« トラックバック・スパム | Main | 結城紬の館 »

June 02, 2006

『ブロークン・フラワーズ』の曇天

『ブロークン・フラワーズ』を見ていちばん記憶に残ったのは、われながら意外なことに曇天の空だったんですね。

オープニング。離陸した航空機が灰色の空にまぎれ、溶け込むように上昇してゆく。そのシーンを見て、なぜ青空ではなくあえてこんな空を選んだんだろうと思ったら、この映画の光が気になった。そこから、ラスト近く、かつての恋人が暮らすあばら家の脇に咲いているピンクの花と、庭に捨てられたピンクのタイプライターを写すショットまで、重要な場面では必ずと言っていいほど太陽は出ていず、灰色の雲が空をおおっている。

ビル・マーレイが車を運転するショットで何度か陽が差しているけれど、これは多分、ロケのスケジュールの都合でそうせざるをえなかったので、マーレイが車を降り、かつての恋人たちのドアの前に立つとき、空は必ずどんよりと曇っている。これは意図的にそうしているのだとしか考えられない。

冒頭、名を名乗らないかつての恋人から、ピンク色をした封筒の手紙がマーレイに届く。その手紙は、彼と別れたあとマーレイの子供を産んだこと、その子が父親を捜しに旅に出たことを告げる。かつてはプレイボーイだったらしいマーレイは、隣人であるアフリカ系の善意の、でもおせっかいな男にそそのかされて、過去の女性たちを訪ねる旅に出る。彼女たちの家を探し当ててドアを叩くとき、手にはピンクのバラの花束を抱えている。

この映画の色彩の核になっているのはピンク色。手紙やバラやタイプライターだけでなく、恋人のひとり、シャロン・ストーンが着ているのはピンクのバスローブだし、ピンクのブーツも出てくる。旅を終えてマーレイが家に戻ると、居間の花瓶に生けられていた薄いピンクのバラは萎れている。

それらのピンクは色鮮やかなショッキング・ピンクではなく、どちらかといえばくすんだピンク。かつての色事師マーレイは、事業には成功したものの年老いて、同居していた女にも逃げられ、郊外の立派な家にジャージー姿でぽつねんと座っている。そんな男に、かつてのラブ・アフェアの名残りが届けられる。だからこそピンクはピンクでもくすんでいて、その背景には抜けるような青空ではなく曇天の灰色こそがよく似合う。ピンクと灰色がこの映画の気分をよく表しているんだと思う。

色だけでなく、音も映画の重要な鍵。『ストレンジャー・ザン・パラダイス』とジョン・ルーリーの音楽が切り離せなかったように、ムストゥ・アスタトゥケというエチオピア出身のミュージシャンの音楽が、この映画のオフ・ビートな感覚をつくりだしている。アラブ歌謡のようでもあり、古いロックンロールのようでもある気だるいリズムとメロディーが、マーレイの困りはてた顔の背後に流れはじめると、言いようのないおかしみと哀しみが画面に立ちこめる。

『ブロークン・フラワーズ』はロードムーヴィーには違いないけれど、マーレイはその主役にふさわしくない。

ロードムーヴィーの登場人物たちはみな定住を嫌い、自ら望んで移動のなかに身を置く。移動のなかの出会いによって、自分の変貌を待ち望む。

でもマーレイは成功者として郊外の邸宅(というほどのものではないが)に住んでいる。隣人が旅の計画を立て、隣人に半ば強要されて旅に出る(そもそも差出人不明のピンクの手紙も、マーレイの精神の危機を察した隣人の計画なのかもしれない)。そしてマーレイが旅で出会うのも未知のなにものかではなく、過去の色っぽい亡霊のようなものだ(シャロン・ストーンとはいいことあったけど)。いわば過去への強いられたロードムーヴィー。

かといって過去の謎が解決するわけではない。自分に子供はいたのか? 親は誰なのか? 旅が終わっても何もわからない。マーレイが息子と信じ込んだ若い男に言うように、過去は起こってしまった、未来はまだこない、だから大切なのは現在だ。ところがマーレイの現在は旅の前も後も変わらず、女の去った郊外の家のソファーにジャージー姿で座り込むしかない。

マーレイの困り果てた顔は、その宙づりにされた現在を絶妙に示していた。マーレイと同じように中年から老年に足を踏みいれつつある僕にも(彼のようなプレイボーイではなかったけど)、その気分がよく分かる。

|

« トラックバック・スパム | Main | 結城紬の館 »

