« 『TAKESHIS'』の妄想世界 | Main | ディジー・ガレスピーの音色 »

November 29, 2005

『イン・ハー・シューズ』のハリウッド度

カーティス・ハンソンは、クリント・イーストウッドを別格とすれば、ハリウッドの良質な伝統をいちばんよく継いでいる監督だと思っている。特に『L.A.コンフィデンシャル』『ワンダー・ボーイズ』『8Mile』『イン・ハー・シューズ』という最近の4作はいろんなテイストの映画をそれぞれに楽しませてくれて、脂が乗りきってる印象。

「良質な伝統」ということを自分なりに説明すると、アメリカ映画を50年近く見てきて、ハリウッド映画の質が1980年あたりを境に大きく変わったことを実感している。ひとつはVFX(ヴィジュアル・エフェクト)と呼ばれるデジタルによる映画づくり。この技術の進化を初めて目の当たりにしたのは、やはり『スターウォーズ』第1作(1979)だった。

もうひとつは、プロデューサーの権限が大きくなって、マーケティング重視の映画づくりが主流になったこと。観客(モニター)に製作中のフィルムを見せてその声を反映させるようなやり方が一般的になった結果、3分に1度は観客をハラハラドキドキさせるテンポの速い映画が増えた。そんな、短いカットを積み重ねストーリー展開を速くする手法を最大限に推し進めて自分のスタイルにしたのが、例えばトニー・スコットやスティーブン・ソダーバーグだろう。モニターの意見によって結末を変えることも行われるようになった。

プロデューサー主導の映画づくりが盛んになったのは、超大作『天国の門』(1981)がコケて、そのせいでユナイトが倒産して以後のことじゃないかな。1本の映画に巨大な資金が必要になればなるほど、リスクも大きくなる。「ディレクターズ・カット」なんてのが出てくるのも、ハリウッド映画が監督ではなくプロデューサーの映画になったことの証拠だろう。

僕が良質の伝統といったのは、要するにそれ以前の、そうではない映画作りということ。歳のせいで昔の映画がよく見えるのさ、と言われれば、半分はその通りと答えるしかないけど、まあ聞いてよ。

そのように言ったとき、具体的には自分がアメリカ映画を見始めた1960年代以降のドン・シーゲルやロバート・アルドリッチといった監督の映画を念頭に置いている(これは好みの問題でもあるから、いくつもの名前と置き換え可能)。

見事なエンタテインメントでありながら、紋切り型にならない複雑な人物像を造形し、作り手のメッセージ(必ずしも政治的なものではない)をくっきり浮かび上がらせる。ドン・シーゲルの『殺人者たち』『ラスト・シューティスト』『ダーティ・ハリー』、ロバート・アルドリッチの『飛べ! フェニックス』『特攻大作戦』『カリフォルニア・ドールズ』なんかは、そういう意味で良きハリウッドを代表する作品群だったと思う。

なんて、大げさな前置きが長くなってしまったけど、『イン・ハー・シューズ』のことを語るのだった。

(以下、ネタバレです)
ラスト・シーン。ジャマイカ・レストランでのカジュアルな結婚式を終えて車に乗った姉のトニ・コレットが振り返ると、リア・ウィンドー越しに妹のキャメロン・ディアスが暗い車道に立って姉夫婦を見送っている。車のライトで逆光になったディアスの、輪郭だけのミディアム・ショット。

次の場面、ディアスはスキップを踏むようにまだ続いているガーデン・パーティのなかへ溶け込んでゆく。これもディアスのアップなしのミディアム・ショット。

さりげない終わり方が、いかにもこの監督だなあと思った。『8Mile』のラストで、ヒップホップ・コンテストに初めて優勝したエミネムが、これから夜勤の仕事だと言って暗い街角へ消えてゆくのと同じ。映画は終わるけど、まだドラマが完結したのではないという感触。明日もまたディアス(エミネム)の人生はつづくという日常のリアリティ。

映画の終わり近く、キャメロン・ディアスは、この男と結ばれるかもしれないと予感させる、亡くなった教授の息子と出会っている。マーケティング重視の映画づくりなら、姉の結婚式の場面に彼を登場させ、ヒロインのディアスが姉とともに幸せをつかんだことを観客に示してハッピーエンドで終わるのではないかな。

そのようなエンディングを選ばなかったことで、カーティス・ハンソンがハリウッドの紋切り型を避けると同時に、この映画が2人の姉妹の恋の映画ではなく、相互依存的な姉妹がそれぞれに自分の道を歩みはじめる自立の物語であることが明らかになる。

