« マッコイ・タイナーに陶酔 | Main | ケヤキの最後の紅葉 »

December 21, 2005

「ブレイキング・ニュース」の長回し

「ブレイキング・ニュース」は、絶好調の香港ノワールの新作。期待にたがわず楽しめた。なかでも3つのシーンが、物語と手法とが密接に絡み合って印象に残る。

ひとつは、冒頭の1シーン1カット。路地裏のアジトから、銀行強盗の一団がまさに出撃しようとしている。特捜班の覆面パトカーが、それを監視している。警官が偶然通りかかり、強盗の車に不審を抱いて尋問する。ふとしたことからギャングが発砲し、特捜班も応戦して銃撃戦になる。

……といったあたりまで、7分間が1カットで撮影されている。路上から階上のアジトの室内へ、そしてまた路上へとクレーンを使って激しく移動しながら、何かが起こりそうな気配と、不審を抱かれた一味の緊迫、そして白昼のすさまじい銃撃戦が見事なカメラ・ワークで撮影されている。

その長い長い1シーン1カットは、アンゲロプロスやキアロスタミやホウ・シャオシェンの静謐な長回しではなく、例えばオーソン・ウェルズの傑作ノワール「黒い罠」のような、ケレンに満ち激しく動き回り移動する1シーン1カットを思い出させた。

7分間の錯綜したアクションを1カットで見せる腕の冴えは鮮やかだけど、それ以上に、カットとカットをつなぎモンタージュする映画的処理がなされていないので、観客は、その場に偶然居合わせた誰かがカメラを回しっぱなしにした映像の中継を見ているような気分にさせられる。

物語のその後の展開が、警察側と犯人側がテレビとインターネットを使って共に現場の映像を流し、どちらが観客(視聴者)の支持を得るかを争うことになってゆくことを考えると、「中継」と「観客(視聴者)」がこの映画のキーであることを、冒頭の回しっぱなしの映像があらかじめ予告しているようにも思える。

特捜班に追われた強盗団の一味は、下層階級が住む高層アパートの一室に逃げ込む。そのアパートには強盗とは関係のない殺し屋も潜んでいて、非常線を張った警察に追われて同じ部屋に逃げ込む。印象的なふたつ目は、その一室のキッチンでのシーン。

腹が減ったと、強盗のリーダー、リッチー・レンが料理をつくりはじめる。殺し屋のユウ・ヨンもキッチンにやってきて、包丁を握り野菜や魚を手慣れた手つきでさばいてゆく。カメラはそれをホームドラマの1シーンのように穏やかに見つめている。そこまで緊迫していたリズムが一気にゆったりする。大陸から来た強盗団のリーダーと、やはり大陸からやってきた殺し屋が互いに友情を抱きはじめる一瞬が、キッチンという一見そぐわない場で鮮やかに捉えられていた。

実は、部屋の住人で人質になったタクシー運転手(おなじみラム・シュー)も大陸出身で、人質と強盗と殺し屋3者のひそかな共感も画面に漂っているらしいのだけど、言葉が理解できないので微妙なニュアンスは分からない。いずれにしても、映画の前半と後半をつなぎ、しかも後半の味わいを濃厚にするリズムの変化のうまさ。

3つ目は、後半の高層アパートでの銃撃戦のいくつものシーン。狭い廊下や階段を舞台に、特捜班、機動部隊と強盗団、殺し屋の銃撃戦が繰り広げられる。狭い廊下の水平な空間の奥行きと、階段やエレベーターの垂直な空間の高低が巧みに使われている。横長のシネスコ・サイズは本来そんな奥行きや高低を処理しにくいものだと思うけど、ジョニー・トー監督はそれを嬉々として楽しんでいる。

主役のケリー・チャンは、ちょっと損な役回りにも思えた。女っぽさを殺した役柄な上に、再び路上に戻ったラスト近く、ケリーはリッチー・レンに何の抵抗も見せない。エリート指揮官がそれじゃあまずいんじゃないの?

最後の強盗と殺し屋の仕事に、ちょっとした仕掛けがほどこされているのも洒落てるね。


|

« マッコイ・タイナーに陶酔 | Main | ケヤキの最後の紅葉 »

Comments

余計な感情移入をさせないクールさが好きなんですが、今回はキッチンのシーンのホロリもまたよしと感じられました。

すみません。
トラックバックが二重になってしまいました。

Posted by: かえる | December 28, 2005 at 12:52 AM

キッチンのシーンはインターミッションみたいで利いてましたね。僕はジョニー・トーあんまり見てないですけど、クールな「PTU」より、ややウェットなこっちが好みでした。

Posted by: | December 29, 2005 at 07:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/7717469

Listed below are links to weblogs that reference 「ブレイキング・ニュース」の長回し:

» [ ブレイキング・ニュース ]冒頭から釘づけ [アロハ坊主の日がな一日]
[ ブレイキング・ニュース BREAKING NEWS ]@渋谷で鑑賞。 エンターテイメントやサスペンスムービーは、漫才やコン トなどのお笑いに似ている。つかみがよければ、途中に少 々のアラがあっても、勢いで観客はラストまで楽しんでみ てくれるものだ。お笑いなら笑える空気、映画ならゾクゾ クする雰囲気が作れるかどうかだ。 ... [Read More]