Comments

>ロードムーヴィーの登場人物たちはみな定住を嫌い、自ら望んで移動のなかに身を置く。移動のなかの出会いによって、自分の変貌を待ち望む。

>過去への強いられたロードムーヴィー。

なるほどと思いました。
ブログはこういうときとてもやめになります。
TBありがとうございました。

Posted by: えい | June 02, 2006 at 01:07 AM

えいさんのブログはいつも楽しみにしています。

空港ロビーやバスの中の女性と、マーレイの目の演技から「心のざわめき」を指摘するところなど、いいところに目をつけてらっしゃるなあと感心しました。

Posted by: | June 03, 2006 at 12:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/10346366

Listed below are links to weblogs that reference 『ブロークン・フラワーズ』の曇天 :

» 『ブロークン・フラワーズ』 [京の昼寝〜♪]
■監督・脚本 ジム・ジャームッシュ■キャスト ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ティルダ・ウィンストン、フランセス・コンロイ、ジュリー・デルピー□オフィシャルサイト  『ブロークン・フラワーズ』   注)オフィシャルサイトは妙に重いので時間に余裕のある方のみどうぞ(笑) 恋人に愛想を尽かされ去られてしまったドン・ジョンストン(ビル・... [Read More]

Tracked on June 02, 2006 at 12:40 AM

» 『ブロークン・フラワーズ』 [ラムの大通り]
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----ジム・ジャームッシュ、久しぶりの長編だね。 確かこの監督とはあまり相性がよくなかったのでは? 「うん。いわゆるオフビートな映画と言うのがぼくは苦手でね。 彼が出てきたあたりから“抑制された演出”なんて言葉が 幅を利かせてきた気がする。 でも相変わらず彼の人気は凄まじく、あっという間に満席。 実は2度... [Read More]

Tracked on June 02, 2006 at 01:04 AM

» ブロークン・フラワーズ/BROKEN FLOWERS [我想一個人映画美的女人blog]
2005年カンヌ国際映画祭グランプリ獲得! というと期待しちゃうけど、 ジョニーデップの「デッドマン」はじめ、今まで苦手なのが多かった ジム・ジャームッシュ監督の、長編としては6年振りの新作 というのもあって、超・満員のマスコミ試写室。。。 5月公開を前に、ひと足早く観てきました〜{/shootingstar/} official siteトレーラーあり この白髪頭がトレードマーク。ジム・ジャームッシュ 最近、「�... [Read More]

Tracked on June 02, 2006 at 10:35 AM

» 沁み入るおかしみ「ブロークン・フラワーズ」 [That's the Way Life Goes]
[:映画:] 「ブロークン・フラワーズ」 公開初日。 2回目の上映で、客の入りは7割くらいか。初回でなく2回目にしたのは席を事前に確保しておきたかったからで、その中で一番早く観れる回にしたのだ。 それぐらい待望の映画。 期待にそぐわぬ可笑しさ満載。  ドン(ビル・マーレイ)のところに届いたピンクの封筒。 それは20年前に自分の子を宿したという女性から、実は自分の息子を産んでいたという衝撃の告白の手紙だった。 世話焼きの隣人・ウィンストンの手配で、ドンは息子の母親探しの旅に出ることに…。 ... [Read More]

Tracked on June 02, 2006 at 11:53 AM

» ブロークンフラワーズ [PLANET OF THE BLUE]
これ、ほとんど1ヶ月前に見たんですが・・・。^^; 今更ながら書かせていただきます。 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ ジェフリー・ライト シャロン・ストーン フランセス・コンロイ     ジェシカ・ラング ティルダ・スウィントン ジュリー・デルビー ストーリーは・・・。    事業で成功した主人公ドン、独身。    彼の元に1通のピンクの封筒の手紙が届く。    "19歳になるあなたの息子がいる。"    というような内容だった。    送ってきた... [Read More]

Tracked on June 02, 2006 at 04:38 PM

» 映画「ブロークン・フラワーズ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Broken Flowers この映画、またまたビル・マーレイが、ロスト・イン・トランスレーションしてるよね。あのポーカーフェイスのまんまで、哀愁に満ちた時が過ぎる・・。 差出人不明のピンクの手紙に綴られた、まだ知らぬ19歳の息子の存在、そこから過去... [Read More]

Tracked on June 28, 2006 at 01:59 AM

« トラックバック・スパム | Main | 結城紬の館 »