« あけましておめでとうございます | Main | ガード下の風景 »

January 03, 2005

『マイ・ボディーガード』のテンポ

クリント・イーストウッドを別格とすれば、トニー・スコットはいま、ハリウッドでアクションものを撮らせたらナンバーワンかもしれない。兄のリドリーがどちらかといえばノワールやハードボイルドの匂いをもち、時に作家性を垣間見せるのに対して、弟はハリウッドの求めるものに忠実に従いながら、しかし自分のスタイルをもって職人的な技を発揮するタイプ。だから兄はプロデューサーにエンディングを変えられた『ブレードランナー』のディレクターズ・カットをつくったけれど、スコットはそんなことに無関心だろう。

いま全盛のアクション映画のスタイルがハリウッドで生まれたのは1980年代後半だったろうか。短いカットで畳みかける怖ろしく速いテンポ。数分に1度の見せ場。絶え間ない音楽。派手な映像と音。見る者の身体感覚を揺さぶりながら息を抜く間も与えないよう計算された「ヒット作の方程式」は、ミュージック・ビデオやコマーシャルの手法を取り入れてつくられた。トニー・スコットの『トップガン』や『ビバリーヒルズ・コップ2』は、そんな新しいスタイルの初期の作品だったように思う。

僕のような古いタイプのファンの目からは、そういう映画には人間がどこにもいないと思えた。癖のある役者が癖のある人間たちを演じたロバート・アルドリッチやドン・シーゲルの映画は、そんな「方程式」から見ればなんともテンポののろい、時代遅れのアクションものに見えたに違いない。僕の見るところ、いまだに古いタイプのアクション映画にこだわり、しかも傑作をつくりつづけているのはクリント・イーストウッドくらい。

トニー・スコットは90年代の『トゥルーロマンス』や01年の『スパイゲーム』などで、それなりに完成度の高い新しいタイプのアクション映画をつくってきた。『マイ・ボディガード』もその延長線上にある。

ただ、この映画で注目したいのはブライアン・ヘルゲランドが脚本を書いていること。『LAコンフィデンシャル』や『ミスティック・リバー』がそうだったように、彼はじっくりと人間を描き込んでゆくタイプで、テンポだけのアクションとは対極のところにいる脚本家。これはプロデューサーでもあるトニー・スコットの指名だろうから、彼が今までの映画とは違うところを狙っているのが分かる。

映画の前半は、米軍特殊部隊の暗殺者の経歴をもち、アル中で自殺願望にさいなまれるデンゼル・ワシントンと、彼がボディー・ガードをつとめることになった少女、ダコタ・ファニングの出会いから心が通いあうまで。派手なシーンも動きも少ないけれど、トニー・スコットは相変わらずのテンポと短いカットの積み重ねで、2人の交流と誘拐への伏線を描いてゆく。デンゼルの心の闇、ダコタの可愛らしさ、型通りだけど悪くない。

デンゼル・ワシントンを、僕はあまり好きでなかった。かつてのシドニー・ポアティエふうというか、正義派のアフリカ系として、「ポリティカリー・コレクト」に配慮したハリウッド映画でいつも似たような役柄を演じていたから。でもメキシコシティーに向かう車のなかから、レイバーンをかけ、無精髭をはやして無表情にポポカテペトル山の印象的な姿をながめるファーストシーンから、いつものデンゼルではない。

映画の後半はアクションに次ぐアクション。誘拐をビジネスにしている汚職警官への復讐に、デンゼルの鬱屈したエネルギーが爆発する。エリート層の厳重に警護された邸宅と、貧困層のスラムと、貧富の差が極端なメキシコシティーの風景がリアル。

トニー・スコットの映像は短くテンポが速いだけでなく、常に動いている。移動撮影しながら、カメラの首を振ったり、ズーミングしたり。その2重に動いている感じが見る者に奇妙な揺らぎの感覚を与える(余談だけど、『24』シリーズの微妙に揺らぐテンポの速い映像を見たとき、あ、トニー・スコットみたいと感じた)。さらにスローやスピードアップ、多重露出やソラリゼーション(?)、マルチカメラ、16ミリ、デジタル加工など、ありとあらゆるテクニックを駆使してクライマックスに向かって走る。

クレジットで初めて気がついたけど、これ、原作はクィネルの『燃える男』なんだね。原作はイタリアが舞台で、主人公は白人、ストーリーも20年前に読んだ記憶ではずいぶん違っていたような気がする。でも、いま映画化するとしたら、確かにこうなるんだろう。

