« 『うつせみ』の思いの深さ | Main | 金子光晴の放浪3部作メモ(3) »

March 22, 2006

さくら葉の塩味

060322w

下田に住み、伊豆半島に暮らす人々を写真に撮りつづけている友人が、松崎の「さくら葉餅」を送ってくれた。長八美術館で知られる西伊豆の松崎は、和菓子など食用の桜葉の産地でもあって、全国の8割がここで栽培されているという。大島桜の葉を1年間塩漬けしてつくる。

東京の桜が開花したというニュースを見ながら、「さくら葉餅」を食する。さくら葉の塩味と餡の甘みが口のなかに広がって、季節の香りがする。

|

« 『うつせみ』の思いの深さ | Main | 金子光晴の放浪3部作メモ(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さくら葉の塩味:

« 『うつせみ』の思いの深さ | Main | 金子光晴の放浪3部作メモ(3) »