« 『楽日』の雨と足音 | Main | 『弓』の生々しい欲望 »

September 17, 2006

『マイアミ・バイス』のコン・リー

コン・リーももう40歳になったんだなあ。疾走するモーターボートの上で、風に乱れた髪がきりっとした表情の顔に戯れかかる。昔のふっくらした線が消え、肌には年相応のやつれが見えるけど、それでもなお魅力的な姿を見て、コン・リーは久しぶりに彼女を美しく撮ってくれる監督にめぐりあったと思った。

過去にコン・リーを美しく撮った監督は、まず言うまでもなく彼女を見いだし、スターにしたチャン・イーモウ。デビュー作『紅いコーリャン』から、私生活でも2人が別れる直前に撮られた『活きる』まで。惚れただけあって、コン・リーの魅力をすみずみまで知っている。特に1990年代前半の3本。コン・リーの美しさをあらゆる角度から耽美的な映像に仕上げた『紅夢』、ファム・ファタールふう美女の『上海ルージュ』、たくましく生きる母を演じた大河メロドラマの『活きる』が記憶に残る。

もうひとり、コン・リーを魅力的に撮った監督は同じ「第5世代」のチェン・カイコー。『さらば、わが愛 覇王別姫』も悪くないけど、同じくレスリー・チャンと競演した『花の影』が好きだな。素封家を継いだコン・リーがレスリー・チャンとの愛にのめりこんでいく、その狂気のような愛は絶品だった。

チャン・イーモウ、チェン・カイコーの作品を中心に、90年代、20代後半のコン・リーは匂うような美しさをスクリーンから発散させていた。ところが30代になったコン・リーは作品にも恵まれなかったし、女優としての華も失ったように思えた。たとえばウォン・カーウァイ映画のコン・リーは、陰のある高級娼婦を演じて、ちっともきれいに撮られていない。カーウァイはきっとマギー・チャンのほうが好みなんだろう。

そんなわけでここしばらく、コン・リーの映画には失望していたけど、『マイアミ・バイス』は久々に楽しめた。

かつての匂うような美しさはないし、英語のせりふ回しもうまくない。物語としても、コリン・ファレルと恋に陥るあたりがきちんと描写されていないので唐突に映る。いずれコリン・ファレルが裏切るのか、コン・リーが裏切るのか。そんなハードボイルドふうな展開を期待(?)していたけど、そうはならなくて、ややがっかり。それでも、2人のダンス・シーンでコン・リーの背中から肩に柔らかな光が当たっているのをカメラが舐めるショットにはぞくっとしたし、乱れ髪のコン・リーも素敵だ。

…などと、コン・リーのことばかり書いたけど、『マイアミ・バイス』は「夜の映画」とでも呼べそうなほど夜のシーンにあふれている。マイケル・マン監督の前作『コラテラル』は夜から朝までの映画だったから当然、夜のシーンばかりだったけど、この映画でも夜への偏愛は変わらずに続いている。

ふつう、映画の舞台としてのマイアミは明るい原色で撮影されることが多い。去年の『イン・ハー・シューズ』でも、前半のフィラデルフィアの落ち着いた中間色と対比させるように、後半のマイアミ(フロリダ)は抜けるように明るい原色で色彩設計されていた。

ところが、『マイアミ・バイス』ではそんな定型をくつがえすように、原色の世界はほとんど登場しない。海も青い海ではなく夜の海。コリン・ファレルとコン・リーを乗せた高速モーターボートが白波を立てて夜の海を突っ切っていくショットが見事だ。

ストーリーはお約束通りとはいえ、アクション・シーン、銃撃シーンも小気味いいリズム。僕は『コラテラル』までこの監督の映画にさほど感心したことはなかったけど、なかなかやります、マイケル・マン監督。

|

« 『楽日』の雨と足音 | Main | 『弓』の生々しい欲望 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/11929985

Listed below are links to weblogs that reference 『マイアミ・バイス』のコン・リー:

» マイアミ・バイス [Akira's VOICE]
男たちの命がけの行動に身震いして引き込まれる! [Read More]

