« 『サマリア』の風景に抱きしめられて | Main | 『僕のニューヨークライフ』とビリー・ホリディ »

January 28, 2006

蘇った「テクニカラーの美女」

060114w

最新技術で修復されたヒッチコック『めまい』のDVDが980円で発売されていて、思わず買ってしまった。

『めまい』は数あるヒッチコック作品のなかでも傑作として知られるし、そのめくるめく色彩のマジックのような映像は30年以上前に見たにもかかわらず鮮明に記憶に残っている。それだけじゃなく、キム・ノヴァクの匂うような女っぽさに大学生のこちとら、クラクラきた。

「テクニカラーの美女」って言い方がある。色の鮮やかさが際だつテクニカラーは『風と共に去りぬ』で評判になり、コダックのイーストマン・カラーに敗れて姿を消すまで、ハリウッドのたくさんの映画に使われた。肌色のつややかさ、衣装の発色の美しさ。テクニカラーは女優を美しく見せる。

「テクニカラーの美女」は、本来もう一世代古いモーリン・オハラ(赤髪がよく映えた)なんかを指すのだろうけど、僕にとって「テクニカラーの美女」といえば、この映画のキム・ノヴァクに尽きる。

レストランの緋色の壁を背景に、緑と黒の豪華なドレスに身をつつんだキム(写真)。白に近いブロンドの髪に白ブラウス、グレイのツーピースと同系色でまとめ、幽霊のように存在感の薄いキム。白いコートに黒のスカーフが風になびく海辺のキム。記憶のなかの「テクニカラーの美女」が蘇った。

キム・ノヴァクだけではない。カーテンに緑のネオンが映える幻想的な室内シーン。夜の町が漆黒に沈む交差点のインサート・ショット。樹齢2000年の杉に囲まれた森の闇の深さ。画面が赤や紫に変化するジェームズ・スチュワートの錯乱シーン。こんなに色彩をうまく使った映画はほかにない。

そんな映像が、おそらく1958年の公開時そのままの色彩で見られるのが嬉しい。

内容に関して言えば、『めまい』ほどさまざまに語られた映画も少ない。しかもヒッチコック自身がフランソワ・トリュフォーの質問に答えて、「この男は死んだ女と寝ること、つまり屍姦に夢中になっているわけだ」と、隠されたテーマをずばり語っている(『ヒッチコック トリュフォー 映画術』)。であれば、これ以上言葉をついやす必要もなく、ブロンド・フェチ=ヒッチコックの歪んだエロティシズムに惑乱するのみ。

|

« 『サマリア』の風景に抱きしめられて | Main | 『僕のニューヨークライフ』とビリー・ホリディ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/8383409

Listed below are links to weblogs that reference 蘇った「テクニカラーの美女」:

« 『サマリア』の風景に抱きしめられて | Main | 『僕のニューヨークライフ』とビリー・ホリディ »