« 『百年恋歌』 「思い」が深まる瞬間 | Main | 『16ブロック』の濃縮 »

November 03, 2006

『父親たちの星条旗』の捨てられた星条旗

Photo_1

すさまじくリアルな戦闘シーンがつづく『父親たちの星条旗』を見ながら、そういえばクリント・イーストウッドがちゃんとした戦争映画をつくるのは初めてだったんだな、と気がついた。

イーストウッドは西部劇から刑事もの、アクション映画、冒険映画、ノワール的だったりサイコふうだったりするミステリー、恋愛映画と、いろんなジャンルの映画をつくっているけど、意外なことに戦争映画といえるものは『ハートブレイク・リッジ』くらいしかない。

しかも『ハートブレイク・リッジ』は、一時代前の『特攻大作戦』(ロバート・アルドリッチ)や『最前線物語』(サミュエル・フラー)あたりを意識した、「ベテラン鬼軍曹が新米やダメ兵士を鍛えて一人前にする」系列の作品で、戦場へ出るまでがお話の中心になっていた。

いよいよ実戦になってもカリブ海の小国・グレナダ侵攻が舞台だから、戦闘らしい戦闘はほとんどない牧歌的な「戦争」。戦争映画というより、老軍曹の目を通した青春映画のようなテイストをもった作品だった。

イーストウッドの初めての本格的戦争映画は、玉砕覚悟の日本軍と死闘を繰りひろげる硫黄島の戦場、つくられた「英雄」を熱狂的に迎える「銃後」のアメリカ本土、「英雄」だった父の過去をたどる息子(現在)という3つの時と場所を自在に行き来しながら展開する。

題名(Flags of Our Fathers)からも分かるように、この作品は国旗(星条旗)が重要な役割をになっている。星条旗をめぐる映画とも言えるほどスターズ&ストライプスが次々に登場するなかで、あれっ、と思ったひとつのショットがある。「硫黄島の英雄」のひとりで先住民系の元兵士アイラ(アダム・ビーチ)が、手にした小さな星条旗を捨てる(?)ようなしぐさをする場面だ。

6人の兵士が硫黄島の山頂に国旗を掲げる、新聞に大きく報道され国民を熱狂させた1枚の写真。そこに写されたひとりアイラは、いやいやながら本国に帰国させられ、英雄として熱烈な歓迎を受けて戦時国債募集のキャンペーンに駆り出される。アイラは演出されることに違和感をもって酒びたりになり、キャンペーン・ツアーのなかで「インディアンめ」と蔑まれる体験もする。

国民の熱狂が去り復員したアイラは、労働者として南部の農園で働いている。気になったショットは、そこで出てくる。アイラが畑で働いていると、通りかかった1台の車が止まり、子供を連れた父親が出てきて、「硫黄島の英雄」と記念写真を撮らせてくれと頼む。

アイラはポケットから小さな星条旗を取り出し、笑顔で一家と記念写真に収まるのだけど、畑仕事に戻ったアイラは、星条旗をポケットにしまわず、旗を持った手を下に下げる。そこで旗はフレーム・アウトして画面からはずれてしまうんだけど、僕にはアイラがそれを捨ててしまったように感じられた。

国旗は国のシンボルだから、いつの時代、どこの国でも、その扱いには注意を要する。まして現在のアメリカで星条旗を侮辱するような描写があれば、ただではすまない。ハリウッドの映画づくりを熟知しているイーストウッドがそれを知らないはずはない。

だから、僕が感じたようにアイラが旗を捨てたのか、画面から消えた手をもういちど上げて旗をポケットに戻したのかを明らかにしないこのフレームアウトは、イーストウッドの意図的なものではないか。そこにイーストウッドの何らかのメッセージがあるのではないかと感じた。

別の映画に描かれたもうひとつの星条旗を思い出した。スピルバーグの『プライベート・ライアン』。軍上層部の思惑のために命じられた作戦で殺された兵士を埋葬する場面。アップにされた星条旗が太陽の逆光をとおして黒白が反転したネガのようにはためく。僕はそのときも、白黒を反転させたショットにスピルバーグの批判的なメッセージを感じた(自分でもそれは誤読かもしれないと思っていたが、『宇宙戦争』『ミュンヘン』と見てきて、そう感じたのは正しかったと今では思っている)。

