May 23, 2019

『シャドー・オブ・ナイト』 インドネシアの格闘技映画

Photo_31

ネットフリックスのオリジナル作品はアメリカ映画が圧倒的に多いけど、ネット配信に進出した国々でそれぞれにオリジナル映画をつくったり配給権を買ったりしている。だから、日本ではあまり見る機会のない国の映画(主にエンタテインメント系)を見ることもできる。『シャドー・オブ・ナイト(原題:The Night Comes For Us)』はインドネシアのアクション映画。

インドネシアやマレーシア、ベトナムには「シラット(プンチャック)」と呼ばれる伝統武術がある。素人の見た目では、ブルース・リーの中国拳法に関節技を加えたような実践的格闘技。実際に、軍隊や警察に取り入れられているらしい。この映画の主な役者は、シラットの男女の武術家たち。彼らが映画の冒頭から終わりまで入れ替わり立ち替わり死闘を繰り広げる。血糊の海、首や指がちぎれ内臓が飛び出し、そのすさまじさと残虐さは半端じゃない。かつての香港カンフー映画を、うんとどぎつくした感じ。

イトゥ(ジョー・タスリム)は、東南アジアに広がる麻薬組織トライアッドの殺人部隊の幹部。ある村で村人を虐殺したとき、レイナという少女を助けたことから、逆にトライアッドから命を狙われることになる。イトゥを殺すために、イトゥの昔の仲間で、やはりトライアッドの構成員としてマカオにいたアリアン(イコ・ウワイス)が呼び戻される。アリアンを筆頭に、腕に覚えのある何十人もの団員が次々にイトゥの命を狙う。イトゥはレイナを守りながら、3人の仲間とそれに立ち向かう……。

もともとシラットによる格闘を見せる映画だから、リアリズムじゃない。昭和の時代劇でヒーローが何十人もの敵をばったばったと斬って捨てたように、次々に襲いかかる相手を血みどろになりながらも叩き伏せる。そういう「お約束」の世界。インドネシアの観客はそれを楽しんでるんだろう。女対女の格闘を見せるために、レイナを守る仲間たちが危なくなると、どこからともなく黒づくめの謎の美女が現れてイトゥの仲間に加勢し、敵の女格闘家との戦いになる。謎の女の正体は、遂に明かされない。物語の整合性なんかどうでもよく、そんな説明をしている暇があればシラットの格闘を少しでも多く詰めこもうという姿勢が、いさぎよいといえばいさぎよい。

格闘の背後に写るのは、近代化しつつあるインドネシアの都市風景。高速道路や港や倉庫、イトゥが住む、ちょっと古びた感じのビルのアパート。そして海や自然風景。そういった点景が、いいアクセントになっている。

最後はお約束通り、かつての仲間であるイトゥとアリアンの対決になる。カッターの刃が口中から皮膚を破って外へ突き出たり、これまたすさまじい格闘になって、けりがついたと思ったら、さらにまた次がある。僕はカンフー(シラット)映画のファンではないし残虐趣味もないので、そのサービス精神に辟易しつつも、中国(香港)映画やハリウッドがワイア・アクションからVFXへの道をたどったのに、インドネシアのシラット映画が肉体と肉体のぶつかりあいにとことんこだわっているのに(経済的事情もあるだろうが)好感を抱いたりもした。

僕は見ていないけど、シラットをふんだんに盛り込んだアクション映画『ザ・レイド』(2011)が世界の映画祭で評判になった。ジョー・タスリムとイコ・ウワイスは、この映画でも主演を務めていたシラット格闘家。それ以来、シラット映画は盛り上がり、日本でも何本か公開されたようだ。

監督はティモ・ジャント。若い監督だけど、深みのある映像と切れのいい演出に才能を感ずる。

 

| | Comments (0)

May 13, 2019

『セレニティ 平穏の海』 青い海の非現実

Serenity

マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ダイアン・レインと魅力的な役者がそろっているのに、『セレニティ 平穏の海(原題:Serenity)』はアメリカ国内では興行的にこけてしまったようだ。ネットフリックスが海外配信権を手に入れたのは、そのことと関係があるのかどうか。

