« 中井久夫の『関与と観察』 | Main | 『picnic』に流れる感情 »

February 17, 2006

『クラッシュ』の悲しみの連鎖

アメリカ映画を見に行って、オープニングでユニバーサルや20世紀フォックス、あるいはドリームワークスやミラマックスといったおなじみの製作・配給会社のロゴではなく、この映画みたいな見慣れないロゴが出てくると、それだけでちょっとだけ楽しみがふえる。

ハリウッドの大資本と離れたところでつくられたインディペンデント系の映画には時々渋いヒットがあって、そういう映画にめぐりあったときの嬉しさは単館ロードショー系の映画好きなら誰でも思い当たるはず。

野心満々の若い監督のデビュー作もあれば、我が道をゆく監督もいる。インディペンデント映画でデビューした監督がハリウッドに呼ばれ、作家としてのこだわりと商業主義にどう折り合いをつけながら作品をつくるかを見守っていくは、けっこう楽しい「追っかけ」だ(ここ数年はアレクサンダー・ペインやクリストファー・ノーランを追っかけてる)。

『クラッシュ』もインディペンデント系の映画で、ポール・ハギス監督のデビュー作。もっとも彼は『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本で注目を集めたし、テレビの世界で既に名をなしているらしいから、無名の新人じゃない。

今年のアカデミー賞にもノミネートされているから(作品賞・監督賞など)、『ブロークバック・マウンテン』や『ミュンヘン』を押さえて賞をもらえば一躍ビッグな存在になるにちがいない。というか、すでにイーストウッドの新作や007最新作の脚本、そして彼自身の監督第2作も決まっていて、ハリウッドの評価は定まっているようだ。

この映画がハリウッドではなくインディペンデントでつくられた理由のひとつは、そのエスニックな設定にあるだろう。アフリカ系を中心にして、ヒスパニック、イラン人、コリアンなど、ロサンジェルスのごった煮のような人種が入り乱れ、彼らが「ポリティカリー・コレクト」な配慮を必要とするハリウッド映画では御法度なエスニック・ジョークを連発する。

しかも彼らはハリウッドの定番のような善玉でも悪玉でもない。

狂言回しになるアフリカ系の刑事(ドン・チードル)は、野心家の地方検事が警察官同士の殺人事件を政治的に不利にならないよう嘘の発表をするのを受け入れる。イラク人と間違われ店が荒らされた老イラン移民は、ドアの鍵を修理に来たアフリカ系の男を逆恨みして銃をぶっ放す。交通事故の被害者になったコリアンの男は、実はアジア人の密入国に携わっている。

かと思うと、アフリカ系の裕福なTVディレクター夫妻の車を止め、「武器所持調べ」で妻の全身を触りまくる人種差別主義者の白人巡査(マット・ディロン)は、家に帰れば病気の父親の面倒を見る心優しい息子でもある。アフリカ系に偏見をもち差別的な言葉を吐く地方検事の妻(サンドラ・ブロック)は、震えるような孤独に苛まれている。

ひとつの交通事故(クラッシュ)をきっかけにして、彼ら彼女らの運命が鎖のようにつながってゆく。傷ついた者が次の者を傷つけ、悲しみにくれる者が次の者を悲しみの底に突き落とす。それは何十台もの車が次々に追突するクラッシュそのものだ。

そんな、多彩な登場人物の色んなエピソードが、時間をさかのぼりながら群像劇として巧みに構成され、演出されている(脚本・監督ともハギス)。悲しみのなかに、ひとすじの希望を灯す「見えないマント」の挿話も差し挟まれる。映像や演出にこと新しい実験はないけど、快調なテンポ、一瞬の描写で登場人物の光と影を彫り込んでゆく職人技。さすがテレビ映画で鍛えられただけはある。

『クラッシュ』は非ハリウッド的な設定やセリフや登場人物に満ちているのに、ハリウッド的に(あるいはテレビ・シリーズ「24」や「ザ・ホワイトハウス」みたいに)ウェルメイドなドラマに仕立てられている。その、ある種のアンバランスがこの映画の魅力だろう。