その瞬間、『父親たちの星条旗』の裏に流れているのは、戦争の悲惨といった抽象的・一般的な感情ではなく、今のアメリカ、ブッシュのアメリカに対する具体的な違和感なのではないか、その違和感を明らかにするためにイーストウッドは初めてリアルな戦闘場面をもつ映画をつくったのではないかと思ったのだ。

とすれば、つくられた英雄を迎えて熱狂し、星条旗が林立する「銃後」のアメリカは9・11後のアメリカに重なり、硫黄島は現在も1カ月に100人もの死者を出して泥沼化したイラクに重なっている。

もちろんイーストウッドの過去の作品を見れば分かるように、彼はリベラル派というよりブッシュとは別の意味での愛国者(原理を信じられなくなったアメリカ原理主義者?)だから、この映画に、戦争は悪だという反戦平和のメッセージが込められているわけではない。ただ、軍と政府と国民が一体となった熱狂のなかで「英雄」がつくられ、そのなかでひとりひとりの兵士の生が見失われていく、そんな国のありように異議を唱えていることが感じられる。

イーストウッドは西部劇や刑事ものをたくさんつくっているのに、先住民やアフリカ系が敵役として描かれたことはほとんどない。荒野のストレンジャーもペイルライダーも先住民を殺さなかったし、ダーティー・ハリーがアフリカ系やヒスパニックを追ったことも(僕の記憶では)ない。それは「ポリティカリー・コレクトネス」への配慮であるにしても、何十本もの作品で一貫してそうであることを考えれば、政治的配慮以前のイーストウッド自身の意思だと考えるのが自然だろう。

イーストウッドがこれも初めてエスニック(先住民)を主役級に据えた映画をつくり、彼の悲しい末路を見つめているのも、ナショナリスティックな国民的熱狂がまず何を排除するのかを描きたかったからではないか。

そんなことを考えてくると、この映画にスピルバーグが製作者として参加しているのもまた別の意味をもってくる。

戦闘シーンのSFXをスピルバーグのチームが担当した(『プライベート・ライアン』以上にリアル)というだけでなく、イーストウッドとスピルバーグがこの映画で伝えようとしたことに共鳴しあったとも考えられるではないか。

画面からフレームアウトした星条旗も、逆光の星条旗も、ほとんど見過ごされるようなさりげない描写だけれど、「テロとの戦い」のさなかのアメリカ、失敗は許されないハリウッドの大作で、どんなふうに作家としてのメッセージを映画に載せたらいいかを熟知しているのがこの2人なのだ。

映画の終わり近く、「彼らは国のために戦った。そして友のために死んだ」とナレーションが入る。その後に、なんとも美しいシーンがある。ほんのいっとき、銃声がやんで戦場が静かになる。主人公たちは戦闘服を脱いで海に入り、少年のように波とたわむれる。そのショットに、この映画のすべてが込められている。

「衛生兵!」と、傷ついた兵士が主人公ジョン(ライアン・フィリップ)に助けを求める声。ジョンが戦場で見えなくなった戦友を探して「イギー!」と名前を呼ぶ声。2つの声をきっかけに3つの時と場所を自在に行き来するポール・ハギス(『クラッシュ』『ミリオンダラー・ベイビー』)らの脚本が素晴らしい。資料にもとづき(エンドロールで当時の記録映像が流れる)、くすんだカラーで戦場の臨場感を伝えるトム・スターン(『ミスティック・リバー』)のカメラが素晴らしい。静かな悲しみにみちたイーストウッド作曲の音楽が、これは言うまでもない演出とともに、素晴らしい。

|

« 『百年恋歌』 「思い」が深まる瞬間 | Main | 『16ブロック』の濃縮 »

Comments

今作に一番近いのは、南北戦争の残した傷を個人レベルで描いた『アウトロー』かもしれませんね。

そういえば、あの主人公も「生き残ってしまった者の悲しみ」を抱えていました。

てなわけで、TBありがとうございました。

Posted by: にら | November 04, 2006 at 12:46 AM

アイラが持っていた小さな星条旗は覚えていますが、フレームアウトしたことまでは気付きませんでした。
ともあれ、今に通じるアメリカ政府=ブッシュ批判が背景にあることは間違いないと思います。
とするならば、続いて登場する「硫黄島からの手紙」は何を軸に描いているのか、期待とともに不安が募ったりもします。

