« 『春が来れば』の苦い心地よさ | Main | 最後の花見 »

April 12, 2006

『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』と現代ウェスタン

去年のカンヌ映画祭に『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』を出品したトミー・リー・ジョーンズ監督は、これは現代的なウェスタンではないかという質問に、「馬とカウボーイ・ハットが出てくるからといってウェスタンとは限らない」と答えている。

確かにテキサスを舞台にしたカウボーイの映画という題材だけでウェスタンという枠にはめられるのは、「国境と、その両側の文化を扱った映画」であることを強調する監督と脚本家(メキシコのギジェルモ・アリアガ)にとっては不本意だろう。

でも僕がこの映画を見ての印象は、馬とカウボーイ・ハットだけでなく、映画の中身も深々とウェスタン映画の伝統に根ざしながら、でも同時に白人からの目に偏りがちなウェスタンの視線を相対化した、やはり現代的なウェスタンと呼ぶのがふさわしいような気がするのだ。

監督であり主役でもあるトミー・リー・ジョーンズ演ずる男ピートは、年老いた外見はともかく、ウェスタン映画のヒーローの精神をたっぷりと受けついでいる。

カウボーイの頭であるピートは、メキシコからの不法入国者メルキアデス(フリオ・セサール・セディージョ)を雇って、やがて深い友情で結ばれる。メルキアデスが何者かに殺されると、「俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてくれ」というメルキアデスの言葉に従って、保安官に遺体を渡すことを求め、ふとしたことで判明した犯人の国境警備隊員を逮捕するよう求める。

両方とも拒絶されると、ピートはひとりで保安官と国境警備隊に立ち向かう。犯人のマイク(バリー・ペッパー)を痛めつけ、遺体を掘り出し、拉致したマイクと遺体とともに馬に乗って国境を超えメキシコを目指す。

19世紀、開拓された西部の町々では法の支配が弱かった。法を代表するのは保安官だけれど、無法者に対抗できるような力を持っていないことが多かった。そこから西部劇のヒーローが生まれ、公の法ではなく個人の正義に基づいて無法者をやっつけることでドラマが成立する。

ピートも、法が役に立たないと知ると、ためらうことなくメルキアデスとの友情と信義に殉ずる。法も国境も、彼にとっては何の意味ももたない。馬に乗り、荒野と岩山と砂漠を横切ってヒメネスに向かう姿は、西部劇のヒーローそのもの。

でも、一方でこの映画はTLJが強調するように伝統的な西部劇というジャンルに収まらない映画でもある。

ピートはメルキアデスの遺体を故郷に運ぶことに、あくまでこだわる。腐りはじめた遺体がアリに食われると、火をつけて遺体を焼き、不凍液を口から注ぎ込む。ピートにとって、メルキアデスとの約束を果たすこと以外なにも目に入っていないようだ。保安官も拉致されたマイクも、ピートを「狂ってる」と言う。西部劇のヒーローであることを超えた偏執的な振るまいには滑稽感すら漂う。

ピートの旅は徒労に終わるのではないか。見る者は途中からそんな予感に襲われる。そうした気配が深まるほどに、彼を取りまく風景がいよいよ美しく感じられる。低い潅木が続く寂寥とした荒野の夕暮れ。砂漠の白い稜線と青い空。焚き火の影が揺れる夜の岩山。

映画の前半が過去と現在を交錯させたギジェルモ・アリアガ(『アモーレス・ペロス』『21グラム』)らしい複雑な構成をもっているのに対して、ピートが荒野に足を踏み入れてからはシンプルなロード・ムーヴィーになり、それだけに風景の美しさが心に沁みる。

とりわけ印象深いのはメキシコに入ってから。毒蛇に咬まれたマイクを助けるために、一行はメキシコ人の家(越境を試みてマイクに殴られたことのある一家)に滞在する。マイクが休んでいる漆喰壁の白い部屋で、カーテン越しに差し込むピンクがかった外光の神々しいような美しさ。

あるいは、村の酒場からピートが国境を超えて愛人(ダイナーのウェイトレス)に電話するシーン。少女が弾く古ぼけたチェンバロの音、無数の飾り電球が輝く夕暮れの酒場の風景が、愛人にメキシコに来ないかと愛を告げる老いた男の純情と悲哀を際だたせる。

ピートとマイクとメルキアデスを巡る2人の女が、少ないシーンながら素晴らしい。

田舎町で、夫とともにダイナーを営んでウェイトレスをしているレイチェル(メリッサ・レオ)。彼女は保安官やピートと浮気し、ピートには「愛してるのはあなただけ」と告げるけれど、彼にメキシコに来ないかと誘われると拒絶して夫と残ると言い、男には分からないわよ、と電話口でピートに告げる。

マイクの妻、ルー・アン(ジャニュアリー・ジョーンズ)。高校の同級生同士の2人は、知る人のいない国境の町に赴任して移動式住宅に住む。暇をもてあます彼女はダイナーの常連になり、レイチェルに誘われてメルキアデスと遊ぶ。

メリッサ・レオの中年に達した女の疲れた表情、ジャニュアリー・ジョーンズの若く美しいのに放心した表情が忘れられない。すべてが仮の建物であるような国境の町の空虚な風景のなかに、2人の女の孤独な姿が刻み込まれている。

ラストシーンでマイクが発する言葉は、この映画は伝統的なウェスタンではないというトミー・リー・ジョーンズ監督の自負を象徴するようなセリフ。このところ俳優が監督として映画をつくるケースが目立つけれど、TLJは第1作で自分のスタイルをつくってしまった。これは記憶に残る映画になるね。

