« 嶋津健一のバラード | Main | アピチャートポン監督の映画2本 »

November 18, 2005

『ブラザーズ・グリム』の森

グリム童話を読んだのは小学校低学年のころだから、もう50年も前のことになる。それ以来いちども読み返してないけれど、今でも鮮明に残っているのは、いくつもの童話の舞台になっている森のほの暗い不気味さだ。とくに「ブレーメンの森の音楽隊」。東京近郊、関東平野のど真ん中で育ったから、森といってもせいぜい武蔵野の明るい雑木林しか知らない子供に、魔物が棲んでいる怖ろしい空間の印象は強烈で、森というもののイメージは実際の森ではなくグリム童話によってつくられたと言ってもいいくらい。

「ブラザーズ・グリム」は、そのグリム童話の森の不気味をキーワードに「赤ずきん」「白雪姫」「ヘンデルとグレーテル」なんかを組み合わせ、さらに作者であるグリム兄弟を登場させたブラックな味のファンタジー。

僕は流行りのファンタジーものにほとんど興味がないのだが、善悪が対立して善が勝利を収める単純な図式と金のかかったVFXという定番とはひと味ちがう映画に仕上がっている。そう思うと、森の木や根っこが動く、ややチープな感じのするVFXまで好ましい。

もうひとつ、この映画がグリム童話のほの暗い雰囲気を再現するのに成功したのは、プラハにロケしたからではないかな。グリム童話の舞台であるドイツでは、今では原生林はほとんど残っていないという。多分、プラハを拠点に近郊の森で撮影されたのだろうけど、いくらVFXやセットといっても素材となる現場の空気までは変えられない。カフカの原作をロシアで映画化した『変身』も確かプラハ・ロケだったように記憶するが、本国ドイツでは失われた前世紀の雰囲気がまだここでは残っているのだろう。

テリー・ギリアムの『ドン・キホーテを殺した男』が中断に追い込まれるまでを記録した『ロスト・イン・ラマンチャ』はなんとも面白い(アン)メイキング・フィルムだったけど、前作の失敗に懲りず、ファンタジーとはいえ子供の動員を見込めないブラックな映画をつくったテリー・ギリアムは腰の座った男だね。

マット・デイモンの田舎男ふうなペテン師のグリムもいいし、モニカ・ベルッティが魔性の魅力をたたえている。こういうお姫様になら、おじさんはいくらたぶらかされてもいいな。


|

« 嶋津健一のバラード | Main | アピチャートポン監督の映画2本 »

Comments

暗い森の雰囲気がとってもよかったですね。
森には小さい頃からあこがれていますー。
日本だと山林になってしまうんですよね。
ブレーメンの音楽隊も大好きですー。

Posted by: かえる | November 18, 2005 at 06:02 PM

このロケ地は「スリーピーホロウ」と同じ場所だそうで、雰囲気は良かったですね。
やや薄味に小生は感じましたが、テリー・ギリアムとなると期待しすぎるのかもしれません…。

Posted by: sheknows | November 18, 2005 at 10:38 PM

>かえるさま

あの森の暗さは、むかし読んだ記憶を昨日のことのように思い出させてくれました。「かえる」がよかったですね。

>sheknowsさま

『スリーピーホロウ』は残念ながら見ていませんが、この手の映画にはうってつけの雰囲気ですね。

確かに、テリー・ギリアムだと期待しすぎてしまいます。でも『ロスト・イン・ラマンチャ』の後も企画が何本か流れたらしいですから、見られるだけでよかったと、つい甘くなったりして。

Posted by: | November 20, 2005 at 12:21 PM

初めまして
最初にグリム兄弟が集めて回った”伝承民話”は とても子供向けでは無いような残酷なものだったと聞いておりますので、この映画はちょっと近いかもと思ったりしてます(^^;)

Posted by: マダムS | November 23, 2005 at 07:02 AM

>マダムSさま

TBありがとうございます。
こちらからも訪問させていただきます。
それにしてもこの映画は好き嫌いが別れますね。

Posted by: | November 24, 2005 at 05:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/7177570

Listed below are links to weblogs that reference 『ブラザーズ・グリム』の森:

» [ ブラザーズ・グリム ]お帰りなさい、テリー・ギリアム監督 [アロハ坊主の日がな一日]
[ ブラザーズ・グリム ]@吉祥寺バウスシアターで鑑賞。 [ ロスト・イン・ラ・マンチャ ]を観たときに、なん て不運な監督だろう。天災や出演者の病気などが相次ぎ、 映画が制作中止とは。[ ブラザーズ・グリム ]を作る までに7年間で5本の作品が流れたらしい。 こうなると、テリーギリアム監督作品を観ないわけにはい かない。必ず観よう。ということで、ようやく観にいける ことに。 ... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 02:06 PM