弁護士になった優秀な姉をもつ妹は、小さい頃からの姉へのコンプレックスの代償として難読症を病んでいる。美しい妹をもつ姉は、妹の美貌と肉体へのコンプレックスの代償として、クローゼットの奥に決して履かれることのないハイヒールのコレクションを持っている。

愛しあいながら憎みあっている姉妹の相互依存関係が、妹が姉のヒールを履いてこわし、それを知らずに姉がはじめてヒールを履くことをきっかけとして、紆余曲折を経ながら変化してゆく。ハンソン監督は実験的な手法や難しいことはいっさいやらない。そのかわりゆったりと間をとって、姉妹や両親、祖母がそれぞれに抱えている傷をめぐって、複雑な感情の揺れを繊細に表現してゆく。人の気持ちにスッと入りこんでくるようなショットの連続。

それを可能にしたのは、演出だけでなく役者の力でもある。なかでも、姉妹のおばあちゃん役で後半に登場するシャーリー・マクレーンは圧巻。皺ひとつ動かすことで色んな感情を表現する演技には惚れ惚れする。

もうひとつ、ハンソン監督の映画でいつも見事なのはロケ中心のカメラ。前半のフィラデルフィアの落ち着いた色彩と、後半のマイアミの原色に抜けた色彩の対照が鮮やかだ。『ワンダー・ボーイズ』のペンシルヴェニアの大学町、『8Mile』のデトロイトもそうだったけど、それぞれの街の空気感が手持ちカメラでとてもリアルに撮られている。

製作はリドリー・スコット。彼もまた、ハリウッドのなかでエンタテインメントと作家性を両立させながら映画をつくっているひとり。こういう男たちがいるから、ハリウッド映画は面白い。

|

« 『TAKESHIS'』の妄想世界 | Main | ディジー・ガレスピーの音色 »

Comments

DVDでみましたよ。
>相互依存的な姉妹がそれぞれに自分の道を歩みはじめる自立の物語であることが明らかになる。

 おっしゃるとおり結婚して自分の人生をようやく歩みだした姉。そんな姉を見おくる妹は難読症を克服した。朗読と靴で 姉の結婚式を盛り立てる立役者になった 妹がなんだか誇らしくみえましたもん。

 前半は あんなに やりたい放題勝手放題だった妹が。自分に合った"靴"のごとく 自分に合った"努力法"で変われるんです
人生の行方や流れは わからないものです。

Posted by: zebra | November 02, 2011 at 07:56 AM

小生キャメロン・ディアスに思い入れはありませんが、この映画の彼女はよかったですね。前半の「やりたい放題も」から自立への変化をうまく演じていました。

Posted by: 雄 | November 03, 2011 at 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/7376900

Listed below are links to weblogs that reference 『イン・ハー・シューズ』のハリウッド度:

» イン・ハー・シューズ [Alice in Wonderland]
しっとりとした涙が溢れたいい映画でした。人間関係について再度考えさせられました。お年寄りとの繋がりって大切ですね。それに家族って大切だな。  ベストセラー作家、ジェニファー・ウェイナーの第二作を映画化した爽やかな人間ドラマ。キャリアはあるが、自分を抑...... [Read More]

Tracked on November 29, 2005 at 03:55 PM

» 【試写会】イン・ハー・シューズ【2005・アメリカ】 [Happyになれる映画を観よう♪]
★★★★★☆彡 マギー(キャメロン・ディアス)は、ルックスは、イケてるけど、学歴も資格もキャリアもなく、無職。 姉のローズ(トニ・コレット)は、弁護士として成功しているが、恋のほうはさっぱりうまくいかない。 幼い頃に母を亡くした姉妹は、友達でもあり、... [Read More]

Tracked on November 29, 2005 at 07:54 PM

» ★「イン ハー シューズ」 [ひらりん的映画ブログ]
11/12初日の数ある公開作品の中からひらりんがチョイスいたのはこちら。 こないだ見たDVD「普通じゃない」にも出てたキャメロン・ディアスが主演。 共演は「コニー&カーラ」が面白かった、トニー・コレット。 2005年製作のコメディ・ドラマ、131分もの。 あらすじ 美人だけど、何をやっても続かない妹マギー(C・ディアス)。 弁護士として成功している姉ローズ(T・コレット)は�... [Read More]

