』では、硫黄島に向かう輸送船のなかで小隊を率いる軍曹が手にしたライターに火をつけ、その炎をじっと見つめるシーンがあった。

この映画では、栗林の持久戦戦術に不満をもつファナティックな中尉(中村獅童)が、撤退の命令を無視しひとり自爆攻撃をしかける場面。

闇の中で地雷を抱いて大地に横たわり米軍戦車を待つのだが、戦車は来ない。気がつくと朝で、眠ってしまった中尉がまだ自分は命があるのかと目を開けると、硝煙のただよう上空は青空。鷹だろうか、大きな鳥が生を象徴するように翼を広げて滑空している。その風景が心に沁みる。後に、中尉が生き残って捕虜になってしまう皮肉な結末も効いている。

役者では、パン屋出身の下級兵士を演じた二宮和也が飛びぬけていいと思った。ほかの役者が軍人の「型」にはまった芝居をしているなかで、ひとりだけ「型」を意識せず素直に役になりきっている。二宮の演技以前の無意識のなにものかを引き出したのは、イーストウッドの演出力だろうか。

この作品、日本武道館のワールド・プレミアで見た。大きすぎる空間、出入りする観客、非常灯が視野に入り、空調は効かず、外の音が侵入してくる。映画を鑑賞する環境としては最悪。だから劇場で見直すとまた別の感想をもつかもしれないけど。


|

« 『明日へのチケット』と列車の映画 | Main | 『麦の穂をゆらす風』の沈黙する風景 »

Comments

こんばんは!
一般公開初日に観て参りました。
武道館は映画を観る環境ではないですよね。。集中できなかったのでは?とお察し申し上げます。
私の方は地元のシネコンで土曜の朝、一番大きな部屋がほとんど満席でした。
「星条旗」で葬儀屋の社員だった一市民に話を語らせたように、今回もパン屋の目から見た軍人達という構図が成功していたと思いました。
仰るように時折どきっとするような心に沁みるシーンがありますよね・・一貫してじっと人間を見つめる姿勢も変わらず感銘を受けました。 

Posted by: マダムS | December 09, 2006 at 08:17 PM

「ワールド・プレミア」と称していましたが、こんな劣悪な環境の場所しかないのでしょうか。じゃあ、どこがふさわしいのかといえば、確かに着飾ったスターたちが入ってくる空間として絵になる映画館はないかもしれませんが。

私も『星条旗』と『硫黄島』をもう一度見ようと思っています。

Posted by: | December 10, 2006 at 06:24 PM

こんにちは、TB&コメントありがとうございました。
私も、この映画に関しては雄さんとほぼ同じ印象を受けました。
やはり、戦争という状況に対する「怒り」または「憤り」が、
『父親たちの星条旗』ほど表れていなかったからでしょうか。
どちらかといえば、亡き兵士たちの「敬意」がにじみ出ていたと思います。
ほぼストレートな物語展開にも少し納得がいかないのですが、
『父親たち~』と対称的なものとして、これはこれでいいのかもしれません。
映画史に残りうる戦争映画を同時代で見られたのが、私は何よりの収穫でした。

Posted by: 丞相 | December 17, 2006 at 04:24 PM

前作はもちろん今作も、やはり米国人が見ることを前提に作られているんだと思います。
なので、日本への配慮も少なからずあるとは思いますが、まずは「敵国の兵隊は鬼でも悪魔でもない、オレたちと同じ人間なんだよ」とアラブやイスラムにもにもあてはめられる普遍性を伝えるために、政治性も話法や技法も抑えたんじゃないでしょうか。

「日本映画を作りました」なんてのはイーストウッドさんのリップサービスに違いない(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。

Posted by: にら | December 19, 2006 at 12:54 PM

>丞相さま

この2本と『プライベート・ライアン』、それ以前の記憶に残る戦争映画というと、『ディア・ハンター』までさかのぼってしまうかもしれません。

ともかくイーストウッドを同時代で見ることができるのは映画ファンとして最高の幸せですね。

>にらさま

イーストウッドはどこまでも西部の誇り高きガンマンであることをこの2本で改めて感じましたから、確かに彼の映画にあまり政治性を読み込むのは誤解のもとかもしれませんね。話法や技法についても同じことを感じました。

