« 軒先の黒猫 | Main | 『ローズ・イン・タイドランド』のミイラ »

August 22, 2006

『トランスアメリカ』とロード・ムーヴィー

ロード・ムーヴィーがジャンルとして意識されるようになったのはいつごろからだったろう。ちゃんと調べもせず記憶だけで言えば、ヴェンダースの『さすらい』3部作あたりからだろうか。

もちろんそれ以前に『イージーライダー』があり『ヴァニシング・ポイント』があるわけだけど、当時はロード・ムーヴィーというよりアメリカン・ニューシネマというくくりで語られることが多かった。でも今となってみれば、ヴェンダースがアメリカ映画から多くの刺激と啓示を受けたのを自らの作品で語っているわけだから、やはり『イージーライダー』を起点とするのがいいかもしれない。

ロード・ムーヴィーを「旅もの」と解すれば、過去にも「珍道中」をはじめとしてハリウッドには古くからこのジャンルの映画はあった。でも、単に「旅もの」ではなく、旅にともなう精神的なもの、内面の価値観にかかわる映画として解すれば、そのルーツはケルアックの小説『路上にて』に代表されるビートニクに発している。

『イージーライダー』を生みだしたヒッピー・ムーヴメントの背後には明らかにビートニクの精神があるから、その意味でも『イージーライダー』をロード・ムーヴィーの起点にするのがいいんだろう。

そう考えるとき、アメリカのロード・ムーヴィーの主人公が大陸横断(トランスアメリカ)するとき、単に西から東へ、北から南へ地理的な移動をしているだけでなく、異なる価値観のあいだを旅しながら自らの価値観を変貌させているといえるわけだ。地域・人種・階層・世代によって異なる価値観のあいだを緊張をはらみつつ移動するなかで、『イージーライダー』や『ヴァニシング・ポイント』の主人公たちは殺されていった。

なんてことを言いだしたら、いつまでたっても『トランスアメリカ』に行きつかない。話を一気にとばして、最近のロード・ムーヴィーと呼べるアメリカ映画では、かつてのように異なる価値観のあいだで登場人物が対立するといった社会的構図より、もっと個人的な家族の問題が素材にされることが多いように思う。

1960~70年代のカウンター・カルチャーの時代が終わった後、アメリカ社会が抱える矛盾は階層や世代の社会的対立から、より小集団である家族へ内在化したことの反映かもしれない(無論、アフリカ系やヒスパニックの民族問題が解決したわけじゃないけど、アメリカ産ロード・ムーヴィーはもともと白人中産階級の豊かさを前提にした映画だからね)。

ロード・ムーヴィーの名作をつくってきた監督たちの最近作、ジャームッシュの『ブロークン・フラワーズ』も、ヴェンダースの『アメリカ、家族のいる風景』も、少し前になるけど『アバウト・シュミット』も、いったんはばらばらになった親と子、夫と妻といった家族が、旅のなかで再び新しい絆を見つけだそうとする映画だった。

『トランスアメリカ』も、最近のロード・ムーヴィーのそうした流れを忠実に受け継いでいる。この映画の面白いところは、そこにもうひとつ性同一性障害(トランス・セクシュアル)を絡ませたこと。これが長編第1作のダンカン・タッカー監督(脚本)は、旅+家族+トランス・セクシュアルというアイディアを得たとき、これだと思ったにちがいない(監督のインタビューを読むとトランス・セクシュアルの友人からヒントを得たというから、実際の順序はトランス・セクシュアル+家族+旅だったろう)。

男から女への性転換手術を目前にしたブリー(フェリシティ・ホフマン)の前に、息子だというトビー(ケヴィン・ゼガーズ)が現れる。LAに住むブリーはNYで拘留されたトビーを迎えにいくが、女性として生きている彼は父親だと名乗ることができない。名乗れないままに、ブリーは父と暮らすのが夢と語るトビーとともに大陸横断してLAに向かう。

中西部の小さな町々を通過し、ニューメキシコのブリーの実家を経てLAを目指す2人の旅は、予想どおり色んな出来事に見舞われる。ブリーは先住民系の男にほのかな恋心を抱かれ、実家では母親の激しい拒絶に出会う。金がなくなるとトビーは体を売る。ブリーを父親と知らないトビーは、彼(彼女)に心を寄せるようになる。定石といえば定石通りの展開。

最後の心温まるエンディングまで、脚本も演出も、ヒューマン・ドラマをとても上手に見せてくれるのだが、そこが不満といえば不満。このエントリーは映画を見て1週間後に書いているけど、印象に残ったシーンやショットを捜そうとしてもなかなか出てこない。

熱くならない適度な距離感、優しい眼差し、ユーモア、この映画の感触は『アバウト・シュミット』のアレキサンダー・ペイン監督の映画から受けるそれと似ているけれど、ペインが時に見せるドタバタふうな逸脱、過剰さ、かいまみせる鋭い棘のようなものがなく、すべてがバランスよく収まっている。そのことが、時間が経つほどにじわっと染みこんでくるペインの『サイドウェイ』などとは逆に、時間が経つほどに印象が薄くなってくる理由かもしれない。

