« 「ある子供」のリアリズム | Main | 上野公園 6pm »

January 05, 2006

「愛より強い旅」のトランス

「愛より強い旅」はトニー・ガトリフ監督が97年につくった「ガッジョ・ディーロ」と似た構造をもつロード・ムーヴィーで、「ガッジョ」がそうだったように、この映画もまた、その映像と音がひたすら官能に奉仕している。音はまず音楽であり、さらに人の声であり、自然のざわめきでり、街の音でもある。

冒頭は男の背中、というより皮膚のアップ。カメラが引くと、男は窓から外をながめていて、環状道路とコンクリートの団地というパリ市街地周縁の映像。殺伐とした風景に、耳を刺すようなテクノ・ミュージック(っていうのかな? ガトリフの自作らしい)がかぶさっている。

男(ロマン・デュリス)はアルジェリア出身でロマの血を引く移民2世。パリ郊外に住む移民といえば、堀江敏幸の『郊外へ』その他に点描されたアラブ・アフリカ系の登場人物を思い出してもいいし、最近、移民2世の若者によって引き起こされた暴動を思い起こせば、2人が置かれている環境がよりリアルに感じられる。

ロマンはすっぽんぽんで、ベッドにはやはりアルジェリア移民の全裸の女(ルブナ・アザバル)。男がいきなり「アルジェリアへ行こう」とルブナに告げて、2人のアイデンティティーを求める旅が始まる。

フランスからスペインへ。セビリア、アルメリア、さらに地中海を越えてモロッコからアルジェリアへ。2人が移動する先々で異なった音楽が聞こえてくる。2人の身体はさまざまな音楽にさらされ、皮膚の細胞が開き、五感が解放されてゆく。

セビリアではフラメンコ。ルブナに裏切られたロマンが夜明けの広場で酒瓶を蹴飛ばすからんからんという音も音楽以上に美しい。

アンダルシアの港町アルメリア。不法労働者として働くアルジェリア人が住む廃工場のスラムからは、アルジェリア・ポップスのライが聞こえてくる。金を稼ぐためにプラム農園で働く2人が、赤く熟したプラムを枝や葉ごとむしゃむしゃやりながらキスするシーンにうっとり。赤土の並木道に野宿して、蚊の目になったカメラに向かってルブナが太股をむきだし、「ほら、刺してごらん」と挑発するシーンも素敵だ。

地中海を越えたモロッコでも、ライや民族音楽が流れる。ガスバ(葦笛)やベンディール(大型タンバリン)を使ったリズムとメロディーは、日本でCDを聞いているとアフリカ系ワールド・ミュージックのひとつとして抽象的に聞こえてしまうけど、モロッコの赤茶けた風景とともに流されると生々しい。

アルジェリアではスーフィズムの儀式。アフリカン・ドラムの単調なリズムと、巫女である女の歌に、ロマンとルブナはトランス状態に入ってゆく。

ロマンとルブナはここではじめて、異国の都市で抑圧されて育ったトラウマを解き放つ……と言ってしまえば、ロード・ムーヴィーのお約束。そんなふうにちょっと引いてながめてしまったのは、トランス状態に入った2人を追う画面がここではどこまでもドキュメンタリーぽくて、映像そのものが恍惚や官能を湛えてはいないような気がしたから。

トランス状態を説明するんじゃなく、トランスの恍惚そのものを伝えるのは、かのガトリフ監督とはいえ難しいものなんでしょう。もっとも官能は常により大きな刺激をほしがるから、頭からずっと官能を求めてきたこの映画のラストでは、見るほうも麻痺してて、ガトリフ監督に「もっと、もっと」と無理なことを求めてたのかも。

「愛より強い旅」はだから、ストーリーやテーマをどうこう言うより、その途中のひとつひとつの官能描写に酔えばいいんだね。原題の「EXILS」は「放浪者たち」。簡潔な響きの、いいタイトルです。

|

« 「ある子供」のリアリズム | Main | 上野公園 6pm »

Comments

TB有難う御座いました。
こちらからは出来ないようですので、コメントのみで失礼します。
  >ストーリーやテーマをどうこう言うより、その途中のひとつひとつの官能描写に酔えばいい
その通りだと思います。
最後の憑き物の取れたようなナイマの可愛らしい笑顔が印象的でしたね。

Posted by: マダムS | January 05, 2006 at 11:47 PM

>マダムSさま

コメントありがとうございます。

マダムのエントリはロマン君で盛り上がっているようですね。私は「ガッジョ・ディーロ」とこれのむさ苦しい彼しか見てないんですが、いい男なんでしょうね。

Posted by: | January 07, 2006 at 12:34 PM

TB元のエントリを一個間違えてしまいました。
すみません、前者の方を削除お願いします。

オープニングで鳴っていた音はテクノよりむしろアブストラクトミュージックじゃないかな、とウチの相方は申しておりました。
アブストラクトもテクノの一部でしょうから間違いはないと思うのですが、レンタルが出たらまた聴いてみたいと思います。