Posted by: nikidasu | November 04, 2006 at 01:59 AM

こんにちは TB有難うございました。
”星条旗”の扱い方からこの作品の監督や製作者の映画に込めた”思い”への洞察力の深さに感服致しました!
先住民の血をひくアイラの事をかなりの比重で描いていた謎も、こちらの記事を読ませて頂いて納得がいったような気がします。
原作者の”父親”がそうであったように、この映画も全体の成り行きを静かに見つめる視点(色々な思いは深くとも)だったように思います。

Posted by: マダムS | November 04, 2006 at 08:22 AM

>にらさま

なるほど『アウトロー』ですか。気がつきませんでした。最終的には国や公より個人を大切に思っているのが、西部劇のヒーローとして出発したイーストウッドのイーストウッドたる所以かもしれませんね。

>nikadasさま

この映画からブッシュ批判を感じたのが私だけではないと分かって心強いかぎりです。『硫黄島からの手紙』は、イーストウッドが日本軍をアラモと見るのか、ウンデッドニーと捉えるかで、だいぶ変わってきそうですね。私も期待と不安が相半ばしています。

>マダムSさま

このエントリ、全体が私の誤読ではないかと冷や冷やしながらアップしました。おっしゃるように、激しい戦闘や銃後の熱狂シーンにもかかわらず「静かに見つめる視点」が印象的でしたね。

Posted by: | November 04, 2006 at 01:25 PM

アイラが握っていた、あの小さなくしゃくしゃの星条旗がどうなったか、もう一度観て確かめたいと思います。私の記憶も曖昧です。

星条旗を掲げる瞬間の写真は、本作の中で様々に形を変えながら、何度も何度も登場していました。彼らはいささかも英雄ではない、ということを逆説的に浮かび上あがらせるためだったのかな、なんて今は思うのですが、いずれにせよもう一度観て判断したいと思います。

Posted by: [M] | November 06, 2006 at 12:01 PM

私には、画面には映っていないけれど、次の手の動きは星条旗を捨てる、と見えましたが、確信はありません。

私はこのシーンと、硫黄島へ向かう輸送船のなかで軍曹がライターでぼっと火を灯し、それを見つめている場面にぐっときました。こういうさりげないショットが映画の陰影を深くしますね。

Posted by: | November 06, 2006 at 11:27 PM

作られた英雄たちに熱狂する国民、苦悩する兵士たち・・・なかでもアイラのマイノリティーとしての苦悩はやり切れませんでした。とあるところでは生粋のアメリカ人と称され、とあるところでは侮辱される。

エンドロールで出てきた写真が、本人とそっくりだったことにお驚きでした。

TBさせていただきます~

Posted by: カオリ | November 07, 2006 at 01:40 AM

私も最初、エンドロールの写真はロケで撮られたスチールかと。人も風景も(アイルランド・ロケらしいですね)、史実にこだわる姿勢に共感を持ちました。

カオリさんが注目した「ストロベリークリーム」はすごいショットでしたね。あの「血の色」は記憶に残ります。

Posted by: | November 07, 2006 at 09:56 PM

家族を引き連れて2度目鑑賞致しました。
アイラの手にあった小さな星条旗のゆくえを今度は気をつけて見て来ました(笑)
畑にいながらすぐ出せるポケットにいつもあの星条旗を忍ばせているアイラ・・恐らく記念写真を頻繁にせがまれている事が伺え、一応作り笑顔はするもののかなりこわばった表情、お礼の小銭を渡し「英雄と一緒の写真だぞ!」とはしゃぐ家族が立ち去った後に、更に仲間にキツい冗談を飛ばされて、もう絶望というか空虚感が漂う苦悩の表情で一度星条旗を見つめて”だらん”と手をおろす。フェードアウト。
胸から上のショットなのでやはり手の先までは画面には映りませんが、最初に出す時にすでにくしゃくしゃだった星条旗が 彼にとっては小銭稼ぎ以外にはもう何の意味も持たない事を示してましたよね~
その”だらん”と”くしゃくしゃ”だけで、彼が星条旗に敬意を払ってない様子、祖国であるはずのアメリカへの絶望を表現したのだと私は感じました。

Posted by: マダムS | November 10, 2006 at 09:02 AM

再見してのコメント、ありがとうございます。

そうでした。私もディテールまで思い出せずに書きましたが、その通りだったと思います。「だらん」と「くしゃくしゃ」の描写があれば、星条旗をどうしたかを描かなくてもイーストウッドのメッセージは伝わりますね。