ヒーローとしての単純さと、映画作家としての複雑さの両面を、イーストウッドの映画はいつももっているような気がします。


Posted by: | December 21, 2006 at 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/12718534

Listed below are links to weblogs that reference 『硫黄島からの手紙』の「配慮」:

» 『硫黄島からの手紙』 [ラムの大通り]
(原題:Letters from Iwo Jima) ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----「硫黄島」2部作「第2弾」。 クリント・イーストウッドが日本人俳優を使って描く戦争映画。 敵国の軍隊を描くなんて、 まるでサム・ペキンパーの『戦争のはらわた』みたい。 これは観たくなるよね 「いやあ、スゴい行列だったね。 昨日の完成披露試写会は丸の内ピカ�... [Read More]

Tracked on November 18, 2006 at 10:00 PM

» ニコール・キッドマン:2006年はNO1に輝く。 [芸能チャンプルー:GEINO CHAMPLOO]
最近、ニコール・キッドマン再婚しましたね^^確かカントリー歌手のキース・アーバンでしたか。私生活ともに順風満帆です。最近見た「奥様は魔女」のニコール・キッドマンはめっちゃキュート♪でしたよ。 [Read More]

Tracked on November 30, 2006 at 10:14 PM

» 映画vol.97 『硫黄島からの手紙』*謙さん来場 [Cold in Summer]
 『硫黄島からの手紙』※舞台挨拶付試写会 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 伊原剛志 二宮和也 加瀬亮 公式サイト ◇渡辺謙さん・伊原剛志さん 舞台挨拶 「戦争物」と「ホラー」は映画館で観ないようにしてるん....... [Read More]

Tracked on December 01, 2006 at 02:41 PM

» 『硫黄島からの手紙』 ワールドプレミア試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
太平洋戦争最大の激戦地、硫黄島。緻密な防御戦術で米軍を恐怖に陥れた栗林忠道中将は、家族へ愛情あふれる手紙を送り続けた。硫黄島。米国にとっては日本本土空襲の拠点。日本にとっての本土防衛の拠点。陸上戦力、日本軍約2万人に対して、米軍は支援部隊含め約16万人。「... [Read More]

Tracked on December 02, 2006 at 10:04 PM

» 硫黄島からの手紙 [ショウビズ インフォメーション]
今作と第1弾『父親たちの星条旗』を手掛けた クリント・イーストウッド監督 35年ほど前のイーストウッド氏『ダーティーハリー シリーズ』の頃。 硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた『父親たちの星条旗』に続く第2弾... [Read More]

Tracked on December 04, 2006 at 05:27 PM

» 何のために戦うのか【硫黄島からの手紙】 [犬も歩けばBohにあたる!]
先に公開されている硫黄島2部作の一つ 「父親たちの星条旗」はアメリカから見た闘 [Read More]

Tracked on December 07, 2006 at 06:09 PM

» 硫黄島からの手紙・・・最悪のプロジェクトを生きる [システムエンジニアの晴耕雨読]
今日からの封切りの映画「硫黄島からの手紙」、朝一番の上映を心待ちに見に行きました。渡辺謙さん、伊原剛志さんらの顔写真がある宣伝ポスターは目にしていましたが、あまり興味湧いていなかったのですが、一昨日になって栗林忠道中将役を渡辺謙さん、バロン西こと、西竹...... [Read More]

Tracked on December 09, 2006 at 03:50 PM

» 硫黄島からの手紙 [悠雅的生活]
余は常に諸氏の先頭にある。 [Read More]

Tracked on December 09, 2006 at 05:00 PM

» 硫黄島からの手紙 [Akira's VOICE]
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。 [Read More]

Tracked on December 09, 2006 at 06:54 PM

» 『硫黄島からの手紙』 [Brilliant Days ]
イーストウッド様、手紙、確かに受け取りました・・・ クリント・イーストウッドが世界に贈るヒューマンドラマ硫黄島2部作の第二部! (第一部は『父親たちの星条旗』感想はコチラ) 一般公開初日に鑑賞して参りました! 12/6発表のナショナル・ボード・オブ・レビュー賞..... [Read More]

