« 「ドイツ写真の現在」展 | Main | 有楽町駅前の再開発 »

November 08, 2005

『バットマン・リターンズ』(DVD)

ティム・バートンの『バットマン』とは別のテイストのダークな映画に仕上がっていたけど、クリストファー・ノーランの個性はアメリカン・コミックとの相性が必ずしもよくないと思った。

『メメント』の記憶喪失、『インソムニア』の不眠症と内面の「ノワール」と外部のノワールを対照させてきたノーランが、ブルースがいかにバットマンになるか、その内部の「ノワール」を説明しようとすればするほど、コミックの爽快感やいさぎよさから遠くなるような気がした。内面なんてものをさっぱり切り落とした『シン・シティ』を見たばかりだったので、よけいにそう感じたのかも。

ゴッサム・シティの映像感覚はさすが。この手の架空(未来)都市の描写はたいてい『ブレードランナー』を下敷きにしていて、この映画にも見てとれるが(ルトガー・ハウアーも出ているし)、それ以上にフリッツ・ラングの古典『メトロポリス』に近いものを感じた。

ノーランは、ハリウッドの若手でいちばん楽しみな監督のひとりだね。

|

« 「ドイツ写真の現在」展 | Main | 有楽町駅前の再開発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/6964159

Listed below are links to weblogs that reference 『バットマン・リターンズ』(DVD):

« 「ドイツ写真の現在」展 | Main | 有楽町駅前の再開発 »