« MJQ以前のMJQ | Main | 庭の紅葉 »

November 23, 2005

『親切なクムジャさん』のカメラ目線

映画の冒頭、刑務所から出所したクムジャさんのイ・ヨンエが牧師一行から出迎えを受ける場面で、イ・ヨンエがいきなりカメラを2度、見据える。見ている側は、おいおいいったいこの映画は何なのとうろたえてしまう。

ドキュメンタリーは別として、ふつうフィクションの映画で俳優がカメラを見つめることはしない。それは撮る側と見る側の約束事みたいなものだ。例外は、たとえばハードボイルドでカメラが探偵の目になったときのように、カメラが一人称として使われるとき。もうひとつは、つくり手が「俳優はカメラ目線にならない」という約束ごとを意図的にこわし、架空のつくりごととして安心してスクリーンを見ている観客の、ドラマとの安穏な関係性を揺さぶろうとするとき。

後者の例に初めて出会ったのは黒澤明の『素晴らしき日曜日』(1947)だった。貧しい恋人たちが無人の日比谷野外音楽堂でデートしている。挫折しそうな音楽家志望の男を励まして、恋人の女性がいきなりカメラを見て、観客に向かって「皆さん、拍手してください」と訴える。敗戦から2年後の公開時には、満員の映画館は大きな拍手に包まれたのではないだろうか。僕が見たのはそれから20年後、八重洲のフィルム・ライブラリーで、そのとき拍手は起こらず、拍手しない(できない)自分に尻がむずがゆくなるような居心地の悪さを感じた。

『親切なクムジャさん』のラスト近く、イ・ヨンエはもう一度、カメラを長い時間、無言で見つめる。このとき、見る側はイ・ヨンエがどんな人生をたどり、どんな行動を起こし、今どんな感情を抱えているのかが分かっている。だから彼女が「拍手してください」とは言わず無言のままでも、見る側は彼女がスクリーンを跳び超えて観客に直に何を訴えたいのかを理解する。このラスト近いイ・ヨンエのカメラ目線は、『素晴らしき日曜日』のカメラ目線と同じ構造だろう。

ところが冒頭のイ・ヨンエの2度のカメラ目線は、それとは違うように感じた。観客はまだイ・ヨンエがどんな人物で、なぜ刑務所に入っていたのかを知らされていない。その人物について何の情報もないまま、観客はいきなり主役のクムジャさんからひたと見据えられる。だからカメラを見つめるイ・ヨンエのクムジャさんは、観客に向けて何のメッセージも発していない。ただ、見る側はいきなり暗黙の約束事を破られ、スクリーンの向こう側と観客との安全な関係性を壊されたことにうろたえる。

映画が進むにつれて、あ、これがパク・チャヌク監督のやり方なんだな、と気がついた。

パク・チャヌク監督は、観客の感情を揺さぶり、映画に引き込むためにあらゆるものを動員する。極限的な設定、耽美的であったり様式的であったりする映像、いつも高鳴っている音楽。おびただしい血(そしてアイシャドーや壁の赤)の描写。観客の神経を逆撫でする残酷描写。冒頭のカメラ目線もそういう感情動員の手口のひとつとして、映画の常識的なコードとは関係なく、ともかく観客の感情を揺さぶるためだけに採用されたショットなのだろう。

考えてみれば、そんな姿勢は『オールド・ボーイ』でも一貫していた。ただ、揺さぶられスクリーンの向こう側に動員された感情が、『オールド・ボーイ』では最後に見事に結晶した(好き嫌いはともかく)のに対して、同じ復讐のテーマをもつ『親切なクムジャさん』ではそれが結晶せず、途中ではぐらかされてしまったようにも僕は感じた。

クムジャさんの復讐というより、クムジャさんは途中から登場してくる複数の人間の復讐の念をあおり、その怒りを代行する「仕事引受人」みたいに見えてしまった。だからおびただしい「赤」の果てにおとずれる最後の「白」のシーンには、いまいち乗れないまま。

|

« MJQ以前のMJQ | Main | 庭の紅葉 »

Comments

こんばんわ コメントが遅れました(⌒_⌒;
なるほど”カメラ目線”ですっかりうろたえてしまいますよね。パク監督の非凡なアプローチに感心しますが、上手く言葉に出来ませんでした。 雄さんの文章力ですっかり代弁して頂いたようですっきり! ありがとう御座いました♪

