« サスペンス映画としての『ミュンヘン』 | Main | 金子光晴の放浪3部作メモ(1) »

March 06, 2006

『アメリカ、家族のいる風景』の動と静

『アメリカ、家族のいる風景』では、動きのあるショットと絵画的なショットが、それぞれに突出して感じられた。普通の映画では動のショットと静のショットが組み合わされ編集されてひとつの文体をつくるけれど、この映画では、動のショットでは移動が、静のショットでは写真や絵画的な画面が、ひとつに溶け合わずにバランスを失するくらい強く意識されているように思った。

動のショットのひとつは、ヴェンダース映画の常としてロードムーヴィーであることから生まれている。

西部劇のロケ地として有名なユタ州モアブからカジノのあるネバダ州エルクへ、さらにゴーストタウンのようなモンタナ州ビュートへ、サム・シェパード演ずる落ち目の俳優は馬とバスと車でもって移動する。画面奥から手前へと走り去る道路の中央線の背後に広がるのは、広漠とした大地と抜けるような青空、白い雲。20年前にサム・シェパードと組んだ『パリ、テキサス』でも印象的だったアメリカの原風景だ。

もうひとつの動は、ビュートの路上に放りだされたソファに座るサム・シェパードの周りを手持ちカメラがぐるぐる回る異様に長いショット。

突然現れたシェパードが自分の父親だと知り、動揺した息子はアパートの2階からありったけの家具を路上に放り投げてしまう。シェパードは自分を拒否する息子に何も言えず、黙って路上のソファに座り込んでいる。近づいてきたもう一人の女性(サラ・ポーリー)もどうやら自分の娘らしい。

長いあいだ家族の絆を断って孤独に生きてきたシェパードが、はじめて家族とのつながりの感情を自覚するシーン。シェパードの周りを回る長いショットはそんな感情が生まれる瞬間を捉えようとするように動きつづける。

一方、静のショットは主にビュートの街角や、室内から窓を通して外を見る風景として現れる。人通りのない、がらんとした茶褐色の街。強い日差しと黒い影。そんな無人の街路をサム・シェパードやジェシカ・ラング(かつての恋人)やサラ・ポーリーが横切ってゆく。ホテルの窓際に放心したように座るシェパードの向こうには、青い夜にネオンが寂しく光っている。まるでエドワード・ホッパーの絵のようなショット。

エドワード・ホッパーの作品でも、建物の内部で座ったりコーヒーを飲んでいる人たちが、窓越しに外の街路から差し込む昼(あるいは夜)の光に照らし出される構図が印象深い。

その構図が都市に生きる人間たちの孤独と、胸の奥に潜めた小さな灯のような温かさを共に感じさせるように、ヴィム・ヴェンダースの動と静のショットからも、自分勝手に生きてきた老残の俳優の孤独と、その果てにはじめて家族を意識し、他者との絆に気づいた男のぬくもりのようなものが感じられる。

『パリ、テキサス』では、ひりひりするような孤絶と、ガラス越しに辛うじてつながる、独白のように頼りなげな会話ばかりが記憶に残ったけれど、この映画はもっと穏やかな表情をしている。それが20年という歳月がシェパード=ヴェンダースにもたらした成熟なんだろうか。

ところで、ヴェンダースは過去の作品のなかでもアメリカへの愛憎をさまざまに語っているけど、『アメリカ、家族のいる風景』では劇中劇で撮影されている西部劇がそれに当たる。

撮影されているのはラストシーンらしい。サム・シェパード演ずる流れ者が、彼を愛してしまった娘と別れの抱擁をかわしている。西部劇(に限らず)お定まりのシーン。次のショットで、シェパードは馬に乗り、馬が前足を高く上げるのをカメラは仰角で見上げるように捉えている。

気恥ずかしくなるような紋切り型で、どうやら『荒野の決闘』のラストシーンみたいな品のある終わり方ではなく、B級ウェスタンらしい。とすれば、サム・シェパード演ずる老優はヘンリー・フォンダやジョン・ウェインではなく、ランドルフ・スコットかアラン・ラッドあたりか。『アメリカ、家族のいる風景』は、そんなアメリカ映画へのオマージュでもあった。

|

« サスペンス映画としての『ミュンヘン』 | Main | 金子光晴の放浪3部作メモ(1) »

Comments

以前だったらこんな主人公には微塵も感情移入できなかったでしょうが、少なからず愛しくなるのは、
「成熟」ならぬ「老い」というやつなんでしょうか。
若い世代に人たちにはどう映っているのか、興味があります。
それにしても女性の逞しさを改めて感じさせてくれる映画でもありました。

Posted by: nikidasu | March 06, 2006 at 01:13 AM

なるほど。
B級ウェスタンのような終わり方だったんですね。
西部劇はほとんど見ていないので具体的には全然わかりませんでした。
JESSE JAMES のことも知らなかったです。
それでも、このアメリカの原風景にはうっとりでした。

Posted by: かえる | March 06, 2006 at 01:39 AM

TBありがとうございました

アメリカの古き良きウェスタン的ラストシーン...いい見方ですねぇ。
ヴェンダースには確かにアラン・ラッドあたりが似合いそうですものね。でもハワードあたりはジョン・ウェイン的な腰の据わらない男っていう雰囲気も感じたりしました。

Posted by: yanks | March 06, 2006 at 07:22 AM

TBありがとうございました。
以前のヴェンダースだったらああいうラストシーンでは
ないんだろうな、と何となく思いますね。
ヴェンダースもサムもなんとなく丸くなったのかな、
という気がしました。

