« 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶』の肖像 | Main | 水族館で »

June 27, 2006

『インサイド・マン』とジャンル映画

今ではスパイク・リーをことさらにアフリカ系監督と呼ぶ必要はないのかもしれない。

デビュー作の『ジョーズ・バーバーズ・ショップ』から『ドゥ・ザ・ライト・シング』を経て『マルコムX』あたりまで、アフリカ系ならではのテーマを取り上げ、政治的だったり道徳的だったりする強いメッセージをもった映画を撮っていた。だからハリウッドで唯一ブラック・ムービーと呼べるジャンルの映画をつくっている監督といったポジションにあったように思う。

僕もちゃんと見ているわけではないけど、そんなテイストは徐々に薄くなって、最近の彼の映画は例えばデンゼル・ワシントンが主演していてもアフリカ系監督の映画だと意識して見る必要のないような作品になっていると思う。『サマー・オブ・サム』なんかは、主要な登場人物にアフリカ系が出てこない、ブルックリンのイタリア系コミュニティーの話だった。無論、マイノリティーとしての少数派の視点はちゃんと保っているけれど。

そういう、普通のメジャーなハリウッド映画に声がかかるようになったのは、やっぱりスパイク・リーの腕が確かだからだろう。オーソドックスな演出。饒舌なおしゃべりと皮肉とジョークに込められたメッセージ。ブルックリンへの偏愛。スパイク・リーの映画はいつも、エンタテインメントとアフリカ系のこだわりがほどよくバランスされている。

『インサイド・マン』もそんな系列に属する映画だった。

アフリカ系監督としてのこだわりは、何よりニューヨークのエスニックな多彩さをうまく映画に取り込んでいることに表れている。冒頭からアラブ系のヒップホップが流れる(テレンス・ブランチャードの音楽は、他にオーケストラのいかにも映画音楽風な弦楽と、ベースを中心としたジャズ。テレンスのトランペットは聞けなかった)。これは銀行強盗の犯人が外国なまりを装ってアラブあるいは東欧系だと警察側に思いこませるのに対応してるのだけど、観客自身をも錯覚させることになる。

登場人物も多彩で、エスニック・ジョークもいっぱい。ターバン(イスラムを連想させる)を巻いた人質の老人がメッセージを持たされて解放されるが、犯人の一味と間違われそうになる。犯人は目くらましにアルバニアのホッジャ元大統領の演説を流すのだが、盗聴した警察はあわててアルバニア語が分かる市民を捜し、現れたタクシー運転手の女房が警察を手玉に取って笑わせる(「アルバニアもアルメニアも分からない」なんてセリフもある)。

狙われた銀行のオーナーが、過去にナチスやユダヤの富豪と関係をもっていたことが、何を狙っているのかはっきりしない強盗の目的とからんでいるらしいことが明らかになってくる。

多彩なのはエスニシティばかりじゃなく、映画そのものがいろんなジャンル映画のミックス。人質を取った犯人と包囲する警察の、発生から「解決」へと至るプロセスはアクション映画の定番(でも、ドンパチはないのでカタストロフィーには欠ける)。人質に犯人と同じジャンプ・スーツを着せて人質と犯人の区別をつかなくさせたり、にやりとさせる銀行からの脱出、ラストのオチ、そして人を一人も殺さないあたりは、『トプカピ』やなんかのトリック・面白系犯罪映画の味。そしてスパイク・リーらしい社会派映画でもあり、映画オタク出身らしい映画ネタも満載。

デンゼル・ワシントンが、ちょび髭を生やし下ネタ・ジョークを飛ばす刑事役をいつもと違った雰囲気で、ジョディ・フォスターがセレブ専門の鼻持ちならないWASPの弁護士役を、クライヴ・オーウェンが凶悪を装った頭脳犯の犯人役を、それぞれ楽しそうに演じている。

|

« 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶』の肖像 | Main | 水族館で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/10660014

Listed below are links to weblogs that reference 『インサイド・マン』とジャンル映画:

» インサイド・マン (2006) INSIDE MAN [極私的映画論+α]
 狡猾な男ダルトン率いる4人の銀行強盗グループが、白昼のマンハッタン信託銀行を急襲、従業員と客を人質に取り立てこもる。事件発生の連絡を受け、NY市警のフレイジャーとミッチェルが現場へ急行する。しかし、周到な計画の下、俊敏に行動する犯人グループを前に、フレイジャーたちも容易には動きが取れず膠着した状態が続く。一方、事件の発生を知り激しく狼狽するマンハッタン信託銀行会長アーサー・ケイス。彼は、やり手の女性弁護士マデリーンを呼び出すと、... [Read More]

Tracked on June 27, 2006 at 09:26 PM

» 『インサイド・マン』 [京の昼寝〜♪]
その時、犯人は人質全員を共犯者にした。 ■監督 スパイク・リー■脚本 ラッセル・シェウィルス■キャスト デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター、ウィレム・デフォー、クリストファー・プラマー□オフィシャルサイト  『インサイド・マン』 白昼のマンハッタン信託銀行で強盗事件が発生。 頭脳明晰な犯人グループのリーダー・ダルトン(クライブ・オーウ... [Read More]

Tracked on June 27, 2006 at 10:01 PM

» 映画「インサイド・マン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Inside Man ウォールストリートとブロードウェイの交わるところ、マンハッタン信託銀行のインサイド、内部情報は不明だが、フェイント&完全犯罪の実行・・。 ダイヤも秘密文書も、なぜその情報を掴んだのか不明だが、ダルトン・ラッセル(クライブ・オーウェン)とその... [Read More]

Tracked on June 28, 2006 at 01:54 AM

» 「インサイド・マン」 [雑板屋]
最初から最後まで極めて優等生な作品な気がする。 いい意味でも悪い意味でも。 スパイク・リー監督作品と初めて劇場で出会ってもうすでに16年が経つ。 しかもデンゼル・ワシントンとのゴールデンコンビは自分の中でも格別の位置にあるので、今作は非常に楽しみにしてい....... [Read More]

Tracked on June 28, 2006 at 04:21 PM

» 映画/インサイドマン [  サ バ ペ]
映画「INSIDE MAN」 スパイクリー監督 出演 デンゼルワシントン、ウィレムデフォー ジョディフォスター、クレイヴオーウェン [Read More]

Tracked on June 30, 2006 at 06:19 PM

» 「インサイド・マン」 Inside Man [俺の明日はどっちだ]
私はダルトン・ラッセル。 二度と繰り返さないからよく聞け。 私は銀行を襲う完全犯罪を計画し、そして、実行する―― あたかも「リバティーン」でジョニー・ディップが話しかけていたようにクライブ・オーウェンの独白から始まる冒頭のシーンから、仲間を次々とピックアップしてローワーマンハッタンにある信託銀行にテンポよく押し入る緊張感のある序盤の展開には大いに痺れた。 おまけにさすがニューヨーク派のスパイ... [Read More]

Tracked on July 03, 2006 at 01:48 AM

» インサイド・マン 06年238本目 [猫姫じゃ]
インサイド・マン INSIDEMAN 2006年   スパイク・リー 監督デンゼル・ワシントン クライヴ・オーウェン ジョディ・フォスター クリストファー・プラマー ウィレム・デフォー なんて歌ってたの? チェンヤチェンヤチェンヤ?? もうあの...... [Read More]

Tracked on January 09, 2007 at 04:54 PM

« 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶』の肖像 | Main | 水族館で »