軍曹がぼっとライターに火を灯して呆然と見つめるショットもそうでしたが、こういうさりげないショットにこそ映画のリアリティがありますよね。

Posted by: | November 10, 2006 at 11:45 AM

こんばんは、『明日へのチケット』の記事とあわせて、
『硫黄島からの手紙』の記事も一般公開が待ちきれずに拝見しました。
見方は人それぞれ違うはずですが、『父親たち~』と同レベルの作品を
期待するのはあまり良くないようですね。
私も『硫黄島~』の脚本はポール・ハギスでない点がかなり引っかかっていました。
『父親たち~』の一筋縄ではいかない脚本と同レベルのものを
期待するのも少し無理があるのですが。

何となくなのですが、『父親たち~』と『硫黄島~』の間に、
ケン・ローチの『麦の穂をゆらす風』をはさむと収まりがいいように思えてきました。
『麦の穂~』は『硫黄島~』と同じく「敵国」側の視点から描いた作品なのですが、
作品にかける思いはイーストウッドに負けず劣らずのものだったと思います。

Posted by: 丞相 | November 18, 2006 at 11:13 PM

私も『硫黄島からの手紙』をかなり悪い環境の試写で見たので、もう一度、劇場で見てみるつもりです。ただ、脚本の差は歴然とあると思いました。

なるほど、『麦の穂をゆらす風』ですか。イギリスでは敵側の視点で描いたということで批判する声もあるようですね。明日、見に行くつもりです。

Posted by: | November 19, 2006 at 10:43 AM

TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきます。
アイラ・ヘイズが手に持っていた小さな星条旗の行方、知りたくなりました。
「硫黄島~」も見に行こうと思ってます。
イーストウッドが日本軍をどう描いたのか、興味津々。

Posted by: bossa | November 27, 2006 at 04:56 PM

『硫黄島~』の感想は新しいエントリで書きましたが、元パン屋の兵士(二宮和也が抜群にいい)が『父親たち~』のアイラ・ヘイズに対応したキャラクターに設定されています。

彼の目に映るラストシーンが印象的でした。ぜひご覧になってください。さすがイーストウッドです。

Posted by: | November 28, 2006 at 10:16 PM

先週末に二度目を鑑賞してきました。
すでに書かれている方がいらっしゃったので割愛しますが、アイラが握りしめた星条旗が意味するところが、一度目よりも身にしみました。

「硫黄島~」に関してはこれからですのでまだ読ませていただいておりません。
にもかかわらず、本日書店で立ち読みした「新潮」における中原昌也氏の新連載をうっかり読んでしまいました…
ともあれ、鑑賞後にまたコメントさせていただきます。

Posted by: [M] | December 08, 2006 at 07:25 PM

私ももう一度『硫黄島』を見に行こうと思っています。

一昨日、TVで『ミリオンダラー・ベイビー』をやっていたのでつい見てしまったのですが、闇を闇として撮るトム・スターンの画面は何度見ても素晴らしいですね。この2部作も、彼のカメラの力によるところが大きいと改めて感じました。

Posted by: | December 09, 2006 at 02:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/12512863

Listed below are links to weblogs that reference 『父親たちの星条旗』の捨てられた星条旗:

» 「父親たちの星条旗」 Flags of Our Fathers [俺の明日はどっちだ]
残酷なまでにリアルでスケール感のある戦闘シーンがたびたび描かれながら、そこから伝わってくるのはとても静かでクールにすら感じられる問いかけ。「戦争とは」「英雄とは」そして「誰のために戦い、死ぬのか」。 太平洋戦争における最も象徴的な写真のひとつとして知られる「硫黄島の星条旗」にまつわる実話の映画化であるこの作品、ここには戦争映画にありがちの声高な主張もヒステリックなメッセージも一切見受けられない。 あ�... [Read More]

Tracked on November 04, 2006 at 02:00 AM

» 『父親たちの星条旗』~東京国際映画祭で [Brilliant Days ]
今年も東京国際映画祭が始まりました!(10/21~28) オープニング作品はクリント・イーストウッド監督 ”硫黄島2部作”のうちの一つ 『父親たちの星条旗』 急遽来日した原作者のジェイムス・ブラッドリー、俳優のアダム・ビーチ、ジェシー・ブラッドフォード3氏の嬉しい舞..... [Read More]