Tracked on December 09, 2006 at 08:04 PM

» ■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」★しばしトップ固定 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます! 私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。私がひとつだけわかったことは、この作品が....... [Read More]

Tracked on December 09, 2006 at 10:30 PM

» 硫黄島 海軍少将・市丸利之助 「ルーズベルトに与える書」全文掲載(英文含む) [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
  TBさせていただきます。今、話題の「硫黄島」。海軍少将・市丸利之助氏の「ルーズベルトに与える書」全文掲載(英文含む) させていただきます。 [Read More]

Tracked on December 10, 2006 at 01:08 AM

» 硫黄島からの手紙 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:渡辺謙      二宮和也      伊原剛志      加瀬亮 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島 に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。アメリカ...... [Read More]

Tracked on December 11, 2006 at 09:58 AM

» 硫黄島からの手紙 [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
公式サイトはこちら。 評価:★4点(満点10点) 2006年 141min 監督:クリント・イーストウッド 主演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 中村獅童 【あらすじ】戦況が悪化の一途をたどる1944....... [Read More]

Tracked on December 11, 2006 at 09:27 PM

» 硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA [銅版画制作の日々]
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しかしその日数をはるかに越えて36日間に及ぶ長期戦と変貌戦史に残る戦いへと変えた男たちがいるのである。 指揮官の名前は栗林忠道・・・・・太平洋戦争におい... [Read More]

Tracked on December 12, 2006 at 04:56 PM

» 映画:硫黄島からの手紙 [駒吉の日記]
硫黄島からの手紙@シネマイクスピアリ 「自分が正しいと信じたことをしろ」 今年の【邦画】No.1 !!!と思ってしまった・・・(全編日本語のため各映画賞でもどの部門に該当するのかばらばらしてしまってるそうですね)戦争映画は自発的に観ることはないし、TVで放送して... [Read More]

Tracked on December 13, 2006 at 03:41 PM

» 映画vol.97 『硫黄島からの手紙』*謙さん来場 [Cold in Summer]
 『硫黄島からの手紙』※舞台挨拶付試写会 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 伊原剛志 二宮和也 加瀬亮 公式サイト ◇渡辺謙さん・伊原剛志さん 舞台挨拶 「戦争物」と「ホラー」は映画館で観ないようにしてるん....... [Read More]

Tracked on December 13, 2006 at 04:49 PM

» Letters From Iwo Jima(2006,U.S.) [The Final Frontier]
映画DEデートの予定だったけど,あちらさんの仕事の関係で私一人で鑑賞してまいりました。・・・一作目「父親たちの星条旗」を観たときからある程度覚悟はしていたけれど,やっぱり一人で観てよかった。これ,誰かと一緒に観たら凹みすぎてきっと立ち上がれなかったと思う。 ..... [Read More]

Tracked on December 13, 2006 at 04:50 PM

» 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である [Read More]

Tracked on December 14, 2006 at 11:05 PM

» 戦争映画を観る意義〜『硫黄島からの手紙』 [真紅のthinkingdays]
           『父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督による「硫黄島」二部作 の第二作。太平洋戦争における日本軍の最重要拠点であった硫黄島での激戦を、 日本側からの視点で描いている。『父親た... [Read More]

Tracked on December 15, 2006 at 12:32 PM

» 『硫黄島からの手紙』〜ディフェンス・ザ・ホーム〜 [Swing des Spoutniks]
『硫黄島からの手紙』公式サイト 硫黄島の戦い(Wikipedia) 監督:クリント・イーストウッド出演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 中村獅童ほか 【あらすじ】(goo映画より)戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。陸軍中将、栗....... [Read More]

Tracked on December 17, 2006 at 04:30 PM

» 『硫黄島からの手紙』 [ねこのひたい〜絵日記室]
中村獅童に向かって「キサマは日本男児の恥だ」と竹内結子さんが言った、って本当ですか? [Read More]

Tracked on December 19, 2006 at 02:06 PM

« 『明日へのチケット』と列車の映画 | Main | 『麦の穂をゆらす風』の沈黙する風景 »