« アダルト・ピアノ、えっ? | Main | 「21グラム」の風景 »

July 03, 2004

イリアーヌの風

このところ毎朝、イリアーヌ・イライアスの『ドリーマー』(BMG)を聴いている。朝起きるとまずCDをかけて、顔を洗ったり食事の支度をしたりする。それが一日の気分を決めたりもするから、けっこう大事な「儀式」。

イリアーヌはブラジル生まれのピアニスト、ヴォーカリストで、このアルバムでもブラジルのミュージシャンと組んでいる。すると、50年代の映画音楽も60年代のポップスも、みんなボサノヴァになってしまうから不思議。

もちろんアントニオ・カルロス・ジョビンの曲も入っていて、はじめから終わりまで、まろやかに熟した果実のようなヴォーカルに、ゆったりした風を感じる。

2曲だけ参加しているマイケル・ブレッカーも、いつものごりごりした音ではなく、ボサノヴァのリズムに柔らかなテナーをのせている。だから、気分は夏の先取り。

イリアーヌのアルバムを買ったのは、91年の『プレイズ・ジョビン』(somethin'else)以来、十数年ぶりのことだ。このアルバムはエディー・ゴメス(b)、ジャック・デジョネット(ds)の強力メンバーとトリオを組んでいたから、ボサノヴァの名曲を素材にした本格的なジャズだった。そのなかで1曲だけ、イリアーヌは素人くさいヴォーカルを披露している。

それが今では、どちらかといえばヴォーカル主体になってしまった。ダイアナ・クラールとか弾き語り全盛だから、彼女もその流れに乗ったということか。そういえば、世界的なベストセラーになったクラールの『ザ・ルック・オブ・ラブ』(VERVE)同様、このアルバムにもストリングスが入っている。

最近のクラールのアルバムではピアノは添えものだけれど、イリアーヌはピアノもしっかり聴かせてくれるのがいい。いかにもブラジル生まれらしい、軽快で心地よい音。

ジャケットがイリアーヌのスナップショット的な顔のアップで、これがまたいい女。『プレイズ・ジョビン』の田舎出の女の子といった風情とは大違い。NYの風に磨かれたということか(彼女はNY在住)。思わず“ジャケ買い”してしまった。


|

« アダルト・ピアノ、えっ? | Main | 「21グラム」の風景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/892725

Listed below are links to weblogs that reference イリアーヌの風:

« アダルト・ピアノ、えっ? | Main | 「21グラム」の風景 »