Posted by: マダムS | November 26, 2005 10:44 PM

>マダムSさま

僕はイ・ヨンエは『JSA』しか見ていないのですが、この映画は彼女の過去のイメージを前提にしてつくられているみたいですね。

ラストの「天使のようなドレス」は、たしかにSさんのおっしゃるとおりなのかも。

Posted by: | November 28, 2005 01:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『親切なクムジャさん』のカメラ目線:

» 親切なクムジャさん [ネタバレ映画館]
 伝道師の吉幾三はどうなったんだ?!そして、ビー玉もいいけど、ガッちゃんは?!  13年もの間、無実の罪で服役したイ・クムジャ。刑務所内では顔が光っていたり、北の囚人に優しくしたり、魔女に復讐したり、腎臓移植したり・・・これはもう「親切」という言葉で表現できるものではない!わけがわからないほどの慈愛の精神に満ちた聖女のような女性だ。ということで、囚人仲間たちからも尊敬され、出所後に復讐しやすくなったクムジャさん。仲間�... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 02:52 PM

» 『親切なクムジャさん』 [ラムの大通り]
※<ネタバレ注>ご覧になってから読まれることをお勧めします。 ----チラシの裏に「最後の復讐が、一番哀しく、美しい」って 書いてあるけど、これってどういうこと? 「これは『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』に続く 監督パク・チャヌクの<復讐三部作>の最後の作品と言う意味なんだ。 物語は13年間無実の罪で刑務所に入れられたクムジャが出所する場面から始まる。 服役中、彼女は誰に対してもやさしい微笑を絶やさなか�... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 05:44 PM

» 『親切なクムジャさん』再見 [Swing des Spoutniks]
『親切なクムジャさん』公式サイト 『親切なクムジャさん』ノベライズ   先週『親切なクムジャさん』を初めて鑑賞したとき、パク・チャヌクらしい演出にそれなりに満足しつつも、どうにもこうにも釈然としませんでした。前二作とくらべるとインパクトが少ないのが期....... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 10:13 PM

» 『親切なクムジャさん』 [しのわずり]
『親切なクムジャさん』は東京国際映画祭のおりに見たかったのですが、イ・ヨンエの [Read More]

Tracked on November 23, 2005 10:51 PM

» 『親切なクムジャさん』2回目/アミューズCQN [『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』]
親切なクムジャさん/アミューズCNQ/19:15〜 監督:パク・チャヌク 出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク、クォン・イェヨン、キム・シフ、ナム・イル、キム・ビョンオク、オ・ダルス、イ・スンシン、キム・ブソン、ラ・ミラン、コ・スヒ、ソ・ヨンジュ、キム・ジング ...... [Read More]

Tracked on November 24, 2005 01:50 AM

» 『親切なクムジャさん』 [Rabiovsky計画]
『親切なクムジャさん』公式サイト 作品紹介『 親切なクムジャさん 』 監督・脚本:パク・チャヌク 出演:イ・ヨンエ 、チェ・ミンシク 、クォン・イェヨン 、    オ・ダルス 、キム・シフ 2005年/韓国/114分 おはなし Yahoo!ムービー 子供を誘....... [Read More]

Tracked on November 24, 2005 01:57 AM

» 「親切なクムジャさん」イ・ヨンエの代表作! [soramove]
「親切なクムジャさん」★★★☆ イ・ヨンエ、チェ・ミンシク主演 パク・チャヌク監督、韓国、2005年 自分の娘を守るため、 誘拐、殺人の身代わりで 13年の刑を終えた主人公。 彼女は復讐を誓った。 白く美しい顔に 真っ赤なアイシャドウを塗り、 服役中に...... [Read More]

Tracked on November 25, 2005 08:12 AM

» 親切なクムジャさん [toe@cinematiclife]
これ、おもしろい。 すっごく面白かった~。 気になっている人には、是非観て欲しいけど、できれば、先入観なしで観て欲しいので観終わった人だけ読んでね♪ <STORY> 20歳のクムジャ(イ・ヨンエ)は、「ウォンモ君誘拐事件」の犯人として刑務所に入所。 刑務所の中では、他の囚人達に対し、常に親切に接してきたことから“親切なクムジャさん”とあだ名を付けられる。 そんなクムジャさんが13年の刑期を終え、出... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 02:04 AM

» 親切なクムジャさん [我想一個人映画美的女人blog]
「復讐者に憐れみを」「オールドボーイ」に続く, パクヌチャク監督 の復讐三部作、完結篇!! 他に、「JSA」というちょっとお堅い作品もあるけど(あんまりピンとこなかった) この監督は、やっぱりスゴイ! 三部作といっても、続編でも何でもないのでどれから観てもOKだし、 韓流に馴染みない人でも比較的すんなり観られるんじゃないかな? ただし、痛さや激しい精神的苦痛を画面上で受けるのに耐えられれば、、、。{/face_ase2/} ... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 09:04 AM

