« 金木犀の香り | Main | 銀座? 香港? »

October 09, 2005

『シン・シティ』のプロローグ

プロローグは映画全体を予感させる。プロローグで「おヌシ、やるな」と思わせれば、わくわくしながら映画の世界に没入していけるし、どこかで見たような平凡なやつだと、やれやれとこれからの時間が思いやられる。

夜の都会を一望するビルの屋上。パーティーから抜け出てきたようなドレスの女が、気怠い背中を見せて煌めく街をながめている。高価なスーツに身を包んだ男が近寄ってきてタバコを差し出し、女を誘う。モノクロームの画面に、紅い唇と深紅のドレスだけが眼に染みるようなカラー。男と女がいい雰囲気になって、と思った瞬間、男は女に銃を発射する。カメラが上空に引くと、死体になった深紅のドレスの女と男が抱き合っている俯瞰ショット。さらにカメラが引いて都市の夜景に「シン・シティ」のタイトル。

それが、映画全体をどう予感させるのか。普通、プロローグは主人公のキャラクターを印象づけるエピソードだったり、これからのストーリー展開の導入部や伏線だったり、時にはラストシーンの先取りだったりする。でもこのプロローグの男と女は映画の主人公ではないし、これから展開する物語に深く絡んでくるわけでもない。いわば「罪の街」の片隅で起こった1エピソード。

だからここで提示されているのは映画の内容ではなくスタイルなのだ。そのプロローグが予感させるように、これはスタイルを楽しむ映画であり、意地悪く言えばスタイルだけの映画でもある。

そのスタイルはノワール、あるいはハードボイルド。セリフは男のモノローグで処理されているけれど、1人称主観の叙述がハードボイルドの基本であることは言うまでもない。そして犯罪が行われるビルの屋上という場所は、『ダーティーハリー』や『インファナル・アフェア』を引くまでもなく、この種の映画が大好きな設定。そこだけカラーで強調される唇と深紅のドレス(に包まれた死体)は、これまたノワールが偏愛するイメージに他ならない。

上空からの俯瞰ショットもいろんな映画でおなじみだ。例えばドン・シーゲル-クリント・イーストウッドの師弟なら『ダーティーハリー』も『ブラッドワーク』も上空から俯瞰する視線と、そこからの引きや寄せが印象的だった。2人の職人気質の監督は屋上に据えたカメラやヘリを使ったけれど、『シン・シティ』では俯瞰ショットから引いてタイトルまでがCGで処理されている。それは予算や技術の問題である以上に(ヘリからの映像は、安くて早くて効果的だからよく使うと、イーストウッドが語っている)、つくり手の好みの問題で、それが作品全体の肌ざわりの差にもなっている。

そんなプロローグが予感させるように、そして「スペシャル・ゲスト・ディレクター」として参加したタランティーノの映画がいつもそうであるように、過去の映画の引用を見る者に想像させながら、それらしい設定(例えば男とファム・ファタール)、それらしい映像(例えば全編に降りそそぐ雨)で、ノワールやハードボイルドのスタイルを楽しませてくれる。

『シン・シティ』の原作は共同監督のひとり、フランク・ミラーのコミックなのだが、作品を見て思ったのは、これはコミックを映画化したのではなく、フィルムを素材にしてコミックを描いたのだということ。

ミッキー・ロークが特殊メイク(設定とメイクはチャンドラー『さらば愛しき女よ』の「大鹿マロイ」を連想させる)でコミックそのままの横顔のラインを見せている。ギャングを叩きのめすと、リアルというより擬音のようなグチャっと大きな音が必ず入って、コミックの吹き出しみたいな役割を果たす。

コミックの1コマ1コマがそのまま映像化されていて、紙の上では静止している絵がフィルムの上で動いている。悪徳警官のベニチオ・デル・トロが、暴発した拳銃の銃身が顔にめりこむなぞという、コミックでしかリアルさを持たない役を怪演していることも、そんな印象を強めているかもしれない。

