« 若冲を見たか? | Main | 軒先の黒猫 »

August 12, 2006

『レイヤー・ケーキ』の階層

冒頭で、麻薬密売人のXXXX(ダニエル・クレイグ)がロンドンの典型的な労働者階級の赤レンガ住宅に入っていく。仕入れた麻薬の作業場。彼は「末端のユーザーは避けろ。必ず問題が起こる」なんてつぶやくから、麻薬を仕入れ、売人のギャングに卸す仲買人なのだろう。

XXXXはボスに呼ばれて彼の邸宅へ赴く。郊外の広大な緑の敷地に建てられた、かつては貴族が住んでいただろうシャトー。赤レンガ住宅とシャトー、2つの建物のショットで『レイヤー(階層)・ケーキ』というタイトルの意味が示される。

普通の映画なら、最下層のレイヤー(ちんぴら)から最上級のレイヤー(ボス)へと登ってゆく野心に満ちた男が主人公になる。でもXXXXはそんな野心にあふれた男ではなく、自分を「ギャングじゃない、ビジネスマンだ」と呼ぶ。

そんなクールな男が、「好調なうちに引退しろ」という金言に従って引退しようとするのだが、ボスに命じられた最後の2つの仕事をこなすうち、そこに仕掛けられた罠にはまって……。レイヤーから降りようとした男が、気がつけばレイヤーを駆けのぼり、そこからさらに反転する結末を迎える。

どんな危険や裏切りに直面しても、顔の筋ひとつ動かさないXXXXのクールさに対応しているのが、平面を強調した映像だ。

シネマスコープの映画は横長の画面に奥行きを感じさせるため、前景や中景を配して立体感と動きを持たせようとするのが普通だけど、ここでは意識的に前景や中景なしの平面的で静的な画面をつくり、カメラが平面的な映像に沿って平行移動するという、主人公の冷静沈着さに見合ったスタイルを取っている。冒頭の、ドラッグストアのモノクロとカラーが反転するしゃれたシーンからそれは始まる。

もっともそれがマシュー・ボーン監督のスタイルだというほどの強烈さはない。もともとヒット作のプロデューサーで、この映画で初めて監督をつとめるボーンは、なかなか粋な映像と音楽(60~70年代の懐かしいブリティッシュ・ロック)を次々に繰り出してくるけれど、あくまで部品の面白さで、惜しいことにそれらが1本の映画として結晶していない。

名だたる階級社会であるイギリスの表と裏のレイヤーについても、もっとイギリス映画らしい寸鉄人を刺す皮肉を期待したのだが。麻薬を国の産業としてつくっているセルビア人が悪役として登場するのもステロタイプ。いい素材、いい役者、いい音楽なんだけどね、惜しい。

|

« 若冲を見たか? | Main | 軒先の黒猫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/11388194

Listed below are links to weblogs that reference 『レイヤー・ケーキ』の階層:

» レイヤーケーキ [シャーロットの涙]
全ては終わらせる為に始まった・・・ なかなか上手いキャッチコピー。 結構自前のルールが正統派。 決して目立つな。欲張りすぎるな。正当に稼げ。供給者にちゃんと金を払え。計画を立て、それに従え。好調なうちに引退しろ。 裏社会の階層(レイヤー)をケーキに例えた「レイヤーケーキ」 トップはボス。土台はチンピラ・・・ また、ケーキというものは土台を作り、中にも具をたっぷり詰め、さあデコレーションして終�... [Read More]

Tracked on August 12, 2006 at 12:32 AM

» レイヤー・ケーキ/Layer Cake [我想一個人映画美的女人blog]
2004年公開のイギリス発、クライムムービー、やっと日本上陸{/ee_3/} 下半期1本目は今日が初日のこの映画☆ おそらくコレが、「007/カジノロワイヤル」で ジェームズボンドとなるキッカケとなったのであろう ダニエル・クレイグ主演{/heart_pink/} 同じイギリス人俳優で言うなら、ジュードロウには愛想が尽き、 このダニエルクレイグがワタシの中では最近急上昇{/up/} 新ボンドとして、ブーイングも起... [Read More]

Tracked on August 12, 2006 at 12:55 AM

» [ レイヤー・ケーキ ]どんな仕事も、上はハイリスク [アロハ坊主の日がな一日]
[ レイヤー・ケーキ ]@渋谷で鑑賞 [ ロック、ストックツー・スモーキング・バレルズ ] を思い出した。あの作品ほどの喜劇っぽさはないものの、 スタイリッシュさと裏社会をテーマにしたどんでん返し と卓越したストーリーテーリングぶりは負けていない。 とまで書いていたら、[ ロック、ストックツー・スモ ーキング・バレルズ ]のスタッフがこの作品のために、 再結集され、プロデューサーだったマシュー・ヴォーン がこの作品の監督を務めたとパンフレットに書かれてい ... [Read More]

Tracked on August 12, 2006 at 08:46 AM

» レイヤーケーキ [とにかく、映画好きなもので。]
       麻薬ディーラーとして、堅実に金を稼ぎ、着実に仕事をこなしてきた男XXXX(ダニエル・クレイグ)  そんな彼は、お金も貯まった事だし、ボスから頼まれた2つの依頼を最後に引退しようと決意する  その2つの依頼とは、裏社会の大御所エディの娘...... [Read More]

Tracked on August 15, 2006 at 08:44 PM

» 映画好きの映画好きによる映画好きのための... [映画好きの映画好きによる映画好きのための...]
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。感想も書き込んでいってね。 [Read More]

Tracked on August 16, 2006 at 03:48 AM

» レイヤー・ケーキ(2004) [萌映画]
マシュー・ヴォーン監督とダニエル・クレイグがともにブレイクしたイギリス映画「レイヤー・ケーキ」、東京ではユーロスペースでの上演だった。 よくいえばスタイリッシュ、悪くいえばわざとらしいカメラワークがなんつーか、不発っていう感じがするのだが、話は締まっていてなかなかオツであった。 …「レリック・ハンター」とかでパーになった頭がついていくのは少々しんどい込み入った話である。 > �... [Read More]

Tracked on August 20, 2006 at 06:39 PM

» レイヤー・ケーキ 2006-44 [観たよ〜ん〜]
「レイヤー・ケーキ」を観てきました〜♪ 麻薬ディーラーのXXXX(ダニエル・クレイグ)は、調子のイイ今こそ足を洗う時期だと考えていた。そんなXXXXにボスは、2つの仕事を押し付ける。そんな難しいとは思えない2つの仕事だったが・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、クールに引退できます〜♪... [Read More]

Tracked on August 21, 2006 at 09:18 PM

« 若冲を見たか? | Main | 軒先の黒猫 »