画面の背後にカントリー、チカーノ・カントリー、テックス・メックス(メキシコと南西アメリカの融合音楽)が絶えず流れているのも魅力。

|

« 『春が来れば』の苦い心地よさ | Main | 最後の花見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/9544492

Listed below are links to weblogs that reference 『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』と現代ウェスタン :

» メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬 [とにかく、映画好きなもので。]
   三度の埋葬にまつわる、ある男の約束とある男の贖罪を描いた作品。  アメリカのテキサス州。国境に近い場所でメルキアデス・エストラーダの射殺体が発見される。  メルキアデスの心の友・ピート(トミー・リー・ジョーンズ)は、心の底から友の死を....... [Read More]

Tracked on April 12, 2006 at 02:17 AM

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
メキシコ人のカウボーイ、メルキアデス・エストラーダは、ちょっとした誤解が元で、ある日、突然、国境警備隊の隊員、マイク・ノートンに撃たれてしまいます。メルキアデスの親友、ピート・バーキンズは、「自分が死んだら故郷のヒメネスに埋めて欲しい」というメルキアデスの望み... [Read More]

Tracked on April 12, 2006 at 07:17 AM

» 「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」 [Puff's Cinema Cafe Diary]
公式サイト 恵比寿ガーデンシネマ、公開3日目初回です。 シアター1(232席)、15分前に着いて23番、全体的にも3割弱でした。 2005年カンヌ国際映画祭、受賞作品(最優秀脚本賞/最優秀男優 [Read More]

Tracked on April 12, 2006 at 07:51 AM

» 『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
惚れ惚れする映画だ。カッコよさにシビれた。 お前ら、つべこべ言うなって、感じ。 ハードボイルド・カウボーイの男っぷりにため息。 男は黙ってサッポロビール的。 これが国境だ。これが人間だ。 ボーダーなんてものは取っ払っちまえ。テキサス州の国境付近。メキシコ人の友人、メルキアデス・エストラーダが撃たれて死んだ。友人ピート・パーキンズは犯人を探し出す。そして、「俺が死んだら、故郷ヒメネスへ遺体を運んで埋めてくれ」と言っていたメルキアデスとの約束を守るためにメキシコへ旅立つ。 ボーダーという... [Read More]

Tracked on April 12, 2006 at 09:43 PM

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  3人の男・3つの使命     [Read More]

Tracked on April 15, 2006 at 01:30 PM

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [chat gourmand]
いい映画でした。個人的にはもっとウエスタンウエスタンしてるかとおもっていたら、そんなことなくて、どちらかというと、馬とカウボーイハットを小物に使ったロードムービーって感じです。 舞台をアメリカの西部にしたのは、原作がそうなっていたからか、それとも単に、ア....... [Read More]

Tracked on April 19, 2006 at 01:11 PM

» 男の約束と贖罪の旅 『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 [またたびCINEMA]
今回のレビューは『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』。かわいいが売り?だった私のブログですが、最近男の汗の臭いが漂ってくる気がしませんか? (The Three Burial of MELQUIADES ESTRADA/2005/米・仏) トミー・リー・ジ....... [Read More]

Tracked on April 20, 2006 at 12:58 AM

» 『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 [Brilliant Days ]
固い友情で結ばれた二人のカウボーイと・・・ 人生について学ぶある男の旅・・ そして、 贖罪とは何かということ・・ アメリカとメキシコの間に横たわる山々を 越えて、国境とは何か?問うものがたり・・ ヤバい! 同じカウボーイの話だけど、 「ブロークバック・マウンテ..... [Read More]

Tracked on April 21, 2006 at 08:59 AM

» 「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」〜カーボーイはなぜ... [お茶の間オレンジシート]
2005年アメリカ監督・製作/トミー・リー・ジョーンズ製作総指揮/リュック・ベッソン出演/トミー・リー・ジョンズ バリー・ペッパー    ドワイト・ヨアカム フリオ・セサール・セディージョアメリカ・テキサス州、メキシコとの国境沿い。年老いたカーボーイ、ピー...... [Read More]

Tracked on April 23, 2006 at 09:05 PM

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [CINEMA草紙]
☆☆荒れ果てたテキサスの砂漠を、初老の偏屈カウボーイ、手錠をはめられた国境警備隊 [Read More]

Tracked on April 26, 2006 at 05:10 PM

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [cinema capsule]
オスカー俳優トミー・リー・ジョーンズの初監督作は国境地帯を 舞台としたロードムービー。男の生き様が渋く描かれる。 ★「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」 2005年アメリカ・フランス 122分 監督、出演:トミー・リー・ジョーンズ 出演:バリー・ペッパー    ドワイト・ヨーカム    ジャニュアリー・ジョーンズ     ★Story テキサスで働くメキシコ人、メルキアデス... [Read More]

Tracked on April 29, 2006 at 11:38 PM

» メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬 [映画評論家人生]
梅田ガーデンシネマ メルキアデス・エストラーダとの親交は多く描かれていない。描かれていないのに、そ [Read More]

Tracked on May 05, 2006 at 04:08 AM

» 映画「メルキアデス・デストラーダの3度の埋葬」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 トミー・リー・ジョーンズ 出演 トミー・リー・ジョーンズ  後半がすばらしい。映画が、がぜんおもしろくなる。目がスクリーンから離れなくなる。アメリカとメキシコの間に横たわる砂漠。そこには「国境」があるのだが、「国境」っていったい何だ、と言いたいくらいに広い。人為的な「線」など意味がない。どこへでも行けるようだが、どこへも行けない。そのとき、肉体が見えてくる。人間が肉体�... [Read More]

Tracked on November 08, 2006 at 07:47 PM

« 『春が来れば』の苦い心地よさ | Main | 最後の花見 »