Posted by: kiku | January 10, 2006 at 11:41 PM

ご教示ありがとうございます。といって、私にはテクノとアブストラクトの区別がつきません。娘が聴いているのを解説してもらっても、ちっとも分からないのであきらめました。

話は変わりますが、元旦の夜、浦和駅近くのレッズの店周辺はまっ赤っかでした。

Posted by: | January 11, 2006 at 06:41 PM

うらやましすぎます<まっかっか

Posted by: kiku | January 12, 2006 at 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/8017288

Listed below are links to weblogs that reference 「愛より強い旅」のトランス:

» [ 愛より強い旅 ]ウォークマンの似合う男、ロマン・デュリス [アロハ坊主の日がな一日]
[ 愛より強い旅 ]@渋谷で鑑賞。 [ ベンゴ ][ 僕のスウィング ]のトニー・ガドリフ監 督の最新作。常に音楽を題材に演出してきた監督。 本作[ 愛より強い旅 ]も13歳のときに祖国アルジェリア からフランスに渡り、どこにいても異国人のような感覚を 持ち続けたと言う監督が、自らをルーツをめぐる自叙伝的 要素を含んだ作品。監督の分身とも言えるザノを演じるの は、フランスのNO.1俳優ロマン・デュリス。 ... [Read More]

Tracked on January 05, 2006 at 07:58 PM

» EXILS 『愛より強い旅』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
愛より強い旅 エキゾチックな音楽とその世界に圧倒されて魅せられる。 大地に弾ける生命のエネルギーがまぶしい。 素晴らしい音楽映画を作り続けるトニー・ガトリフ監督の最新作。注目のロマン・デュリスが主演でアフリカ大陸へも渡る7000キロのロード・ムービーだなんて思いきりツボ。こんな旅がしてみたーい。 ガトリフ監督と家族は1960年代初頭にアルジェリアからフランスへ渡っており、この物語は監督自身のルーツを辿る旅なのである。EXILS・・・流浪、はみだし者 パリに住むザノとナイマが両親... [Read More]

Tracked on January 05, 2006 at 09:31 PM

» 『愛より強い旅』 [Brilliant Days ]
(原題:EXILS) 2004年 フランス 2005年カンヌ国際映画祭 最優秀監督賞受賞作品 監督・脚本:トニー・ガトリフ 出演:ロマン・デュリス/ルブナ・アザバル EXILS(エグザイルズ)とは、流れ者、放浪者のような意味。 ガトリフ監督自らのルーツでもある"流浪..... [Read More]

Tracked on January 05, 2006 at 11:41 PM

» 愛より強い旅 [chat gourmand]
今年のカンヌで監督賞を獲った作品。 これが初めて見るトニー・ガトリフだったら、なにがどうなん?てな感じでとまどうかもしれませんが、とにかくトニー・ガトリフの映画は、まず音楽ありき。音楽から映画のすべてが発生しているといっても過言ではない。わたしはすいぶん....... [Read More]

Tracked on January 06, 2006 at 05:39 PM

» 愛より強い旅 (仏) [映画で旅する]
【みどころ】13歳のときに祖国アルジェリアからフランスに渡ったというガトリフの、自身のルーツを辿る自伝的要素を含んだ作品。パリに暮らす青年が、自身のルーツであるアルジェリアを目指して旅に出る。テクノミュージックに始まり、アンダルシアのフラメンコの調べ、アフ....... [Read More]

Tracked on January 07, 2006 at 03:14 PM

» 『愛より強い旅』 [kiku's]
シネマスコープサイズの映画を観るのは久しぶりのような気がする。つっか、最後が何だ [Read More]

Tracked on January 10, 2006 at 11:19 PM

» 愛より強い旅 [Alice in Wonderland]
本日は愛より強い旅を見に行きました。あまり音楽には詳しくないし、ガドリフ作品初の私には少し上級者向けの難しい映画になりました。ガドリフ監督の独特の世界観に慣れるために他の作品も見てみたいな。 パリでの生活にどこか違和感を感じ続けていたザノは、恋人ナイ...... [Read More]

Tracked on January 13, 2006 at 12:55 PM

» 愛より強い旅 [hidesignlab.™ blog]
EXILS [Read More]

Tracked on February 02, 2006 at 06:27 AM

« 「ある子供」のリアリズム | Main | 上野公園 6pm »