クリストファー・ウォーケン、ミッキー・ロークと、僕たちの世代には思い入れのある役者が出ているのも憎い。このタイプの映画は好みでないんだけどなと思いながら、すっかり楽しんでしまった。


|

« あけましておめでとうございます | Main | ガード下の風景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/2457637

Listed below are links to weblogs that reference 『マイ・ボディーガード』のテンポ:

» マイ・ボディガード (2004) MAN ON FIRE 146分 [極私的映画論+α]
 元CIAの特殊部隊員ジョン・クリーシー。彼はこれまで、米軍の対テロ部隊に所属して16年に渡り暗殺の仕事を続けてきた。そのためか心を閉ざし、生きる希望を見失って... [Read More]

Tracked on January 03, 2005 at 07:22 PM

» ∴∵∴ボディガードじゃないね∴∵∴ [□□□ cocoro □□□]
マイ・ボディガード 観ました。 てっきり泣ける映画かと思ったらそうでもなかったです。 泣きたかったのになぁ〜。 クリーシーは 1人の少女を想い 復... [Read More]

Tracked on January 03, 2005 at 09:56 PM

» 『マイ・ボディガード』 [京の昼寝〜♪]
■監督 監督:トニー・スコット ■脚本 ブライアン・ヘルゲランド(『ミスティック・リバー』『L.A.コンフィデンシャル』) ■キャスト デンゼル・ワシントン、ダ... [Read More]

Tracked on January 04, 2005 at 01:30 AM

» マイ・ボディガード [ネタバレ映画館]
 おいおい、こんな映画だったのか・・・知らずに観てる女性客の中には「ヒーッ!」と悲鳴をあげてる人さえいるのに・・・もっと「復讐劇」「R15」ということを宣伝しな... [Read More]

Tracked on January 04, 2005 at 01:48 AM

» マイ・ボディガード [恋愛白書]
前々から観たかった 『マイ・ボディガード』 を仕事帰りに観てきました!今日は映画 [Read More]

Tracked on January 04, 2005 at 09:40 AM

» マイ・ボディーガード [::あしたはあたしの風が吹く::]
「多発する誘拐事件。人質の生存率。。。30%」 以前、メキシコを旅したときに日系のガイドが教えてくれたこと。 ------------------------... [Read More]

Tracked on January 05, 2005 at 11:23 AM

» マイ・ボディガード。 [耳の中には星の砂の忘れ物]
今日は『マイ・ボディガード』のプレミア試写会に行って参りました。ボディガード繋がりで、劇場にサングラス(←デンゼル・ワシントン扮するボディガードが映画の中でサン... [Read More]

Tracked on January 06, 2005 at 12:31 AM

» 『マイ・ボディガード』、映画における復讐を復習してみる [cinemabourg*]
まず断っておきたいのは、どうやら世界中にファンを抱えているらしいA.J.クィネルという作家については全く知らず、一連の「クリーシィ・シリーズ」という連作を読んだ... [Read More]

Tracked on January 06, 2005 at 09:54 AM

» マイ・ボディガード [秋日和のカロリー軒]
トニー化現象を歓迎したい!  十代前半の頃のボクにとって、トニー・スコットという監督の名は輝いていました。『トップガン』『ビバリーヒルズ・コップ2』『リ... [Read More]

Tracked on January 13, 2005 at 03:24 PM

» マイボディーガード/Man on Fire [COPER夜な夜な。]
ようやく見てきました。公開は今週末までのようで、駆け込みです。 いや、思ったより面白かったよ。 試写会で見た友達が、「イマイチ」って言ってたので、余り期待してな... [Read More]

Tracked on January 24, 2005 at 01:57 AM

» 「マイ・ボディガード」 [Rabiovsky計画]
公式サイト 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング、    クリストファー・ウォーケン A・J・クリネルのベ... [Read More]

Tracked on January 27, 2005 at 12:59 AM

» マイ・ボディガード [ FOR BRILLIANT FUTURE]
「彼は熊に似ている。哀しそうで。」と彼を見た印象を母親に語る少女。 この一言は今の彼の現実を如実に表している一言だと思う。少女は愛用の熊のぬいぐるみを「クリー... [Read More]

Tracked on February 10, 2005 at 12:56 AM

» 映画『マイ・ボディガード』貴方は何点?結果報告! [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
いつも『この映画、貴方は何点?』にご協力いただきありがとうございます! 今回の作品、私自身はとっても気に入った作品だったのですが同じようなご意見はあまりみること... [Read More]

Tracked on March 03, 2005 at 10:27 PM

« あけましておめでとうございます | Main | ガード下の風景 »