こけた理由は映画を見ればすぐに分かる。ミステリーといっても、特に謎があるわけではない。クライマックスにいたるサスペンスも、普通のエンタメならじわりじわり盛り上げるところを、ほんの一瞬の描写であっけなく通りすぎてしまう。確かに、肩透かしをくらった感は否めない。でも、だからといってつまらない映画ではなかった。

映画全体が、これが現実なのか非現実なのか、よく分からないつくりになっている。怪しげな登場人物が、「これはゲームの一部なんだ」というセリフを繰り返す。その人物が、バグが生じたようにいきなり画面から消えてしまったりする。その奇妙なテイストが捨てがたい。

ディル(マシュー・マコノヒー)はフロリダ沖の島(架空)で釣船の船長として、何かから隠れるように暮らしている。彼は巨大マグロを何度か釣りかけたが失敗し、「ジャスティス(正義)」と名づけたそのマグロを釣ることに情熱を燃やしている。ある日、元妻のカレン(アン・ハサウェイ)がディルの前に現れる。元妻はディルとの間に生まれた子供を連れて裕福な男と再婚したが、夫の暴力に耐えられない、釣りが趣味の夫を釣船に乗せ、沖で事故に見せかけ殺してほしいとディルに頼みこむ。ディルは新しい父親に心を開かない息子のために、その依頼を承諾する。

一方でディルが巨大マグロを「ジャスティス」と名づけたり、釣船の名が「セレニティ(平穏)」だったりする非現実感に対して、バハマ諸島あたりをイメージしているのかアフリカ系住民が住む色彩豊かな港町のストリートのリアル感がとてもいい。港に一軒だけのバー兼レストランの、いかにもそれらしいオーナー。バーの定席にいつも座っているアフリカ系の老人。港が見える家に住む、ディルの愛人コンスタンス(ダイアン・レイン)との束の間の情事。コンテナを改装したような、ディルの殺風景な家。ひとりだけスーツにネクタイで、ディルにつきまとう釣具会社の謎めいたセールスマン。

元妻の夫を殺すことを心に決めたディルが、島の地図を取り出して広げる。島の周囲の海域にはバハマ諸島があるはずだが、地図にはただ海が広がっているだけ。ふっと入りこむ非現実。

監督のスティーブン・ナイトは脚本家として知られ、クローネンバーグの『イースタン・プロミセズ』も彼の手になる。そうと知って、このテイストも納得。現実と非現実のからくりは最後に明らかになるけれど、青い海と、脳内の妄想がうまく絡みあって、サスペンスとは別の味わいの映画でした。

マシュー・マコノヒーがいいな。

| | Comments (0)

May 08, 2019

5時間の点滴

1905081w

今日の治療は5時間の点滴。腕に針を刺された状態で昼食を食べ、本を読み、i-phoneで音楽を聞く。聞きながらうとうとするのに最適の音楽はダイアナ・クラールのどよんとしたヴォーカルか、延々と刻む同じリズムに乗せたシャーデーのセクシーな低音と判明。点滴の後は、もう一つの治療が待っている。待ち時間もあり、家を出たのが朝7時半、帰ってきたのは午後6時だった。明日も、多少時間は短いが同じ治療が待っている。

| | Comments (0)

May 06, 2019

ミニ畑で勝手に成長

1905061w

10日ほど体調が悪くほったらかしだった庭の畑で、野菜が勝手に成長していた。

小松菜とシュンギク。10日前はまだ小さかったのが、小松菜はそろそろ収穫できそうなほど。奥はハーブのバジルとレモングラス。

1905063w

トマトの芽も大きくなってきた。

1905062w

いつも連休明けに芽を出すゴーヤも。

 

| | Comments (0)

April 30, 2019

平成最後の光

1904301w

午後6時32分。わが家の庭。

この1週間、微熱がつづき、免疫力が下がる時期であることもあって、まったく家の外に出られなかった。毎日見ていたのは縁側からの庭の新緑。微熱ある目で見る、ドウダンやつつじ、ヒバの新緑、カエデの赤紫の若葉が雨に濡れてひときわ美しく感じられた。

| | Comments (2)