Tracked on November 04, 2006 at 08:11 AM

» 父親たちの星条旗 [Akira's VOICE]
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。 [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 10:39 AM

» 「父親たちの星条旗」は言っている。 [やまたくの音吐朗々Diary]
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミスティック・... [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 11:02 AM

» 温度差がすごい 「父親たちの星条旗」 [平気の平左]
評価:85点 [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 11:56 AM

» 父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers [我想一個人映画美的女人blog]
クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本! と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。 +スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/} ということで、意識してなくてもちょっと期待しちゃっていたかもしれない。      イーストウッド、1971年に初監督した『恐怖のメロディ』から、 これで27本目!となる監督作品{/face_sup/}... [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 12:36 PM

» 父親たちの星条旗 [ネタバレ映画館]
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。 [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 09:09 PM

» 父親たちの星条旗(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド) [CINEMANIAX!]
【新宿ミラノ座】 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗を掲げる6名の兵士、マイク、フランクリン、ハンク、レイニー、アイラ、ドクは一躍アメリカの英雄となるのだった。しかし、その後祖国に帰還したのはドク(ライアン・フィリップ)、アイラ(アダム・ビーチ)、レイニー(ジェシー・ブラッドフォード... [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 09:16 PM

» 「父親たちの星条旗」見てきました [よしなしごと]
 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。 [Read More]

Tracked on November 07, 2006 at 03:18 AM

» ★「父親たちの星条旗」 [ひらりん的映画ブログ]
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。 [Read More]

Tracked on November 07, 2006 at 10:45 AM

» ■父親たちの星条旗/硫黄島からの手紙 [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
■Flags of Our Fathers 父親たちの星条旗 ▲ ▲ この映画について、また戦場となった当時の硫黄島に関する詳細は既に公式サイトでふんだんに記載されているので映画館鑑賞後にじっくり読まれることをお薦めしたい。何故、あの時米軍が躍起になったのか、... [Read More]

Tracked on November 08, 2006 at 01:11 PM

» 父親たちの星条旗 [悠雅的生活]
戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ [Read More]

Tracked on November 09, 2006 at 08:08 PM

» 映画「父親たちの星条旗」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。硫黄島の...... [Read More]

Tracked on November 10, 2006 at 08:25 AM

» 「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておくほうがいいだろう。... [Read More]

Tracked on November 15, 2006 at 04:58 PM

» 嵐・二宮くん世界制覇に向けての●●● [芸能界最近注目の●●●]
米俳優のクリント・イーストウッドがメガホンを取った「硫黄島からの手紙」(12月9日公開)に日本兵役でハリウッドデビューした「嵐」の二宮和也くん [Read More]

Tracked on November 17, 2006 at 04:35 PM

» 「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る [はらやんの映画徒然草]
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい [Read More]

Tracked on November 17, 2006 at 09:11 PM

» 『父親たちの星条旗』〜名無しの英雄〜 [Swing des Spoutniks]
『父親たちの星条旗』公式サイト 監督:クリント・イーストウッド出演:ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチほか 【あらすじ】(goo映画より)ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人が、長い人生に別れを告げ、最期の時を迎えようと....... [Read More]

Tracked on November 18, 2006 at 11:04 PM

» 「父親たちの星条旗」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も湧き出す火山島で、硫黄島と呼ばれていた。 当時のアメリカ軍は連日マリアナ諸島から爆撃機を発進させ、日本本土への攻撃を行っていたのだが、その経路に在り日本の領土で在った硫黄島はアメリカ軍の襲撃を本土に�... [Read More]

Tracked on November 19, 2006 at 03:03 AM

» 父親たちの星条旗 (Flags Of Our Fathers) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・ハリー』でハリーについて語られる言葉だが、イーストウッドその人を顕実に物..... [Read More]

Tracked on November 21, 2006 at 02:09 PM

» 父親たちの星条旗 [CINEMA草紙]
☆1945年、硫黄島に上陸したアメリカ軍は、日本軍の激しい抵抗にあい、戦闘は予想 [Read More]

Tracked on November 27, 2006 at 04:34 PM

« 『百年恋歌』 「思い」が深まる瞬間 | Main | 『16ブロック』の濃縮 »