» 殴りこみだぜっ 「ブラザーズ・グリム」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
いや〜〜、面白かった!!{/kaeru_fine/} 今年のランキング、いきなり殴りこみのベスト3入りですねっ!! 最初は、周囲への遠慮もあり、クスクス笑いで必死に我慢しましたが、 途中からフルスロット全開!{/roket/} 周囲への配慮も忘れ、ゲラゲラ笑っちゃいました!!{/face_yaho/} 30過ぎて、しかも、バツイチにもなると、周囲への配慮より、 自分の笑いを大事にするようになるのです・・・。{/... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 02:33 PM

» 『ブラザーズ・グリム』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
カエルを信じろ。 映像世界はとーっても楽しかった。 物語的なハマり度はもうヒトコエかな・・・。 19世紀、フランス占領下のドイツ、魔物退治が旅をするウィルとジェイコブのグリム兄弟は、ある村で起こった連続失踪事件の真相解明のため、呪われたマルバデンの森に入る。 マット・デイモンのヨーロッパ舞台の時代コスプレを見るのは たぶん初めてなんだけど、意外とハマっていてビックリ。 ヒース・レジャーも今までのイメージとは違う役作り。 挙動が妙にコミカルで御伽ならではの愉快なグリム兄弟。 お... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 05:59 PM

» THE BROTHERS GRIMM [引き出しの中身]
ブラザーズ・グリム 監督:テリー・ギリアム 出演:マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ、レナ・ヘディ、ジョナサン・プライス、ピーター・ストーメア 2005年 アメリカ 何百年も眠ったまま王子様を待っていた眠り姫は… 暗い森の中に、あかずきんちゃんは迷い込んで… 森で出会った狼の眼は… 王子様のキスで白雪姫は… ガラスの靴を履いたシンデレラは… お菓子の家が森の中にあると聞いて、ヘンゼルとグレーテルは… さてさて、グリム童話。 知っておいでですね? これ... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 10:22 PM

» ブラザーズ・グリム [toe@cinematiclife]
テリー・ギリアムの『未来世紀ブラジル』が大好きで。 なんか、久しぶりにその感覚に再会して嬉しかったよ。 <STORY> ウィル(マット・デイモン)とジェイク(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、魔女退治と称して、“ウソの魔女”を登場させて、退治したフリをしながら、村人から金を巻き上げ、ヨーロッパ各地を渡り歩いていた。 そんなあるとき、フランス軍のドゥラトンプ将軍(ジョナサン・プライス)に捕まる。 将... [Read More]

Tracked on November 19, 2005 at 12:57 AM

» ★「ブラザーズ・グリム」 [ひらりん的映画ブログ]
久しぶりーーーーの、映画館鑑賞・・・ 勿論土曜はレイトショウのひらりん。 主演が、マッド・デイモンらしい・・・ しかも、モニ壁(モニカ・ベルッチ)も出てるらしいし・・・ 2005年製作のファンタジー・アドベンチャー、117分もの。 あらすじ以下ネタバレ注意↓ (反転モード・・左クリックのままマウスを動かしてね) この映画の監督は・・・ジョニー・デップ使おうとしたけど・�... [Read More]

Tracked on November 19, 2005 at 01:18 AM

» 「ブラザーズ・グリム」@よみうりホール [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
今日は2人ともお休みだったので一緒に試写会。よみうりホールでの試写会だったので、ちょっと早めに行ってビックカメラで「通勤一筆」を買ってもらいました☆やった〜☆明日から毎日通勤時に楽しみます。 {/kaeru_en3/}STORY 日本語オフィシャルサイト ウィルとジェイコブのグリム兄弟は、魔物退治をしながら、ドイツの村を旅していた。そんな時、ある村で起きた少女たちの失踪事件の調査を依頼される。呪われた森に行った10人の少女は、なぜ... [Read More]

Tracked on November 20, 2005 at 08:35 PM

» 『ブラザーズ・グリム』 [Brilliant Days ]
ドン・キホーテの話を撮り損なってしまい・・結局あの「ラスベガスをやっつけろ」から実に7年ぶりの監督作って事なんですね~テリー・ギリアム。 「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」などで観たあの独特な世界観で、このグリム兄弟の話をどう味付けしてくれているんで..... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 at 06:58 AM

» 映画「ブラザーズ・グリム」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
劇場で観ました。「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の奇才テリー・ギリアム監督作品なんで観ました。CGは流石によく出来ています。魔物が出てくる映画だと思っていましたが、そうでもなかったですし、「赤ずきん」「ヘンデルとグレーテル」などグリム童話の話を上手にス...... [Read More]

Tracked on November 29, 2005 at 11:39 PM

« 嶋津健一のバラード | Main | アピチャートポン監督の映画2本 »