« ウインドー | Main | ホームからの眺め »

July 10, 2004

『スイミング・プール』のランプリング

女優で見に行く映画がある。要するに単なるミーハー。最近ならミシェル・ファイファーとレニー・ゼルウィガー。あんまり面白そうな作品じゃないなと思っても、カミさんに馬鹿にされながら(特にゼルウィガーは)映画館に出かける。

かつてはシャーロット・ランプリングもそんな女優だった。もっとも、70年代に彼女が出ていた映画は傑作、名作ぞろい。

『地獄に堕ちた勇者ども』で、その退廃の魅力にはまり、『愛の嵐』で、ユダヤ少女のランプリングが小さな胸を見せてナチスの制帽をかぶって踊る倒錯的なシーンに衝撃を受けた。『愛の嵐』のラストで、ガラスの破片で血塗れになったランプリングがにっと微笑むあたりは、今でも思い出すとぞくっとする。

その後も『蘭の肉体』とか『さらば愛しき女よ』とか、男を破滅させる女をやらせて天下一品。僕らより1世代、2世代上の映画ファンにとって、ファム・ファタールといえばリタ・ヘイワースやラナ・ターナーだろうが、僕の世代にとってファム・ファタールといえばシャーロット・ランプリングにとどめを刺す(今の若い子たちのファム・ファタールは誰なんだろう?)。

80年代の『エンゼル・ハート』『マックス・モン・アムール』あたりまで彼女を追いかけたが、その後はご無沙汰してしまった。数年前、『まぼろし』で久しぶりに再会した。

『スイミング・プール』は、『まぼろし』と同じフランソワ・オゾン監督の作品。ランプリングは、イギリスのミステリー作家を演ずる。さすがにファム・ファタールの神秘のオーラはなく、落ち着いた大人の女(もう60歳近いはず)。

しかも、相手役のフランスの若い女(リュディヴィーヌ・サニエ)が性的に奔放なのにイライラするインテリのイギリス女という役どころで、これがまた絶妙の演技。うまいとは思うが、かつてのミーハーとしては、ちょっと悲しい。

もっとも、映画の後半、ランプリングが作家として若い女に興味をもち、彼女の日記を盗み見て小説を書きはじめるあたりから、女としての魅力を感じさせるショットがいくつも出てくる。過去を語る若い女をじっと見つめたり、彼女が引きずり込んだ男に惹かれてゆく表情などは、かつてファム・ファタールであったランプリングを思い出させて嬉しい。

作品としては、なんというか、古風な映画。『まぼろし』もそうだったが、いかにもフランスふうの心理劇といったつくりだ。途中から、話が現実なのか、ランプリングが書く小説のなかの出来事なのか分からなくなってしまうあたりがミソ。プロヴァンスの美しい風景も堪能できる。

スイミング・プールで一糸まとわず泳ぐ若いサニエに対して、ランプリングは、とても歳とは思えないヘアヌードも披露する。その役者魂に脱帽。


|

« ウインドー | Main | ホームからの眺め »

Comments

初めまして(^^)
「スイミング・プール」でこちらまでたどり着きました。
私はシャーロット・ランプリングをこの映画で初めて知りましたが、なんだか底知れぬ凄みのある女優さんでとても格好良いなぁと思いました。
トラックバックはらせてもらいます。

Posted by: Yummy | July 14, 2004 at 08:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/942090

Listed below are links to weblogs that reference 『スイミング・プール』のランプリング:

» スイミング・プール Swimming Pool [ネコと映画と私]
今日も映画館はナビオTOHOプレックスでした。 ここは映画の花道で席予約できるんですけど、予約したら当日はチケット売り場に並ばなくても、インフォメーションです... [Read More]

Tracked on July 14, 2004 at 08:56 PM

» 南仏を舞台にした「スイミング・プール」 [西沢千晶のシネマ日記]
フランスのフランソワ・オゾン監督の映画「スイミング・プール」を観た 映画「スイミング・プール」は、ベテラン女優シャーロット・ランプリングが演じるイギリスの人気... [Read More]

Tracked on August 24, 2004 at 10:22 PM

» 〔シネマアーカイブ〕「スイミング・プール」 [No hay banda]
2004年5月某日 日比谷シャンテ・シネで 2003年仏・英、103分 製作:オリヴィエ・デルボスク、マルク・ミソニエ 監督フランソワ・オゾン 出演:シ... [Read More]

Tracked on October 01, 2004 at 01:25 PM

» 「スイミング・プール」 [ひらりん的映画ブログ]
たまには非ハリウッド作品でもと思って・・・・。 選んだのがフランソワ・オゾン監督の「スイミング・プール」。 以前にこの監督の作品「8人の女たち」を見ていた。 そ... [Read More]

Tracked on February 03, 2005 at 11:16 PM

» 愛の嵐 [Cinema Review]
THE NIGHT PORTER / Il Portiere Di Notte (監督:リリアーナ・カヴァーニ) ☆☆☆☆☆ ・カテゴリー: ラブ>官能>戦争 ・上映時間:117 分 ・制作:イタリア・アメリカ(1973) (日本での公開日/1975・11) (リバイバル公開日/1997・3) ・スト... [Read More]

Tracked on May 06, 2005 at 05:35 PM

» スイミング・プール [Rohi-ta_site.com]
DVDでシャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ出演の「スイミング・プール」を観ました。 ●ストーリー ミステリー作家サラ(シャーロット・ランプリング)は初めての創作活動の行き詰まりや有能な新人作家にばかり目を向けている出版社社長ジョン(チャールズ・ダンス)の行動にイライラしていた。 その態度を見かねたジョンはサラに自分の別荘がある南フランスへの旅行を勧め、サラも気分転換するにはいいチャンスだとこの提案を受け、一人南フランスへ旅立つのである。 訪れた土地は気候も良く、..... [Read More]

Tracked on September 06, 2005 at 01:55 AM

» スイミングプール(DVD) [ひるめし。]
見る女 見られる女 CAST:シャーロット・ランプリング/リュディヴィーヌ・サニエ 他 ■フランス/イギリス産 102分 これミステリー映画らしいのですがラストまでそんな風には思えなくて・・・ でも最後の最後で「えぇぇぇぇ〜〜!!これで終わり!?」って思ってしまった。 彼女は一体何者だったのでしょうか・・・。 それにしてもジュリー乳出しすぎだって・・・。 まるで奥歯に物がは�... [Read More]

Tracked on December 01, 2005 at 08:22 PM

» 『スイミング・プール』’03・仏・英 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじイギリスの人気ミステリー作家のサラ(シャーロット・ランプリング)は出版社社長の勧めで、南仏にある彼のプールつきの別荘に出かけた。サラが執筆を始めた矢先に、社長の娘を名乗るジュリーリュディヴィーヌ・サニエ が現れた。サラは、奔放にふるまうジュリー...... [Read More]

Tracked on March 01, 2006 at 11:27 PM

« ウインドー | Main | ホームからの眺め »