« 『嗤う日本の「ナショナリズム」』のカギカッコ | Main | 昼の月 »

December 07, 2005

『VGのハービー・マン』のアフリカ

RIMG0291w

あまりの懐かしさについ買ってしまった。再発された『ヴィレッジ・ゲートのハービー・マン』(ATLANTIC・1962)。高校時代にジャズを聞きはじめて、最初に買った何枚かのLPのうちの1枚。確か最初に買ったのがMJQ、次がこれ、それからマル・ウォルドロンで、次がオーネット・コールマンのストックホルム・ライブと、あきれるくらい一貫性がないね。

このハービー・マンのライブは当時、ジャズ喫茶の人気盤だった。2時間か3時間ねばっていると、たいてい1回はかかった。ヒット曲「カミン・ホーム・ベイビィ」と名曲「サマータイム」がカップリングされたA面がかかることが多かったけど、たまにかかるB面の「イット・エイント・ネセサリー・ソウ」も捨てがたい。

20年ぶりくらいで聞いて、「サマータイム」のハービー・マンの見事なアドリブを、フルートに合わせて今でも口ずさめるのが嬉しかった。

もうひとつの「発見」は、濃厚にアフリカ色があること。当時は、ノリのいいポップなジャズだとばかり思っていた。コンガにアフリカン・ドラムと2本のアフリカ楽器が入り、ハービー・マンの背後で絶えることなくアフリカのリズムを叩きだしている。とくに「イット・エイント・ネセサリー・ソウ」は、アフリカのジャズかと思えるほど。

その後、ダラー・ブランドをはじめアフリカのミュージシャンがジャズ・シーンに登場するけど、その先駆をなすような意欲的な盤だったのかもしれないな。

|

« 『嗤う日本の「ナショナリズム」』のカギカッコ | Main | 昼の月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/7458103

Listed below are links to weblogs that reference 『VGのハービー・マン』のアフリカ:

« 『嗤う日本の「ナショナリズム」』のカギカッコ | Main | 昼の月 »