« 庭の紅葉 | Main | 『イン・ハー・シューズ』のハリウッド度 »

November 27, 2005

『TAKESHIS'』の妄想世界

北野武もついにフェリーニみたいになったね。

『TAKESHIS'』は作品としての完成度はともかく、まるでフェリーニの『8・1/2』や『女の都』のようにシュールな極私映画だった。

ロースルロイスに乗ったビートたけしがマネジャー(大杉漣)や愛人(京野ことみ)を引き連れてテレビ局や麻雀屋に出入りする日常と、たけしの分身と思しい、役者になりたくてオーディション巡りをしているコンビニ店員(北野武)の日常とが、現実と幻想の境界もなく交錯している。

たけしの分身であるコンビニ店員は北野武の売れない時代の自画像とも取れるし、人気者になったたけしの内的な妄想(売れなくなる恐怖、あるいは落ちぶれ願望)とも取れる。

『8・1/2』や『女の都』が、フェリーニがなぜアニタ・エグバーグやソフィア・ローレンみたいな巨乳美女に執着するのか、少年時代に遡ってそのタチの所以を描いてみせたように、この映画も北野武のいろんなタチが意識的にも無意識的にも露わになっているように思った。それを楽しむのが、この映画じゃないかな。

気づいたことを箇条書きに。

・女優は愛人役の京野ことみと、北野映画の常連・岸本加世子(7役)。岸本加世子は、過去にたけしと愛人関係にあったらしい役もやっていて、恨みがましい目をした岸本からたけしは水をぶっかけられたりする。たけしは、まんざらでもない表情をしている(ように見える)。察するに、北野武はあまり女っぽい女は好きじゃなく、中性的な女性(それも貧乳?)が好きみたい。

・花束のユリに極彩色の毛虫(CG)がうごめくイメージが繰り返し登場する。それが巨大な張りぼてになり(『女の都』の巨大な唇の張りぼてのように)、その怪物に大物歌手役の美輪明宏が重ねられる。美輪の「よいとまけの唄」に合わせて、張りぼてでよいとまけをするシーンもある。もぞもぞ動く極彩色の毛虫は、あたかもたけしが自分でそうありたい、おぞましくも美しい姿かもしれない。

・北野武の映画を通底しているのは「死の誘惑」だと思う。過去の自分の映画をなぞるように無数の弾丸が発射されるけれど、まっさきに殺されていいはずのたけしだけはなぜか死なない(死ねない)。生き残る、死ねないヒーローたけしに、僕は逆に『ソナチネ』に露骨に現れていたたけしの死にたい願望を感じた。なかでも冒頭とラストシーンに出てくる、銃を構えた米兵に見下ろされ死体のふりをするショットは何なんだろう。米兵を日常的に見かけた昭和20年代の何らかの体験か、それとも少年時代に見た『コンバット』のようなアメリカのテレビドラマや映画の記憶なのか。

・たけしの死にたい願望を浄化する場所として、沖縄(あるいは海辺)がある。そこから「キタノ・ブルー」の色調が出てくるのだけれど、この映画でも沖縄は繰り返し登場する。僕は北野武の映画のなかで『ソナチネ』がいちばん好きだけど、あの映画の沖縄の空と海は『TAKESHIS'』にそっくり受け継がれている。

・たけしの分身であるコンビニ店員は、旋盤のある町工場の2階、木造の安アパートに住んでいる。たけしは東京の田端で生まれ育っているけど、まさに昭和30年代のこのあたりの風景を思い出させる。たけしの原風景。

・その安アパートの柱や窓枠が青や赤に塗られていて、それが、しがないコンビニ店員は売れっ子タレントたけしの内的妄想かもしれない非現実感を醸し出している。他にもコンビニの制服がピンクだったり、黄色が頻出したり、色の遊びが随所に顔を出す。かつて鈴木清順は『肉体の門』で4人の娼婦の衣装にそれぞれ4色を当てて描きわけるユニークな演出をしたけど、そんなことも思い出した。

ここまでフェリーニをやるなら、次は傑作『フェリーニのローマ』に倣って『TAKESHIS' TOKYO』を撮ってほしいな。

(後記)うかつなことに映画のタイトルが『TAKESHI'S』だとばかり思っていて、正しくは複数形の『TAKESHIS'』であることに記事をアップしてから気づいた。北野武とビートたけし、内的妄想と過去の記憶といった複数のTAKESHIが錯綜している映画と考えればいいのだろう。

|

« 庭の紅葉 | Main | 『イン・ハー・シューズ』のハリウッド度 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/7340093

Listed below are links to weblogs that reference 『TAKESHIS'』の妄想世界:

» TAKESHIS' [秋日和のカロリー軒]
北野ローカル  北野映画を見続けてきた者としては、この新作が、あの1995年の『みんな〜やってるか!』の十年振りの続編なのではないかと思えてしまうわけですが、あらゆる作家は自己を反復しながら意図的にズレを生成してゆくという意味で、そこらの輩にこの作品をそう...... [Read More]

Tracked on November 27, 2005 at 11:18 AM

» 北野たけしの夢の中◆『TAKESHIS'』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月25日 TOHOシネマズ木曽川にて この作品をどう評価したらいいか、私には全く分からない。傑作とも言えないし、駄作とも言えない。北野たけしが何を描こうとしていたのか分からない。まるで、たけしの夢の中を見せられているようだった。時に映画監督は、観客を完全に....... [Read More]

Tracked on November 27, 2005 at 06:20 PM

» TAKESHIS’@北野武 [◆走食見聞録 《ブログ》◆]
まずはこちらをクリック〜♪ ☆人気ブログランキング☆ 有名ブログ☆ランキングへ 『 こんな映画みたことねぇっーーーーーー!!! 』 昨日(5日)に映画 『 TAKESHIS’/ タケシズ 』 を見てきたのですが、↑がそのときの感想でし{/face_nika/} なぜ 『 TAKESHI'S 』 ではなく 『 TAKESHIS' 』?・・・ まぁそんなことはさておき 賛否両論ありますが�... [Read More]

Tracked on November 27, 2005 at 11:13 PM

» 「TAKESHIS'」(赤編)僕はこの映画、意図も仕組みも理解できました。 [煮晩閃字]
「TAKESHIS'」をついに観てきました。 今回はイラストじゃなくパンフレットの写真です。この赤編はパンフレット未見、いろんな人の感想ほとんど未見での観終っての率直な感想です。 今回は赤編・青編の2バージョンでレビューします。 この映画めっちゃ良かっ...... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 04:41 AM

» 「TAKESHIS'」(青編) 私と俺と僕、俺の俯瞰で見た妄想な感想の連想。 [煮晩閃字]
 先程、犬の散歩に行ってきたのだが、外に出て私は驚いた。昼間と違い酷く冷え込んでいたのだ。ふと空を見上げると鮮やかな暗黒がそこに存在していた。私の住む街は都会なので数える程ではあるのだが、散りばめられた星が何故だか解らないが兎に角美しく、見とれていたらオ....... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 04:42 AM

» TAKESHIS' [Akira's VOICE]
身を委ねて没頭すると不思議な感覚に陥る体験映画。 [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 05:24 PM

« 庭の紅葉 | Main | 『イン・ハー・シューズ』のハリウッド度 »