Tracked on December 21, 2005 at 12:24 AM

» 『ブレイキング・ニュース』 [ラムの大通り]
----ジョニ−・トー、今年日本に来るの2本目だね。 あまり相性がよくなかったんじゃなかったっけ。 「うん。そのはずだったんだけどね。 この映画はいい意味で裏切ってくれた。 カンヌ国際映画祭のワールドプレミアでも 10分間のスタンディング・オベイションが続いたと言うけど、 それも分かるな。 クレーン撮影を駆使した冒頭7分間に及ぶ ワンカット・ワンシーンの銃撃戦だけでも、 もうお腹いっぱいだ」 ----それっ�... [Read More]

Tracked on December 21, 2005 at 12:28 AM

» 『ブレイキング・ニュース』あるいは、ズレていくことの魅力 [cinemabourg*]
映画を観ていると、時に、空いた口が塞がらないという状態になることがあります。それは、あまりに弛緩した画面に呆れかえる場合と、あまりの素晴らしさにしばし放心状態に陥る場合とに分けられますが、50歳を超えて今なお世界一多作ではないかと思われるジョニー・トー監督の新作『ブレイキング・ニュース』の冒頭7分間にわたる、息を飲むほか無い程緊迫したシークエンスショットの見事さを前にした私は、文字通り空いた口が塞がらない状態になりました。無論、後者の意味で。 どこにでもあるような香港の路地の一角を、やや俯瞰気味で捉... [Read More]

Tracked on December 21, 2005 at 11:19 AM

» **大事件 Breaking News ネタバレあり** [日刊【考える葦】Returns]
香港からアッチ盤を取り寄せました。もちろん日本語字幕はありませんが、英語字幕を頼りに3回ほど見てようやく大体の内容を把握しました。やっぱり、学生時代にもっと勉強しとけば・・・(以下略)。まあ、内容が内容だけに(専門用語等はなし)理解できましたが。それより..... [Read More]

Tracked on December 21, 2005 at 10:02 PM

» 『ブレイキング・ニュース』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
スリリングでクールで息つく間もなくおもしろい。 香港の市街地と高層アパート内での強盗団VS警察の攻防戦。 そして、警察のメディア戦略。 冒頭から、緊迫感に包まれる。そして、凄まじい銃撃戦。 それは、7分間のワンカットで展開するから圧巻。 一体何が起こっているのか事情が全然わからないのに 釘付けになってしまうのがジョニー・トー作品の魅力。 浅野忠信風の男に、リーダーは永瀬正敏風。 ミッションには金子賢風や宍戸譲風が出ていたよね。 ケリー・チャンにはちょっと違和感があったけ... [Read More]

Tracked on December 28, 2005 at 12:46 AM

» ブレイキング・ニュース [□film-navi〔フィルムナビ〕]
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのブレイキング・ニュース情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... [Read More]

Tracked on December 31, 2005 at 04:37 PM

» 映画の感想募集中! [フィルムナビ〔film-navi〕]
DaysofBooks,Films様、ブレイキング・ニュースのトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には、ぜひまたトラックバックして下さい。お待ちしております!... [Read More]

Tracked on January 01, 2006 at 04:34 PM

» ブレイキング・ニュース [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
先月半ばまでユーロスペースがあった場所にできたシアターN渋谷に行ってきました。ユーロスペース時代と大きく変わってはいませんでしたが、ロビーのカウンターの位置や雰囲気は、以前より、少しすっきりした感じがしました。 オープニング作品の一つ、ブレイキング・ニュースを... [Read More]

Tracked on January 05, 2006 at 03:41 PM

» 『ブレイキング・ニュース』 [Rabiovsky計画]
『ブレイキング・ニュース』公式サイト ブレイキング・ニュース - 映画作品紹介 監督:ジョニー・トー 脚本:チャン・ヒンカイ 、イップ・ティンシン 出演:ケリー・チャン 、リッチー・レン 、ニック・チョン 、    ラム・シュー 、ユウ・ヨン 2004....... [Read More]

Tracked on January 05, 2006 at 05:32 PM

» 「ブレイキング・ニュース」を観て [GrasspandaのWeb日記]
 今年最初の劇場で観ることになった映画「ブレイキング・ニュース」、かなり楽しめました。銀行強盗団を追い詰めながらも逃してしまった香港警察が威信を回復する為、アパートに逃げ込んだ犯人逮捕をマスコミに中継するという作戦に出る話。  メインのプレイヤーは香港警察本部でこの作戦の指揮を執るレベッカ(ケリー・チャン)と現場で犯人を追う警部補チョン(ニック・チョン)、そして強盗団のリーダー格ユアン(リッチー・レン)。映画の最初は強盗団... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 10:51 PM

» ブレイキング・ニュース [オイラの妄想感想日記]
香港映画の最後の砦と言っても過言では無いと思う。 さすがジョニー・トー! あんた、凄いよ、面白かったよ。 [Read More]

Tracked on January 20, 2006 at 09:11 AM

« マッコイ・タイナーに陶酔 | Main | ケヤキの最後の紅葉 »