April 23, 2019

『鋼鉄の雨』 韓国の政治エンタテインメント

Steel-rain

Steel Rain(viewing film)

南北分断を逆手にとって政治・アクション・友情の物語をエンタテインメント映画に仕立てるのは、いまや韓国映画の得意技。ネットフリックス・オリジナル(韓国で公開された後、ネットフリックスがグローバル版権を獲得)『鋼鉄の雨(原題:강철비)』もそんな一本だった。数年前の北による核実験とミサイル発射、アメリカによる先制攻撃論、韓国の大統領選挙・政権交代といった政治情勢をうまく取り入れ劇画っぽく誇張しながら、男と男の友情物語になっているのが面白い。

主人公は北朝鮮偵察総局の工作員オム(チョン・ウソン)と韓国の大統領府外交安保首席クァク(クァク・ドウォン)。

オムは上司の偵察総局長から、軍にクーデターの計画があると知らされ首謀者を殺すよう命じられる。北の党委員長「一号」は核ミサイルを開発したがそれを使おうとせず、米国との交渉の道具にしていることに軍の強硬派が反発しているらしい。

「一号」が出席する開城工業団地の式典で、オムが軍幹部を暗殺しようとしていると何者かによるヘリ攻撃があり、「一号」は重傷を負う。オムは歓迎に動員された少女二人と「一号」を助け、混乱に乗じて韓国国境内に逃げ込む。オムは近くの町の産婦人科に押し入り、居合わせた女医に「一号」を治療するよう脅す。女医はクァクの元妻である医者の友人で、やがて元妻とクァクも産婦人科でオムと顔を合わせることになる。

やり手の工作員らしく切れのいい格闘アクションを見せるオムと、仕える大統領からいまひとつ信頼されず、小太りでつい愚痴が出るクァクと、「バディ・ムービー」の定番ともいえる対照的な二人のやりとりが分かってはいるけど楽しめる。クァクの娘も、北で密かに聞いているオムの娘もG-DRAGONの歌が好きで、車のなかに流れる音楽が対立し喧嘩していた二人の感情を和らげる役目を果たす。

任期末の韓国大統領は、この際、北をつぶしてしまおうという強硬派。新しく選ばれた大統領は南北融和派。現大統領は米国に攻撃を要請し、米国は核搭載機を発進させる。搭載機が北に達するまで猶予は十数時間。クァクは新大統領と協力しながら、「一号」を治療してオムとともに北に戻そうと試みる。北の軍強硬派の工作員が、「一号」を暗殺しようと攻撃してくる。オムの上司である偵察総局長が事態を収拾に地下トンネルで韓国にやってくるが、これが実は……と、どんでん返しもあり。

この映画は文在寅政権下の2017年に公開されているから、当然のことながら全体として南北融和という大筋のなかで物語が進行していく。でも部分的には、北の軍強硬派が核ミサイルをぶっ放し自衛隊のイージス艦が日本海上でこれを迎撃、核爆発が起こるとか 刺激的な描写もある。最後に「かくして韓国も核武装しましたとさ」という結末になるのは、(日本の一部にそういう勢力があるように)韓国の一部にもそうした願望があることの表れだろうか。監督はヤン・ウソク。

| | Comments (0)

April 10, 2019

『アウトサイダー』 J・レトの花田秀次郎

The_outsider

The Outsider(viewing film)

1950年代大阪を舞台にした米国製ヤクザ映画。主演は『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー助演男優賞を得たジャレッド・レト、監督は『ヒトラーの忘れもの』が話題になったデンマーク出身のマーチン・サントフリートとくれば、どんな映画か見たくなるってもの。ネットフリックスが『アウトサイダー(The Outsider)』の世界独占配給権を買ったのも、その異色の組み合わせにあったかもしれない。

見ていて、過去のいろんな映画の断片や記憶が呼び起こされた。『ブレードランナー』『ブラック・レイン』『仁義なき戦い』『キル・ビル』『アウトレイジ』、そして『昭和残侠伝』などなど。

