« 結城紬の館 | Main | 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶』の肖像 »

June 11, 2006

『デイジー』は2本の映画

『デイジー』は、まったく違う2本の映画を強引に1本の映画にしてしまったような印象を受けた。設定や物語だけでなく、映像もまた「2本」が別の映画みたい。

「1本」はラブストーリー。男2人と女1人の三角関係。姿を見せずに女を助け、デイジー(ひなぎく)を贈りつづける男、チョン・ウソン。女を利用するために近づきながら、女を愛してしまった男、イ・ソンジェ。自分の中で理想化された姿を見せない男かもしれないと思いながら、近づいてきたソンジェに心惹かれる女、チョン・ジヒョン。

ソンジェがジヒョンの前から姿を消すと、入れ替わるようにウソンが姿を現すが、ウソンは自分が何者なのかをジヒョンに告げない。ジヒョンは、再び彼女の前に現れ、彼女を欺いたことを謝るソンジェに心乱されながら、ウソンを愛する。それはウソンの正体が分かっても変わらない。

この映画からラブストーリーの要素を抜き出すと、こういうことになる。だからこれは、ソンジェに心惹かれながらもウソンを愛することを選ぶジヒョンの一途な愛のお話。ウソンとソンジェの男2人も、敵対する立場にいながら、ことジヒョンのことになると互いにジヒョンのために身を引こうとする。どろどろした男と女の絡み合いからは遠い。その意味では一連の韓国純愛映画の延長線上にある。

もう「1本」はノワール。ソンジェはインターポールの捜査官で、捜査のためにジヒョンに近づく。ソンジェが追っているのはプロの暗殺者、ウソン。ウソンは、田園の隠れ家に身を隠していたときにジヒョンを見て魅惑される。ジヒョンはソンジェが警官であることも、ウソンが暗殺者であることも知らないまま2人と愛人関係におちいってしまう(ジヒョンと2人の男とは純愛のように描かれているけど、ノワールならば当然「愛人関係」でしょう)。

女が犯罪者とそれを追う警官の両者と愛人関係にあるというのは、たとえばジャン・ピエール・メルヴィルの傑作『リスボン特急』がそうだった。刑事アラン・ドロンとギャングのリチャード・クレンナは、情婦のカトリーヌ・ドヌーブを間にはさんで言葉少なに、でも虚々実々の意味深なやりとりを交わしていた。でも『デイジー』は男と女の世界になるとノワールではなく純愛映画なので、正直で一本気で、相手を思いやるけなげな会話がつづく。

撮影も「2本」の映画を意識的に撮りわけているようだ。純愛映画は陽光のもとで、明るく清潔な画面。ノワールになるとシャドーを強調した日影での撮影が多い。ハリウッド・アクション映画のテクニックも総動員されている。僕の見るところ、『インファナル・アフェア』シリーズの監督であるアンドリュー・ラウは、やはりノワールになると生き生きするみたいだ。純愛と銃撃の両方の舞台になるアムステルダムの広場が、純愛からノワールに変わる瞬間には興奮する。

で、この「2本」の映画がうまく融合して1本の映画になったかと言われれば、うーん、ちょっとね、と首を傾げる。僕のようなじじいになると、さすがに純愛映画ふうなやりとりに鼻白むところがあって、男や女にノワール的にうまく感情移入できない。第一、可愛いチョン・ジヒョンにノワールは似合わない(やっぱり『猟奇的な彼女』みたいなコミカルな役どころが似合うんじゃないかな)。

脚本のクァク・ジュヨン(『猟奇的な彼女』の監督)と監督のアンドリュー・ラウの持ち味が、それぞれには出ているけれど最後まで「2本」のままだった。素材はいいけれけど、全体として味が決まらない料理を食べさせられた気分で映画館を出たのだった。

|

« 結城紬の館 | Main | 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶』の肖像 »

Comments

TBありがとうございました。

なるほど『リスボン特急』か……。
これは盲点。
気づきませんでした。

Posted by: えい | June 11, 2006 at 03:03 PM

ドヌーブとチョン・ジヒョンではキャラが違いすぎて、ちょっと無理な比較なんですがね。

えいさんが指摘されている「階段の銃撃戦」は、なんだか50年代のアクション映画を見ているみたいな演出で嬉しくなってしまいました。

Posted by: | June 13, 2006 at 01:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/10429044

Listed below are links to weblogs that reference 『デイジー』は2本の映画:

» 『デイジー』 [ラムの大通り]
----この映画、監督が香港のアンドリュー・ラウ。 なのに主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンに、 『猟奇的な彼女』「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン。 しかも脚本はその『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジョエン。 そして舞台はオランダで、音楽が梅林茂というんでしょ? スゴく贅沢な映画だね。 「うん。これはとてもおいしい映画。 冒頭から夢のように美しいデイジー畑が出てきて、 それだけで引き込まれてしまう」 --... [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 03:03 PM

» 『デイジー』 [京の昼寝〜♪]
愛は、枯れない。花に想いを託して。 命がけで愛を貫く ■監督 アンドリュー・ラウ■脚本 クァク・ジョエン ■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ□オフィシャルサイト  『デイジー』 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。 それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。 名... [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 04:09 PM

» デイジー [日々徒然ゆ~だけ]
 それなりに面白かったのである。あくまでもそれなり。監督・脚本両者のベスト状態を観て来ているだけに,「まだまだこんなもんじゃないっしょ」と思うのはイケない事だろうか。 [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 12:56 AM

» 「デイジー」 DAISY [俺の明日はどっちだ]
期待感たっぷりのよく出来た予告編と韓国映画ながら監督がご存知香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウということで、仕上がりの良さを期待していたのがこの「デイジー」。 自分を見守ってくれている幻の恋人がいつかその姿を現してくれる日を待ち続けている画家の卵、ヘレン。 ヘレンと捜査の途中で出会い、身分を明かさないままいつしか恋に落ちるインターポールの捜査官、ジョン・ウー。 そして遠くか... [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 01:12 AM

» ★「デイジー」 [ひらりん的映画ブログ]
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。 [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 03:12 AM

» 「デイジー」 [雑板屋]
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは1度だけ目....... [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 05:07 PM

» チョン・ジヒョン [韓流スター情報館]
チョン・ジヒョンは、すらっとした容姿とセクシーな演技が魅力の女優です。 [Read More]

Tracked on October 25, 2006 at 11:40 PM

« 結城紬の館 | Main | 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶』の肖像 »