トランス・セクシュアルを演ずるフェリシティ・ホフマンが見事。まったく予備知識なしで見たので、最初、男優なのか女優なのかよく分からなかった。男優が(体を見せる部分は特殊メークか吹き替えで)自分を女だと思う男を演技しているのか、女優が自分は女だと思う男を演技しているのか。低い声は男優が声をつくっているようだし、ラスト近く、バスタブのヌード・シーンではっきりするまで確信をもてなかったほど。怪演といってはなんだけど、後で素顔を見るとなかなかの美女。根性あるね。

お久しぶりバート・ヤングもいつもながら。

|

« 軒先の黒猫 | Main | 『ローズ・イン・タイドランド』のミイラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/11554762

Listed below are links to weblogs that reference 『トランスアメリカ』とロード・ムーヴィー:

» 『トランスアメリカ』 [ラムの大通り]
----これって、主演のフェリシティ・ハフマンが オスカーにノミネートされた話題作だよね。 「うん。ゴールデングローブ賞のドラマ部門で受賞しただけに 一部では本命視されてもいた」 ----確か、ちょっと変わった役柄だった気が…。 「そうだね。性同一性障害の男性の役。 以前、ヒラリー・スワンクもこの障害を持つ女性を演じてオスカーを獲得。 でも今回は女性ではなく男性。 つまりハフマンは自分は女優でありながら、 その役として、 自... [Read More]

Tracked on August 22, 2006 at 06:30 PM

» トランスアメリカ [シャーロットの涙]
LAで男性である事に違和感を持ち、今は女性として生きるブリー。肉体的にも女性になる為最後の手術を前にその費用を捻出する為につつましく生活している。 そんな彼女にNYの拘置所から電話が入る。 トビーという父親を探している少年。彼こそ、ブリーがただ一度男性として女性と関係をもった時にできた息子だった。 そういう過去に目をつぶるブリーであったが、セラピストの説得で過去の清算をする為に息子を保釈させる… まず、ゲイとトラン�... [Read More]

Tracked on August 22, 2006 at 08:24 PM

» トランスアメリカ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
男性であることに違和感を持っているブリーは、LAでウェイトレスをして慎ましく暮らしながら、肉体的にも完全に女性になるための手術を控えています。そこに、突然、父親を捜しているトビーという少年が現れます。トビーがブリーに伝えた父親の名は、かつてブリーが男性として生き... [Read More]

Tracked on August 22, 2006 at 10:10 PM

» 意外と自分を見つめる旅 「トランスアメリカ」 [平気の平左]
評価:70点 トランスアメリカ 久しぶりに映画の感想。 感想書こうと思ったら、文体が安定しなかったりして自分でビックリ。 コンスタントに書かないとダメですね。 ちょいネタバレあり 性転換手術を目前に控えた中年のおっさんおばちゃんに、息子がいることが判明、自分が父親&男であることを隠して、アメリカを横断するというロードムービー。 性的なものがメインかと思いきや、結構、自分を見つめる旅的なロードムービー�... [Read More]

Tracked on August 23, 2006 at 01:28 AM

» 『トランスアメリカ』 [Brilliant Days ]
久々に新作映画の劇場鑑賞です♪ 『トランスアメリカ』 2005年 アメリカ 監督・脚本:ダンカン・タッカー 出演:フェリシティ・ハフマン/ケヴィン・ゼガーズ/フィオヌラ・フラナガン/バート・ヤング/キャリー・プレストン /エリザベス・ベーニャ/グレアム・グリーン 200..... [Read More]

Tracked on August 24, 2006 at 10:27 AM

» 『トランスアメリカ』 [京の昼寝〜♪]
スカートの中に何があるかより もっと大事なこと。 ■監督・脚本 ダンカン・タッカー■キャスト フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、キャリー・プレストン、グレアム・グリーン、バート・ヤング □オフィシャルサイト  『トランスアメリカ』 ごく普通の女性として、ロサンゼルスでつつましく生活をしているブリー(フェリシ... [Read More]

Tracked on September 03, 2006 at 09:03 AM

» 「トランスアメリカ」 TRANSAMERICA [俺の明日はどっちだ]
なんてやさしい映画なんだろう。 「ブロークン・フラワーズ」然り、「アメリカ、家族のいる風景」然り、若干違うけれど「家の鍵」然りと、最近何故か予期せぬ息子の出現から始まる父親と息子の成長物語という映画が数多く公開され、まるでひとつのジャンルを形成するような勢い。 しかもその何れの映画も『ロードムービー』のスタイルで物語が進行しているのも興味深い。 そうした中、今回この映画もまたそうしたシチューション... [Read More]

Tracked on September 17, 2006 at 03:33 PM

« 軒先の黒猫 | Main | 『ローズ・イン・タイドランド』のミイラ »