« 比叡山へ | Main | 浮き浮き気分 »

July 31, 2006

『M:i:Ⅲ』はいまいち興奮しなかった

『M:i:Ⅲ』はまずまず楽しめて2時間退屈はしなかったけど、すごい映画に出会ったときのワクワクドキドキはなかった。

僕の場合、このシリーズでそんなワクワクドキドキを味わったのはジョン・ウーが監督した2作目。むろんこれは、あくまで好みの問題。ブライアン・デ・パルマ監督の1作目がすごかったという人もいるし、いや、テレビ出身の新人、J.J.エイブラムスが監督したこの3作目がいいよ、という人もいるだろう。ジョン・ウーの「やりすぎ」でセンチメンタルな演出がうざったいという人だっているに違いない。

同じノンストップ・アクションなのに、このワクワクドキドキの差はどこから来るんだろう。2作目と3作目を僕なりに考えてみることにする。ちなみに1作目については、チームのメンバーが次々に殺されるあたりにパルマ監督らしいサスペンスはあっても、全体として絶好調時のパルマ作品に遠く及ばないという印象をもった。

ひとつは脚本の差。2作目は、イーサン・ハント(トム・クルーズ)が一目惚れするナイア(タンディ・ニュートン。魅力的)が悪役ショーン(ダグレイ・スコット)の愛人という、敵対する者同士の三角関係が生む葛藤がドラマ部分の軸になって、全体をおおうアクションに陰影と陰りを与えていた(見事な脚本は『チャイナタウン』のロバート・タウン)。

今回、イーサンには婚約者ジュリア(ミシェル・モナハン)がいる。ファースト・シーン。誘拐された婚約者(その時点では観客にはわからないが)の前で、イーサンがデイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)に銃をつきつけられ、殺されそうになる。この冒頭で映画の軸が提示される。愛する女性が捕らわれ、主人公が彼女を助けに危地ににおもむく、「姫、危うし」のパターン。

イーサンはジュリアにスパイである自分の正体を明かしていない。それがいつどんなかたちで明らかになるのか期待したけど、そこはごくあっさりと処理されていた。その場面で明らかになるイーサンとジュリアの葛藤に、2作目とちがって3作目はほとんど興味を示さない。

そのかわりに、イーサンとジュリアの婚約パーティをはじめ、幸せな2人のシーンが前半のそこここにインサートされる。その後、婚約者の誘拐の衝撃を高めるためだろうけど、どのシーンもお定まりの描写を出ない感じ。そもそも幸せなスパイなんてのはありえないんじゃないか。イーサンはスパイとしての裏の顔を婚約者に隠しおおせると思っていたんだろうか。でも3作目はそういう人間ドラマには目もくれず、ひたすら「姫、危うし」の定型を踏んでゆく。

いまひとつ2作目と3作目で違うのは演出力の差。世界中にロケ地を求め(3作目はベルリン、ローマ、ヴァージニア、上海)、イーサンと女性のからみを短くはさみながらノンストップ・アクションがつづくことは2作目も3作目も同じ。3作目のアクションは、テレビ出身の監督らしく2作目よりテンポがかなり早くなっている。手持ちカメラの不安定な映像も今ふう。

でも、ベルリンの襲撃シーンも、バチカンの拉致シーンも、海上道路でのカー・チェイスも、上海の高層ビルからの飛び降りも(これは1作目にも2作目にもあるトム・クルーズ得意のスタント)、どこかで見たという既視感がつきまとう。もちろんどれもアクション映画お定まりの設定で、それはそれでいいのだけど、お約束を見せながらなお観客を驚かせるショットに乏しい。

それに比べるとジョン・ウーの2作目は、お定まりのなかにも新鮮なショットに満ちていた。

冒頭、アンダルシア(だったか?)でイーサンとナイアがフラメンコ・ダンサーの踊りを間にはさんで目と目で出会うシーンから、スローモーションを駆使したジョン・ウー節全開。オートバイのチェイスも、イーサンと悪役の空中での剣士のような対決があり(三船敏郎と仲代達也みたい)、その瞬間、空中のオートバイを真下から見上げるショットは鮮やか。敵の要塞では、『男たちの挽歌』を思い出させるように鳩が飛び、炎のなかからイーサンが現れる(やりすぎ)。