あえて瑕瑾を捜すなら、善人らしく見えた登場人物がそうとばかりはいえず、悪人らしく見えた人物もまた見かけどおりでないという、ひとひねりした「類型」が途中から見えてくるので、腐敗警官を嫌悪する若い巡査は「いい人」のまま終わるんだろうか、盗みを重ねるアフリカ系のちんぴらも「悪い人」のまま終わってしまうんだろうかと疑いが生じて、ラストに込められた思いがやや軽くなってしまうこと。

ラストシーン。ロサンジェルスに降る雪は美しい。ロスでは稀に雪が降るらしいけど、カエルは降らない。『クラッシュ』と同じ群像劇である『マグノリア』で最後に降ってきたカエルみたいに、この雪もいつまでも記憶に残るだろうか。


|

« 中井久夫の『関与と観察』 | Main | 『picnic』に流れる感情 »

Comments

はじめまして。お気に入りリンクに登録させて頂いて、よく勉強しにおじゃまさせていただいています。映画音楽を研究しているのですが、感じた事をうまく言葉で表現する事が出来ず、いつも苦戦しながらブログを書いています。(プライベートのこととごっちゃになってるんですけど。。)

『クラッシュ』私も観に行ってみたいと思います!

Posted by: cute_sun | February 22, 2006 at 01:44 AM

コメント、ありがとうございます。

僕が高校生の頃は、映画館に行くと「音楽」に伊福部昭、早坂文雄、武満徹なんて名前が普通に出てきて、考えてみるとすごいことだったんですね。特に武満徹がやった「鬼婆」とか「砂の女」とか、音楽が強烈に印象に残っています。

音楽を視点にして映画を語るcute sunさんのサイト、楽しみにしています。

Posted by: | February 22, 2006 at 01:56 PM

勝手にTBさせていただきました。
“非ハリウッド的なセリフと、ハリウッド的な流れのアンバランスさが魅力”、というご意見に、納得です!
また寄らせていただきます。

Posted by: bossa | February 22, 2006 at 04:35 PM

マッド・ディロンがトイレで苦しむ父親を励ますショットが、常にドア越しだったのが印象的でした。あの疎外感が、それぞれのエピソードに共通していたように思えます。
「見えないマント」は確かにベタではありますが、やはり上手いと思います。

Posted by: [M] | February 23, 2006 at 12:38 PM

>BOSSAさま

確かにBOSSAさんもエントリで書いているように、スパイク・リーを連想させますね。

>[M]さま

これからハリウッドで撮るものも、この作品の疎外感のような、こつんとした核を抱えてつくってくれると楽しみですね。

Posted by: | February 26, 2006 at 07:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/8706513

Listed below are links to weblogs that reference 『クラッシュ』の悲しみの連鎖:

» 「クラッシュ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Crash」2004 USA/ドイツ 時はクリスマス・シーズン、人種のるつぼアメリカ、LAを舞台に二日間の出来事を描いた群像ドラマ。隠れ??ブレンダン、ファンなので、この映画は楽しみにしていた。まあブレンダンは主演じゃないし、出番も少しというのは解っていたが...。とりあえずオープニング出演者の一番始めはやはりサンドラ・ブロックであった。この作品の中で一番メジャーな人はサンドラである。サンドラ、ブレンダン以下出演者はドン・チードル、マット・ディロン、サンディ・ニュートン、ジェニファー・エスポジト... [Read More]

Tracked on February 18, 2006 at 12:02 AM

» クラッシュ / CRASH [我想一個人映画美的女人blog]
"サンドラブロック主演"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督したこの作品、5月に全米公開されて 9月にはドーヴィル映画祭でグランプリ、先日のゴールデングローブ賞、 脚本賞&助演男優賞ノミネート(マットディロン) アカデミ�... [Read More]

Tracked on February 18, 2006 at 11:10 AM

» クラッシュ [toe@cinematiclife]
第78回 アカデミー賞   作品賞  監督賞(ポール・ハギス)  助演男優賞(マット・ディロン)  脚本賞(ボビー・モレスコ、ポール・ハギス)  編集賞(ヒューズ・ウィンボーン)  主題歌賞(“In the Deep”) の全6部門にノミネートされてる本作を早速見に行ってきた。 監督は、『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であり、本作が監督デビュー。 舞台はロス。 でも、ここに出てくるロスはハリウ... [Read More]