Posted by: M. | March 06, 2006 at 02:29 PM

>nikidasuさま

向こうが変わっているのか、こっちのせいなのか、昔夢中になった監督の作品に「成熟」や「老化」を感ずるのは何とも複雑な気分ですね。女性たち、殊にエヴァー・マリー・セイントが背筋が伸びててステキでした。

>かえるさま

私も世代的にはウェスタン・ブームの最後に間に合った程度です(新作が『アラモ』や『荒野の7人』でした)。B級ウェスタンは浅草や上野の3番館で何本か見ただけですが、ランドルフ・スコットもアラン・ラッドも、当時の中学生にはただのおっさんでした。

>yanksさま

ジョン・ウェインはマッチョぶってるときより、モーリン・オハラあたりに怒られて顔をくしゃくしゃにして照れてるときがいいですね。いろんな顔を持っていたジョン・ウェインの遺作『ラスト・シューティスト』には泣きました。

>M.さま

私も、最後にサム・シェパードがティム・ロスに説得されて素直にロケ現場に戻るのを見て、え、ほんとに戻るの? また逃げ出して終わるのかな? などと思いました。

Posted by: | March 06, 2006 at 05:21 PM

はじめまして、ねむりねこと申します。
TBの御挨拶です。
私が言いたかった事を適格に表わしているのに、感心しました。
また遊びに来ます。

Posted by: ねむりねこ | March 07, 2006 at 02:30 AM

>ねむりねこさま

TBありがとうございます。

エントリ、面白く拝見しました。ねむりねこさんの映画の趣味と私のそれは似ているのかもしれませんね。おまけに、『ライトスタッフ』から『北北西に進路を取れ』まで出てくると、年齢的にも???

Posted by: | March 07, 2006 at 08:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/8953349

Listed below are links to weblogs that reference 『アメリカ、家族のいる風景』の動と静:

» 距離感と雰囲気が好き 「アメリカ、家族のいる風景」 [平気の平左]
評価:75点{/fuki_suki/} アメリカ、家族のいる風景 監督ヴィム・ヴェンダースと脚本サム・シェパードという、「パリ、テキサス」のコンビが贈る映画。 あの「パリ、テキサス」のコンビ!と推しているのですが、「パリ、テキサス」を観ていないのでなんともいえません。 かつては売れっ子の俳優だったが、酒、女、ドラッグの破天荒3点セット(今日公開のウォーク・ザ・ラインでも使われてます)とともに、没落�... [Read More]

Tracked on March 06, 2006 at 12:25 AM

» アメリカ、家族のいる風景 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  束の間の逃避行、湧き上がる家族愛 [Read More]

Tracked on March 06, 2006 at 01:08 AM

» 「アメリカ,家族のいる風景 」 Don't come knocking [俺の明日はどっちだ]
『パリ、テキサス』から20年。ご存知ヴィム・ヴェンダースとサム・シェパードという、そのときの二人が再びコンビを組み完成させたロードムービー、それがこの「アメリカ,家族のいる風景 」。 ここに描かれている「父権の喪失、家族の崩壊」という主題は前作と共通しているようにも思えるが、前作には決して描かれていなかった「救い」が今回の作品には色濃く出ている。 話そのものは、落ち目の西部劇俳優が撮影�... [Read More]

Tracked on March 06, 2006 at 01:13 AM

» 『アメリカ,家族のいる風景』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
丸ごと大好きなヴェンダース映画。 乾いた荒野のむこうにしっとり温かな絆があった。 ヴィム・ヴェンダース監督の愛したアメリカ。 かつて西部劇のスターだったハワード・スペンスは、新作の撮影現場から突然逃げ出す・・・。そこはユタ州モアブ。広大な荒野をカウボーイが馬に乗って駆けていく。西部劇のワンシーンのような映像に吸い込まれる、期待通りのヴェンダース映画の始まり。西部劇の撮影の途中に、俳優がそのまま馬に乗って彼方へ逃亡するなんて、いかにもという感じの魅力的な設定に出だしから嬉しくなった。サム・シ... [Read More]

Tracked on March 06, 2006 at 01:30 AM

» 『アメリカ、家族のいる風景』 [映像と音は言葉にできないけれど]
一年以上前にブログで、「ロックな監督」を特集したとき、アラン・パーカーや、ケン・ラッセル、マーティン・スコセッシに加えて「ヴィム・ヴェンダースもいます...」との声がありました。... [Read More]

Tracked on March 06, 2006 at 07:16 AM

» 美しきアメリカ 『アメリカ、家族のいる風景』より [またたびCINEMA]
『パリ・テキサス』から20年、ヴィム・ベンダースとサム・シェパードのコンビが帰って来ました。物語はユタ州モアフの荒涼とした砂漠から、母の住むネバダ州エルコを経由して、モンタナへと向かいます。自分にすっかり嫌気がさした西部劇の俳優は、家族を求めて亡き父の車...... [Read More]

Tracked on March 07, 2006 at 02:17 AM

» 『アメリカ,家族のいる風景』★★・・・40点 [ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ]
『アメリカ,家族のいる風景』公式サイト制作年度/国;'05/独=米   ジャンル;ヒューマン  配給;クロックワークス 上映時間;124分  監督;ヴィン・ヴェンダース   出演;サム・シェパード/ジェシカ・ラング/サラ・ポーリー観賞劇場:3/17(金)シネスイッチ銀座◆S...... [Read More]

Tracked on March 19, 2006 at 12:25 AM

» 『アメリカ、家族のいる風景』を観て [cinemabourg*]
原題:Don't Come Knocking 上映時間:124分 監督:ヴィム・... [Read More]

Tracked on April 24, 2006 at 10:42 AM

« サスペンス映画としての『ミュンヘン』 | Main | 金子光晴の放浪3部作メモ(1) »