だからカットとカットのつなぎが映画的ではないように感じられる。ふつうカットとカットのつなぎは、登場人物の行動や会話に沿って物語や感情が流れていたり、大きな流れのなかで一瞬、異質のものを衝突させて見る者を揺さぶる効果を狙ったりする。でも『シン・シティ』のカットとカットのつなぎは、映画の持続する流れがなく、ぶつ切りにされていて、見る者にカットからカットへジャンプしている感じを起こさせる。そこが新鮮で面白い。

そんなふうにコミックの映画化ではなく、フィルムによるコミックと感じられるところが、この映画のオリジナリティだろう。

映画はブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライブ・オーウェンと、3人の主役たちのパートにおおよそ分かれている。中でミッキー・ロークとクライブ・オーウェンのパートが、僕にはフィルムで描いたコミックのように感じられた。

個人的な好みで言えば違和感はある。『マトリックス』が映画が始まってしばらくは面白かったのに、同じ手法の繰り返しに、ああこういう映画なんだなと途中から飽きてしまったのと同様、クライブ・オーウェンのパートの途中から、描写がどんどん激しくなっていくにもかかわらず、「フィルムによるコミック」にちょっと退屈を感じた。

それを救ってくれたのがブルース・ウィリス。コミックを感じさせる2人のパートを前と後ではさむウィリスのパートには、1950~70年代のモノクロームのノワール、ハードボイルドの香りが濃厚に漂っている。ウィリスのパートの後半には、ロバート・アルドリッチがミッキー・スピレーンの原作を映画化した『キッスで殺せ』の荒々しいタッチを思い出した。

そのタッチの差が、2人の共同監督、ロバート・ロドリゲスとフランク・ミラー、さらに特別参加したクエンティン・タランティーノという3人の個性の差によるものかどうか、それが意識的に目指されたものなのかはわからない。でも3人が、どのように役割分担をし、どんなふうに撮影を進めていったのかは興味あるところだ。

|

« 金木犀の香り | Main | 銀座? 香港? »

Comments

ご無沙汰しています。
TBありがとうございます。
確かにブルース・ウィリスのパートが設定を含め一番ハードボイルドの香りが
濃厚に漂っていましたね。
それにしてもミッキー・スピレーン原作のロバート・アルドリッチ作品をさらりと
持ってくるところが雄さんらしいというか、さすが!
と感服してしまいました。

Posted by: nikidasu | October 10, 2005 at 02:20 AM

>nikidasuさま

コメント&TBありがとうございます。

このところ忙しくて映画館に行けなかったのですが、nikidasuさんのブログを読んでたまらずに、仕事を放り出して見に行きました。感謝、です。

それにしてもパーツ・カラーとは見事なネーミングですね。

Posted by: | October 11, 2005 at 11:24 PM

TBとコメントありがとうございます。

恐らく私と雄さんの思いは、非常に近いものだったのではないかと思います。フィルムによるコミックとはまさに言い得て妙です。

実は現在発売されている日本語版コミック(ミッキー・ロークの章)を早々に入手し読んでみましたが、いやはや、本当にそのままなんです。雄さんが仰るとおり、効果音にいたるまで見事に。

映画ではなく、あくまでコミックたろうとする姿勢を反動的というなら、ロバート・ロドリゲスは本作において、完璧な反動性に徹したという意味で、確かに評価されるべきなのかもしれませんね。好き嫌いは別としても。

こちらからもTBさせていただきます。

Posted by: [M] | October 12, 2005 at 09:37 AM

こんにちわ。TBさせていただくのは久し振りですが、雄さんの映画評は毎回奥深く、楽しみに拝読させていただいてます。
相変わらず鋭い鑑賞眼に敬服しつつ、やはりそのように感じましたか・・・と、原作ファンながら苦笑いたしました。
自分の感想では『ピンポン』なぞを引き合いに出してしまいましたが、実は「実写フィルムによるアニメだな」と思った『CASHEERN』と肌触りが近い感じもします。(個人的には結構好きではあるんですけどね、このタイプは)