Tracked on September 17, 2006 at 05:22 PM

» 『マイアミ・バイス』 [京の昼寝〜♪]
深く静かに潜入せよ。 ■監督・脚本 マイケル・マン■コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、コン・リー、ナオミ・ハリス、アンソニー・ヤーコヴィック、ジョン・オーティス□オフィシャルサイト  『マイアミ・バイス』 フロリダの楽園マイアミ。 太陽の光がふりそそぐリゾート地だが、米国で最も南米に近いことから、犯罪組織の密輸の中継地でもある危険地帯だ。マイアミ�... [Read More]

Tracked on September 17, 2006 at 10:33 PM

» 映画「マイアミ・バイス」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年47本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「インサイダー」「コラテラル」のマイケル・マン監督作品。セレブが集う楽園都市にして、中南米と北米を結ぶ密輸の中継地として国際犯罪組織も巣くう街マイアミを舞台に、危険な潜入捜査に当たる2人の刑事...... [Read More]

Tracked on September 18, 2006 at 01:09 AM

» ★「マイアミ・バイス」 [ひらりん的映画ブログ]
タイトルはひらりんでも知ってる、80年代の超有名なアメリカのアクション・ドラマ。 そのリメイクに、ジェイミー・フォックスとコリン・ファレルが主演とくりゃ・・・ 見るっきゃないでしょ。 [Read More]

Tracked on September 18, 2006 at 02:58 AM

» 映画「マイアミ・バイス」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「マイアミ・バイス」 80年代に人気を博した同名TVシリーズをマイケル・マンがリメイクしたアクション映画。 合衆国司法機関の極秘情報が麻薬密輸組織に漏洩する事態が発生し、マイアミ警察特捜課(マイアミ・バイス)のソニー(コリン・ファレル)とリカルド(ジェイミー・フォックス)が組織に潜入する事になる。 おとり捜査のスリルに加え、相手組織の重要人物イザベラ(コン・リー)とソニー... [Read More]

Tracked on September 18, 2006 at 08:45 PM

» 「マイアミ・バイス」  Miami Vice [俺の明日はどっちだ]
冒頭、クレジットもなくいきなり Linkin Park & Jay-Z -の“ Numb-Encore ”が流れる中繰り広げられるクラブでの緊張感溢れる捜査シーンからFBIの潜入捜査官が麻薬組織にリアル過ぎるほどリアルに撃ち殺されるシーンまでの手際よく、かつスタイリッシュな演出にすっかり魅せられてしまった。 とにかくこの映画には、昔テレビで時折見ていたマイアミの明るさはどこにもなく(当然のことながら夜のシーンの多い... [Read More]

Tracked on September 19, 2006 at 01:20 AM

» マイアミ・バイス−(映画:2006年117本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:マイケル・マン 出演:コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、コン・リー、ナオミ・ハリス、エリザベス・ロドリゲス 評価:68点 公式サイト (ネタバレあります) 観る前の予想を大きく裏切るウェットな展開。 乾いたマイアミの青....... [Read More]

Tracked on September 23, 2006 at 09:01 PM

» 「マイアミ・バイス」 [不良中年・天国と地獄]
9月4日(月)新宿プラザ劇場にて80年代、テレビで放送され、人気を博した刑事ドラマ「マイアミ・バイス」シリーズの映画化です。監督は同シリーズの制作・総指揮を執ったマイケル・マン。主演はコリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、コン・リー、ナオミ・ハリス...... [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 02:03 PM

» 「マイアミ・バイス」マイアミとは思えないダークな仕上がり [soramove]
「マイアミ・バイス」★★★☆ コリン・ファレル、ジェィミー・フォックス、コン・リー主演 マイケル・マン 監督、2006年アメリカ マイアミ警察特捜課の刑事コンビが、 犯罪組織への囮捜査を志願し、 きわどい綱渡りをしながら 黒幕へと迫っていく。 ...... [Read More]

Tracked on October 01, 2006 at 08:33 PM

» マイアミ・バイス [ちわわぱらだいす]
先週、瑠璃さんと見てきました。 普通の映画でした? かっこよかったのはオープンカーですね#63889; あ~あんな車が欲しい#63679; コン・リーの評価は二つに分かれてるみたいだけど。 私は好きかもです~#63899; 内容はコン・リーばっかり見てたので・・・..... [Read More]

Tracked on October 03, 2006 at 12:59 AM

« 『楽日』の雨と足音 | Main | 『弓』の生々しい欲望 »