Tracked on February 22, 2006 at 01:09 AM

» クラッシュ [CINEMA草紙]
アカデミー賞にノミネートされたオールスター・キャストの群像ドラマ「クラッシュ」を [Read More]

Tracked on February 22, 2006 at 04:30 PM

» クラッシュ(映画館) [ひるめし。]
それはあなたも流したことのあるあたたかい涙 CAST:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 112分 本年度アカデミー賞主要5部門ノミネートしている本作。そういうコトなんでかなり期待しちゃっての観賞〜。 なんとも衝撃的な作品で人と人との繋がりが上手く描いた群像劇。ちょっと前に観た「ホテル・ルワンダ�... [Read More]

Tracked on February 26, 2006 at 10:03 AM

» 人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然事故現場脇...... [Read More]

Tracked on March 04, 2006 at 09:16 AM

» ポール・ハギス監督 『クラッシュ / CRASH』 ☆今年10本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『クラッシュ』公式サイト:http://www.crash-movie.jp/原題:CRASH製作:2004年アメリカ監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/テレンス・ハワード 《公開時コピー》人はぶつかりあう。人は人を傷つ...... [Read More]

Tracked on March 04, 2006 at 06:23 PM

» [ クラッシュ crash ]他者と衝突し、自己を再確認 [アロハ坊主の日がな一日]
[ クラッシュ crash ]@日比谷で鑑賞。 人種のるつぼアメリカ。ロサンゼルスももち例外ではない。 クリスマス間近のロサンゼルス。この都会でおこるひとつ の出来事(自動車事故)から思いもよらぬ“衝突”(クラッシ ュ)の連鎖反応が生み出され、様々な人々の運命を狂わせ ていく。いや狂わせるというより、自我に目覚める(アイデ ンティティを確立する)といったほうが適切かもしれない。 ... [Read More]

Tracked on March 05, 2006 at 07:05 PM

» Crash(クラッシュ) [街猫 in NYC=街猫日記 Part 2]
Crashを見て来た。 Reviewはこちら。 もうオスカーまでに見る機会もないと思ったがVillageの映画館でやっているのを見つけて、行ってみたのだ。 夫は評判の映画なので期待が高く、街猫はそうは言ってもたいした事ないだろうと思いながら見に行った。 そうすると....... [Read More]

Tracked on March 06, 2006 at 02:57 AM

» クラッシュ [シネクリシェ]
『THE 有頂天ホテル』と対極をなすかのような、重くてそして深い群像劇。  よくもまあ、これだけ登場人物の口から次から次へとあからさまに人種 [Read More]

Tracked on March 08, 2006 at 07:13 AM

» クラッシュ/crash [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:ドン・チードル/サンドラ・ブロック/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジト/ウィリアム・フィットナー/ブレンダン・フレイザー/テレンス・ハワード/クリス・“ルダクリス”・ブリッジス/サンディ・ニュートン/ライアン・フィリップ/ラレンツ・テイト/ノナ・ゲイ/マイケル・ペニャ/ロレッタ・ディヴァイン/ショーン・トーブ/ビヴァリー・トッド/バハー・スーメク/キース・デヴィッド/トニー・ダンザ/脚本:ポール・ハギス/ボビー・モレスコ/原案・監督:ポール・ハギス/作品『クラッシュ/cr..... [Read More]

Tracked on March 10, 2006 at 05:18 PM

» 【劇場映画】 クラッシュ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。人種差別主義者の白人警官は、裕福な黒人夫婦の車を止めていた。階層も人種も違う彼らがぶつかり合ったとき、悲しみと憎しみが生まれる。その先に、あたたかい涙はあるのだろうか。 (goo映画より) アカデミー賞の作品賞を受賞したこの映画、水曜日のレディー... [Read More]

Tracked on March 11, 2006 at 08:39 PM

« 中井久夫の『関与と観察』 | Main | 『picnic』に流れる感情 »