« 山口百恵の「夜へ…」 | Main | ボルネオの旅(2) 植物と花 »

July 03, 2005

ボルネオの旅(1) マングローブ

RIMG0067w

ボルネオ島(マレーシアのサバ州)に行ってきた。サバの州都コタ・キナバルから車で30分ほどのカランブナイに、5年前に開発されたリゾート。スコールの後、熱帯雨林に虹がかかった。

RIMG0056w

両岸にマングローブが緑の壁のように並ぶ川を遡った。かつてこのあたり一帯の海岸はマングローブで覆われていたらしいけど、薪にされたり開発されたりで、今ではかなり少なくなっているようだ。

RIMG0061w

見事なマングローブの巨樹。カヤックでマングローブとマングローブの間の狭い水路を走るのは、とても気持ちいい。

RIMG0057w

川に面した集落。もっと上流に行くと、フィリピン南部から北ボルネオにかけて住む漂海民パジャウ族の、昔ながらの水上集落も残っている。


|

« 山口百恵の「夜へ…」 | Main | ボルネオの旅(2) 植物と花 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/4811373

Listed below are links to weblogs that reference ボルネオの旅(1) マングローブ:

» 海辺のジャングル [密林ジャーナル]
世界中どこでも、大きな都市には外の世界と繋がる なんらかの玄関口があり、そこを中心に開けていくものだ。 近代での玄関口は間違いなく港だろう。 海あるいは大河で複数の外世界と繋がっている。 内陸部では、大きな街道ということになるのだろうが、 やはり、世界... [Read More]

Tracked on August 06, 2005 at 12:04 PM

« 山口百恵の「夜へ…」 | Main | ボルネオの旅(2) 植物と花 »