おっ、おおっ、と見る者を驚かせるショットがつづく。「やりすぎ」とセンチメンタリズムもここまで徹底されれば、ジャンル映画の底を抜いて快感に変わる。これこそアクション映画の面白さなんだな。

いまひとつ3作目で期待ほどでなかったのは、悪役に今をときめくフィリップ・シーモア・ホフマンを起用したこと。ホフマンは『ブギー・ナイツ』やトム・クルーズと共演した『マグノリア』みたいな映画で生き生きすることからわかるように、外見ではなく内からじわじわにじみ出てくるもので役を演じるタイプ。でもこの映画は脚本も演出もそういうことに力を注がないから、悪役としてのホフマンの凄みがうまく出ていないように感じた。いい役者を生かしきれてない。

それにしても上海の高層ビル群はキッチュな建築が多いから、映像的には面白い。これから上海ロケが増えるかもしれないな。


|

« 比叡山へ | Main | 浮き浮き気分 »

Comments

こんにちは♪
TBありがとうございます!
個人的には「1」がすきなのですが、「2」と「3」の違いをいろいろ考察なさった記事、楽しく読ませていただきました。
好みって本当にいろいろなんだと改めて思いました。

Posted by: ミチ | August 01, 2006 at 10:43 PM

同じ映画でも見る条件(映画館、1人かカップルか、宿酔か元気か)でまたずいぶん変わりますよね。「3」を見たときはちょっと疲れていたので、そのせいで印象が弱かったのかもしれません。

Posted by: | August 02, 2006 at 01:16 PM

雄さん、こんにちは。

私は結構楽しんで鑑賞しましたが、雄さんの仰ることに重なる部分もあります。
今回の監督、良くも悪くもテレヴィの人という感じはしましたね。映画としての厚みはかなり薄っぺらかったかもしれません。私の場合は、その薄さを、トム・クルーズに免じて評価しようとしたのですが……

Posted by: [M] | August 03, 2006 at 05:08 PM

[M]さんの『M:i:Ⅲ』評はシーンやショットのディテールを踏まえて素晴らしいものですね。体調が悪かったのか、私はこの映画、どうにも乗れませんでした。でも、[M]さんご指摘の「脳内爆発」のシーンはすごかったですね。

Posted by: | August 04, 2006 at 12:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/11172229

Listed below are links to weblogs that reference 『M:i:Ⅲ』はいまいち興奮しなかった:

» 『M:i:3』 [京の昼寝〜♪]
2006年夏、最も不可能なミッションが始まる! ■監督・脚本 J.J.エイブラムズ■キャスト トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、ローレンス・フィッシュバーン、ケリー・ラッセル、フィリップ・シーモア・ホフマン、ビリー・クラダップ 、マギー・Q、ジョナサン・リス=マイヤーズ □オフィシャルサイト  『M:i:3』 イーサン・ハントをチーム・リーダーに、IMFの新た�... [Read More]

Tracked on August 01, 2006 at 07:28 PM

» M:I:III/Mission:Impossible III/M:I:3 [我想一個人映画美的女人blog]
トムクルーズが新たな不可能ミッションに挑むシリーズ最新作★ トムがどんなハリキリを見せてくれるのか、楽しみだった{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} ミッションインポッシブル3 次の土・日で先、先行もやるみたい。試写で観てきました{/heratss_blue/}{/heratss_blue/} 監督は 1作目 ブライアン・デ・パルマ、2作目 ジョン・ウー、 今回は「アルマゲドン」の脚本家で、 「L... [Read More]