Tracked on November 30, 2005 at 01:50 AM

» 「イン・ハー・シューズ」 In Her Shoes [俺の明日はどっちだ]
高校を卒業して10年、ゴージャスなルックスだけで世の中を渡り歩いてきた妹マギーと弁護士としてばりばり仕事をこなす姉ローズという対称的な人生を歩んできた二人の姉妹。そしていつも自由奔放な妹に姉は振り回され続けていた。そんなある日、二人の間を裂く決定的な出来事が起きて・・・・。映画のごとく仲の良い美人姉妹に誘われ、数年ぶりに一般試写会に行って来た。 前半、キャメロン・ディアス演じるマギーの蓮っ葉な女の子�... [Read More]

Tracked on November 30, 2005 at 01:59 AM

» イン・ハー・シューズ [秋日和のカロリー軒]
石橋を叩いて渡る映画    ウェルメイドかつ戦略的な作品で、プロデューサー リドリー・スコットとしてはやや堅実な題材とも思えますが(どうもプロデューサーとしては地味な仕事をしているようです)、不快でないのは、この作品がなにをやりたいのか、誰に向けられている...... [Read More]

Tracked on November 30, 2005 at 08:27 PM

» イン・ハー・シューズ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆    あたしじゃなきゃ履けない靴  あなたとじゃなきゃ揃わない靴 [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 02:03 AM

» 「イン・ハー・シューズ」のトリビア [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 久しぶりにシネコン(三条のMOVIX京都)に行ってびっくり。上映映画は「ハリ・ポッター」だらけなんだ。字幕版、吹き替え版がそれぞれ数スクリーン。もちろん、それは無視して「イン・ハー・シューズ」を観たんだが、客の中の男は数人。いやー女だらけ。水曜だから、....... [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 10:41 PM

» 映画「イン・ハー・シューズ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:In Her Shoes Just a little・・・この映画、地味に地味に少しずつ少しずつジワジワとハートに食い込んでくる。"ぴあ"で90点以上を付けているのも、なるほど頷ける。 高校出てから10年の妹、ナイスバディだが定職のないマギー(キャメロン・ディアス)と... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 at 01:29 PM

» 「イン・ハー・シューズ」@ユナイテッドシネマ豊島園 [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
映画の最中に地震が!!!ちょっと長めの地震だったために、最初はわりと静かだった会場がだんだんザワザワと!!!でも、別に映画がSTOPすることはなく無事続いたのですが、これが大地震だったら!って考えてちょっと怖くなっちゃった。会場の中はもちろん真っ暗なのでよけいそういう事考えちゃうよね(-_\) {/hiyo_cry2/}STORY 日本語オフィシャルサイト マギー(キャメロン・ディアス)の毎日は、浮かれたパーテ�... [Read More]

Tracked on December 05, 2005 at 03:03 PM

» キュートな女優達に感謝(映画「イン・ハー・シューズ」を観て) [とりあえず俺って何様?]
観る予定がなかったのだが、急に「イン・ハー・シューズ」を観ることになった。 なにせタイトルもよく確認せずに観たので、事前情報としては「キャメロン・ディアスが主演で、シャーリー・マクレーンが出てるらしい」という程度だった。 *  *  *  *  *  *  * 妹マギー(キャメロン・ディアス)と姉ローズ(トニ・コレット)は、靴のサイズが24.5cmということと、マギーにとっては楽しくロー... [Read More]

Tracked on December 06, 2005 at 05:22 PM

» イン・ハー・シューズ [映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ]
●『イン・ハー・シューズ』11月12公開。キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン。二人姉妹を靴に例えたという意味の映画かな?最近キャメロン・ディアス見ないなと思ったらTVで活躍してたんですね。『チャリーズ・エンジェル3』ある....... [Read More]

Tracked on December 08, 2005 at 10:35 PM

» イン・ハー・シューズ [toe@cinematiclife]
これ好きだわ~。 この姉妹って私と同世代。 痛いな~と思いつつ、そんな都合良い話無いでしょ~と突っ込みを入れつつ、やっぱり泣いちゃった。 <STORY> フィラデルフィアの大手法律事務所で働く弁護士・ローズ(トニ・コレット)は、憧れの同僚・ジムと良い関係になりつつあり、上機嫌。 が、幸せもつかの間、妹のマギー(キャメロン・ディアス)が彼女の家に転がり込んでくることに。 マギーは、堅物な姉と違い自由... [Read More]

Tracked on December 19, 2005 at 12:13 AM

« 『TAKESHIS'』の妄想世界 | Main | ディジー・ガレスピーの音色 »