『ブレードランナー』はリドリー・スコットらしい美学的なオリエント趣味の映画という意味で。『ブラック・レイン』を経由して、『アウトサイダー』もその延長上にある。『ブラック・レイン』とこの映画は大阪が舞台ということで共通しているが、映像的にも影響を受けているんじゃないかな。『ブラック・レイン』は冒頭、機上からながめる阪神工業地帯の工場群と煙突の煙が印象的だったけど、この映画でも似たショットが繰り返し出てくる。

元米兵で日本で犯罪を犯し服役中のニック(ジャレッド・レト)は、囚人仲間に殺されそうになった清(浅野忠信)を助けたことから、大阪のヤクザ白松組組員である清の引きで客分となる。白松組は年老いた親分(田中泯)をオロチ(椎名桔平)が補佐しているが、大阪に進出してきた神戸のヤクザに押され、小競り合いがつづいている。ニックは白松組の先兵となり、親分の信頼を得て杯をもらう。

対立するヤクザ組織の抗争という設定は、言うまでもなく『仁義なき戦い』や『アウトレイジ』を下敷きにしてる。椎名桔平など、『アウトレイジ』からそのままこの映画に移ってきたみたい。設定だけでなく、指を詰めるシーンも共通。『仁義』では指を詰めるシーンにはコミカルな味があったが、こちらはまるで羊羹でも切るようにスッと指を切り落とす。

ニックは清の妹(忽那汐里)と愛し合うようになるが、オロチも妹に執心している。オロチは白松組を見限り、神戸の組織と手を結ぶ。親分が命を狙われ、清も命を落とす。ニックは、妹を守るためにと清から手渡された日本刀を手に、、、。

『仁義』や『アウトレイジ』は熱気あふれる映画だったが、この映画は登場人物も声高に叫ばず、全体に静かな印象がある。それはニックが口数少なく、無表情でいることと関係しているだろう。この主人公の人物造形のモデルは、僕の見るところ『昭和残侠伝』の高倉健ではないか。ジャレッド・レトは役になりきることで有名な役者だけど、でも文化的な基盤を僕らと共有しているわけではない。高倉健の無口と無表情に、僕らは憤怒や悔恨といったいろんな感情が満ちあふれているのを理解するけど、ジャレッド・レトからは無口と無表情以上のものを感じられない。

だから作り手の思いとしては高倉健の花田秀次郎でも、ジャレッド・レトのニックの生きざまにすっと一本筋が通っているように見る者に受け取れない。最後の殴り込みも、花田秀次郎はがんじがらめの日本的しがらみをぶった切ることで見る者にカタルシスを与えたが、ニックのそれはオロチの裏切りによって清が死んだことへの個人的怨恨を晴らすためのように見えてしまう。ラストでニックが妹と抱き合うのも、その印象を強くする。カタルシスは来ない。

いまひとつ残念だったのは、そういうものから切れた『ブラック・レイン』から30年もたつのに、観光客レベルのオリエンタル趣味(大衆演劇ふうの心中劇や相撲、刺青、日本刀──これは『昭和残侠伝』というより『キル・ビル』)が出てくること。逆に驚いたのは、1954年の大阪という設定を不自然に感じさせないロケをしていること。実際に大阪で撮影したようだけど、路面電車の走る市街などはどこだろう。夜、山の麓の市街を電車が光をあふれさせて走る、神戸らしきショットも印象的だ。

あれこれ言ったけど、ともあれ楽しめる映画ではありました。

| | Comments (0)

April 05, 2019

妙行寺のモッコク

1904051w

30分歩いて妙行寺まで散歩。妙行寺には向かいの金毘羅堂に樹齢1100年の大カヤがあるが、境内にもう一本、樹齢600年のモッコクがある。太い幹は途中で枯れたらしく、現在は樹高7メートル。夏には黄白色の花が咲くそうだが、まだ見たことはない。妙行寺は鎌倉中期に建立された市内有数の古刹。モッコクは1407年にこの寺が臨済宗から日蓮宗に改宗されたとき植えられたとの伝説がある。