Tracked on August 01, 2006 at 09:06 PM

» 映画「M:i:Ⅲ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「M:i:Ⅲ」 トム・クルーズ主演の人気シリーズ第三弾。 婚約披露パーティで幸せそうなイーサン・ハントのもとに指令がくる。いつどのような形で指令が来るかが観客にとっては最初のお楽しみ。そして導火線に火がつき、いつものテーマ曲が流れると、それだけでワクワクしてしまう。 イーサンが死ぬんだとか、涙を流すんだとかそういう前宣伝が流れていたし、ハリウッドでは興行成績がいまひとつという話も聞... [Read More]

Tracked on August 01, 2006 at 10:39 PM

» ★「M:i:III」 [ひらりん的映画ブログ]
06年6/24の先々行上映のナイトショウで観てきました。 0:20開始なのにほぼ満員。さすが、ひらりんと好みが一緒なトム。 それにしてもタイトル表記はもっと簡単にして欲しいね。 入力・検索が面倒だよーー。 [Read More]

Tracked on August 02, 2006 at 02:39 AM

» M:I:3 [シャーロットの涙]
スパイにもプライベートがあり、普通の人間としての生活がある。 久々に見た、ミッション・インポッシブル・・・人間臭い面を前面に出しながらも非日常を十分に堪能させてくれた。 こういう仕事に就く限り、プライベートな部分、自分を捨て去らなければならないだろうに。今回のイーサンは自分で自分の首をしめるような事をしてしまう。 仕事と家庭の両立。女じゃないから無理よね。笑 以前の2作の内容を例によってすっかり忘れて�... [Read More]

Tracked on August 02, 2006 at 11:44 PM

» ある日の会話〜『M:i:III』を観て [cinemabourg*]
原題:MISSION IMPOSSIBLE III 上映時間:126分 監督:J... [Read More]

Tracked on August 04, 2006 at 09:09 AM

» 「 M:i:III 」 Mission: Impossible Ⅲ [俺の明日はどっちだ]
映画は基本的に一人で観に行っているのだけど、こういった作品なら誰かと一緒のほうがより楽しいかと思い、友人を誘って鑑賞。 そしてその圧倒的な予算と物量を駆使した「チカラワザ」でたたみかけて見せるアクションの数々には、二人して「ありえな〜い」と言いつつ、娯楽映画として充分に堪能。 2000万円近くするランルギーニ・ガヤルドをあっさり爆破する小気味よさ。 上海の高層ビルでの上海雑技団みたいに超人�... [Read More]

Tracked on August 04, 2006 at 11:39 PM

» 期待はずれ〜「M:i:3」 [シネマつれづれ日記]
前評判も良かった、このシリーズ、全てレベルが高い、俄然、期待した。 しかし、観終わって、しばらく立ち直れなかった。 何故かって?いつ、「ミッション・インポッシブル」と一味違ったドラマが始まるのかとずっと期待したままあっけなく終わってしまったので。 当初は、映画初挑戦のJ・J・エイブラムスに監督が決まった事で、不安はあった。 しかし、雑誌などで見ると脚本が凝っているということで評判は良かった。 だから、期待したのではあるが・・・... [Read More]

Tracked on August 05, 2006 at 10:23 AM

» M:I:Ⅲ [めざせイイ女!]
トム・クルーズ主演のミッション インポシブル 第3弾「タイムリミット48時間この夏 最も不可能なミッションが・・・」オープニング いきなりイーサン・ハントと その... [Read More]

Tracked on August 07, 2006 at 10:03 AM

» M:I Ⅲ [PLANET OF THE BLUE]
夏の大作第①弾ですね。 さてさて、これが困ったもんなんですよ。 主演のあの人は妙な行動が目立ちますし^^; 監督・脚本 J.J.エイブラムス 製作・出演 トム・クルーズ 出演 ヴィング・レイムス  フィリップ・シーモエ・ホフマン  ジョナサン・リス=マイヤーズ          ミシェル・モナハン  マギー・Q  ローレンス・フィッシュバーン ストーリー    スパイを引退し教官となったイーサン。婚約もし、静かで幸せな日々を送っていた。    が、しかし、... [Read More]

Tracked on August 27, 2006 at 02:09 AM

« 比叡山へ | Main | 浮き浮き気分 »