» 『親切なクムジャさん』 [Brilliant Days]
「JSA」で初めてイ・ヨンエを観た時は・・ 綺麗だけど表情に乏しくて床の間のお人形さんみたいだなぁ~という印象。 4年後、般若のような形相で復讐の鬼と化した女を熱演し、 ヴェネチア映画祭では今一歩で主演女優賞を逃すほどの大女優になるとは!!驚きました。再びパ..... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 11:07 AM

» 試写会「親切なクムジャさん」 [こまったちゃん。のきまぐれ感想記]
試写会「親切なクムジャさん」開映18:30@よみうりホール 「親切なクムジャさん」 Sympathy For Lady Vengeance  2005年 韓国 配給:東芝エンタテインメント 監督:パク・チャヌク 脚本:チョン・ソギョン、パク・チャヌク 撮影監督:チョン・ジョンフン 出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク、クォン・イェヨン、キム・シフ、    ナム・イル、キム・ビョンオク、オ・ダルス、イ�... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 08:56 PM

» 「親切なクムジャさん」@よみうりホール [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
同行者のMさんが18:20過ぎても会場に到着しなくてドキドキしましたが無事に25分到着。ギリギリセーフ!中ではあきちゃんと合流して一緒に見ました。 {/kaeru_shock2/}STORY 日本語オフィシャルサイト 物語は13年間無実の罪で刑務所に入れられたクムジャが出所する場面から始まる。服役中、誰に対しても優しい微笑を絶やさなかったことから「親切なクムジャさん」と呼ばれていた彼女は、自分を陥れた男に復讐するため、仲間の元... [Read More]

Tracked on November 27, 2005 05:31 PM

» 「親切なクムジャさん」 Sympathy for All vengeance [俺の明日はどっちだ]
久々の韓国映画、しかもポスターすらろくすっぽ見ずにまったく予備知識を持っていなかったので、題名から何故か「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」を思い起こしてクムジャさんというおじいさんが出る映画なのではと甚だ勝手ながら思い込んで観てみると、そこには梶芽衣子がいた。(ガーン!) と書いてもわかりにくいだろうけれど、とにかく男に裏切られ刑務所に収監され復讐を誓い見事果たすというストーリーにカ�... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 01:44 AM

» 親切なクムジャさん [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
パク・チャヌク監督、復讐三部作のラスト「親切なクムジャさん」。 韓国ではこの映画でクムジャさんが笑顔で発した台詞 「早く死んでね」などが、流行語になるほどの流行りよう。 また主演の韓国の国民的美人女優イ・ヨンエが、今までの 清純なイメージを捨て復讐にも...... [Read More]

Tracked on December 14, 2005 04:47 PM

» 親切なクムジャさん [泥海ニ爆ゼル]
「親切なクムジャさん」 パク・チャヌク監督作品の復讐三部作の第三作目。「オールド・ボーイ」「復讐者に憐みを」で人間の陰惨にも苛烈な本性をむき出しにした。今回は、子を奪われ、殺人の濡れ衣を着せられ13年も入獄した女性の復讐劇を紡ぎだす。主演はイ・ヨンエ。「宮廷女官 チャングムの誓い」「JSA」に出演。 多くの映画評では「三部作の中で最も美しく、残酷な作品」と言われているんだっけ? この作品が「美しい」と評されている理由には、まず復讐の仕立て方にクムジャのこだわりが見えるところでしょうか。... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 01:01 AM

» 「親切なクムジャさん」 [ストーリーの潤い(うるおい)]
私が一番好きな映画監督のひとり、パク・チャヌク監督作品なので、観てきました。 私、残酷描写は苦手。 が、ポール・バーホーベンとパク・チャヌクの作品は、グロテスク描写をガマンさせるほどの面白さが。 なので仕方ない。観にいくしかない・・・ パク監督の復讐三....... [Read More]

Tracked on February 10, 2006 10:23 PM

» 【劇場鑑賞19】親切なクムジャさん [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
愛を奪われた 哀しみの天使 娘を奪われた美しい母の悲しく切ない復讐・・・ 涙あふれる愛と再生のドラマ 最後の復讐が、 一番哀しく、 美しい。 「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐3部作”完結編だそうで...... [Read More]

Tracked on March 04, 2006 12:47 AM

« MJQ以前のMJQ | Main | 庭の紅葉 »