1904052w

「正元二年」(1260)の銘がある板石塔婆。

1904053w

寺の近くを流れる鴻沼水路の桜。風があり、桜吹雪が頬をなでる。

| | Comments (0)

April 04, 2019

『バスターのバラード』 コーエン流「西部開拓史」 

The_ballad_of_buster_scruggs

The Ballad of Buster Scruggs(viewing film)

コーエン兄弟の『バスターのバラード(原題:The Ballad of Buster Scruggs)』は、もともと6本のテレビシリーズとして企画されたらしい。でもネットフリックスが配給権を買ったことで、6本をまとめて1本の映画にした。だから6本のテイストもスタイルもばらばらだけど、それが逆にオムニバス映画としての面白さになっている。コーエン兄弟のいろいろな面──陰鬱さやブラックユーモアや残酷さや、残酷を突き抜けたあっけらかん──を楽しめる。兄弟が脚本を書き、演出したコーエン流「西部開拓史」だ。

第1話はミュージカル仕立て。流れ者の凄腕ガンマンがウェスタンの名曲「クール・ウォーター」を口ずさみながら、酒場で次々に立ちはだかるカウボーイを殺してゆく。ところが、1対1の決闘であっけなく殺されてしまう。殺されたガンマンは背中に羽が生え、天使になって天に上ってゆく人を食ったラスト。

第2話は、荒野にポツンとある銀行でカウボーイ(ジェームズ・フランコ)が強盗に変身する。ところが銀行員がなぜか強く、カウボーイは捕まって絞首刑になりそうになる。やっと逃れたと思ったら、今度は牛泥棒に間違えられて絞首刑になるというオチ。

第3話は沈鬱だ。主人公は馬車を駆り町から町へ流れる旅一座の男(リーアム・ニーソン)。出し物は、男がロンドンで買った両手両足のない青年の一人芝居だ。青年はシェークスピアばりのセリフを語り、「人民の人民による人民のための政治を絶やしてはならない」とリンカーンの演説を繰り返す。だが客は少ない。窮した男は、足し算できる芸をもつ鶏を買うが、青年が足手まといになって、、、。

第4話は、それまでとはテイストが異なる。人跡未踏の谷(コーエン兄弟はじめてのデジタル撮影が見事)にやってきた金鉱掘りの老人(トム・ウェイツ)が金脈を掘りあてる。なるほど金脈はこんなふうに探していくのか。ところが老人は彼をつけてきた男に襲われる。老人は反撃。トム・ウェイツのキャラクターもあって、この挿話は美しい風景のなかで、ほのぼのした感じになっている。

第5話は、いちばんストーリー性が豊かで、いわゆる西部劇ふう。オレゴンを目指す幌馬車隊。旅の途中で兄が病死した娘は案内人の男を頼り、やがて結婚の約束をするまでに。ところが先住民の襲撃に遭い、殺されると早とちりした娘は自ら命を絶ってしまう。

第6話は、駅馬車のなかのセリフ劇。馬車の屋根に死体が載っているのがミソだ。この死体は、二人の賞金稼ぎが殺したお尋ね者。イギリス人とアイルランド人の賞金稼ぎらしからぬ身なりの二人が、ガチガチの老婦人と罪と潔白をめぐって議論し、老婦人は怒りで発作を起こしてしまう。山だしの漁師やフランス人の男がそれをなだめる。宿に着き、賞金稼ぎは死体を持って階段を上ってゆくが、果たしてあとの3人は? 

見終わって、死者累々という印象を持つ。実際、西部開拓史はそのように無数の死者の上に成り立っているのだろう。それを歴史や社会性といった側面でなく、死をめぐる残酷と皮肉のドラマに仕上げているのがコーエン流ということか。

 

| | Comments (2)

April 03, 2019

調公園で

1904033w

調宮に隣り合った調公園で。「一杯呑んだらいい気持ちになっちゃってね。いま、お隣の若い人といろいろ話してたところなんですよ」

| | Comments (0)

«調宮の春祭