Posted by: shito | October 13, 2005 at 04:01 PM

>[M]さま

「完璧な反動性」と、[M]さんの評価の軸が一貫しているを拝見すると、私は軟弱だなあと思います。

>shitoさま

私はミラーの原作を読んだことがなく、ロドリゲスの映画もほとんど見てないので、ブログを拝見してなるほどなと納得でした。これからも訪問させていただきます。

Posted by: | October 14, 2005 at 12:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/6320331

Listed below are links to weblogs that reference 『シン・シティ』のプロローグ:

» ■シン・シティ祭り!いよいよ本日日本公開! [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
                                   ▲Slide Show ▲Sin City / シン・シティ 急遽アップ 2004-12-21 ▲コミックから映画へ バットマン~シン・シティ フランク・ミラー 2005-02-13... [Read More]

Tracked on October 09, 2005 at 11:16 PM

» 「シン・シティ」 Sin City [俺の明日はどっちだ]
全米公開から遅れること6ヶ月。実はさほど期待はしていなかった。というか、期待するのが怖かった。 しかし、だ。オープニングのサブ・エピソードのあと、カメラが俯瞰で引いていって高層ビルの姿がやがてタイトルになる映像処理、たったそれだけで思わず仰け反ってしまうほど興奮。 「パート・カラー」ならぬ「パーツ・カラー」なる映像処理も、これまでいくつかのミュージック・ビデオで使われていたとは言え、こ... [Read More]

Tracked on October 10, 2005 at 02:11 AM

» 「シン・シティ」@九段会館 [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
今日は秀君が休み、あーちゃんは仕事だったので秀君が先に行って席取りしてくれていたので通路に面した席で足が伸ばせてラッキーと思ったら。通路を挟んだ前の男性がめっちゃ座高の高い人。隣の女性と頭のてっぺんがあごの辺りに…おかげで字幕が読めない部分多発でちょっと辛かった…ちょっと高いくらいなら我慢するけど、頭一つくらい出るような長身ならもうちょっと…と思ったけど、それはまぁ、試写会だからがまんがまん。けど、その人が... [Read More]

Tracked on October 10, 2005 at 10:37 PM

» 『シン・シティ』を前に、語ることを自粛したい理由 [cinemabourg*]
まず断っておかなければなりません。下記は、『シン・シティ』のレビューとは程遠く、よって、鑑賞の参考にはなり難い文章です。予めご了承いただければと思います。 ロバート・ロドリゲスが10年来映画化を熱望していたという本作は、それが限りなく“アニメーション”に酷似しているという意味で、限りなく“映画から遠い何ものか”へと変貌したかのようです。『シン・シティ』を観終えた私の脳裏には、およそ映画を観終えた時の感情とは別種の、何とも表現しがたい思いがよぎりました。だけれども実際、そんな私の思いとは無関係に、『シ... [Read More]

Tracked on October 12, 2005 at 09:28 AM

» シン・シティ [tomozoのうれし★たのし★大好き]
すごくロマンティックな映画だった。ロマンティックっていう言葉は間違ってるかもしれ [Read More]

Tracked on October 12, 2005 at 05:16 PM

» 『SIN CITY』('05/米国) [傍流点景]
 “Coming soon”などと大嘘を書いて、コチラをご覧になってくださる酔狂な皆様には大変申し訳ないことをした。  4月にはMaking Bookを買い、どんな映画雑誌よりイイ仕事してた月刊Playboyを熟読して、公開初日を指折り数えた映画である。勿論初日に観た。にも関わらず、どうしても再度観て自分の感じたことを確かめたくて、昨日見直した。そして、やはり---と確認した。一言でいえば、これは私にとってはちょっ... [Read More]

Tracked on October 13, 2005 at 03:45 PM

» 『シン・シティ』、ローク、ハウアー。 [kiku's]
ちょっといろいろなことを考えてみたいのだけど、コミック原作だしタランティーノがタ [Read More]

Tracked on October 30, 2005 at 12:19 AM

« 金木犀の香り | Main | 銀座? 香港? »