« 骨董通り | Main | 「イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー」 »

November 12, 2005

嶋津健一・かなさし庸子ライブ

RIMG0257w

嶋津健一(p)、かなさし庸子(vo)のライブ(11日、六本木・リラキシン)。

この夜のかなさし庸子は普通にスタンダードを歌うのでなく、ほとんどスキャット(それもシャバダバダというやつでなく彼女独特の)というユニークな歌い方でバップの曲なんかを。声が言葉でなく音として聞こえてくると、身体が見事な楽器だというのがよく分かる。ピアノトリオ+ヴォーカルというより、ボディという楽器の加わったカルテットの演奏に聞こえた。

アメリカ先住民の詩に新井満が曲をつけた「千の風になって」や、最後の「キャラバン」までたっぷり楽しむ。

|

« 骨董通り | Main | 「イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/7059149

Listed below are links to weblogs that reference 嶋津健一・かなさし庸子ライブ:

« 骨董通り | Main | 「イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー」 »